装甲悪鬼村正

ニトロプラス10周年記念作品
3DCGメカで大作ということでデモンベイン的イメージのある村正だが
中身はかなりメジャー感のないクセの強い異色作。


>システム
ダメすぎる。
10年作ってきてコレってのが救いが無い。
最新パッチをあててもプレイ中何回も落ちた。
最近のゲームでプレイ中に落ちるってゲームって「タイムリープぱらだいす」ぐらいしか見当たらないけど
あっちはリアルタイムポリゴンとか似非経営シミュレーションとか色々やってるのに対して村正はふつうのADVだからな……。

その他も選択肢が出る時に数秒待たされるとか、既読スキップしても既読部分で止まるので2周目プレイが苦行すぎるとか一線級のメーカーのゲームとは思えない。

立ち絵が一種しかなく、表情ウインドウで感情を表す仕組みはまだ許せるが
背景の使いまわしが多すぎ。
聖地巡礼どころか、プレイ中に冷めてしまう。

せっかく科学ADVでつながりが出来たんだからシステムは5pb.に作ってもらった方がよいのでは?


>シナリオ
キャッチフレーズである「これは英雄の物語ではない」が表すとおり
非王道、非ヒロイックストーリー。
そのテーマの煮詰め方はかなり深い部分にまで入っていて読む価値がある。

大作ゲームとしての伏線の張り方もきちんとしていて、最後までプレイすれば、うならされる所が絶対に出てくる。

ただキャラの多さやシナリオの濃さに対して、作りこみが追いついていないと感じる部分も多かった。
一回もガチ戦闘させてもらえなかった最強キャラとかいたし。
全体的にもっとボリュームアップできるポテンシャルがあるのにもったいない。


>キャラ
キャラ数も多いが、魅力的なキャラも盛りだくさん。
特に悪役の人間的魅力、カッコよさはさすがニトロプラス。
萌え系もビジュアル的にかわいいのが揃っている(でも非ヒロイン……)


>sofmap特典 劔冑回転目録
3Dゲームでよくあるポリゴンがグルグルするメカ事典。
本編では見えない部分も堪能できる素晴らしい特典。
だが、コレってふつうにゲームに付けるものじゃない?
コンシュマーのダウンロードコンテンツでよくあるけど、本来あるべきものをマイナスしておくのは最悪。
村正を買うなら是非手に入れるべき特典。


>総括
ニトロプラスのゲームは機神飛翔デモンベイン以来だが、正直残念な出来。
王道ではないシナリオは好きだし、キャラも魅力的なのが揃っている。

ただ10周年あわせであせって出したのか、システム的にも内容的にも煮詰めが足りなすぎた感じ。
システムのダメさは論外だが、その他は非常にもったいない。
あのニトロプラスなんだから、あと半年作りこむ余裕はあっただろうに。
[PR]
by nayuta_m | 2009-12-08 23:59 | ゲーム
<< 装甲悪鬼村正その2 ROBOT魂 ニルヴァーシュ ... >>