コードギアス 反逆のルルーシュR2 第19話
TURN19「裏切り」

やっとコードギアスらしい予定調和を無視したステキ展開発動。

黒の騎士団を落としたシュナイゼルの手腕は鮮やか。
都合の悪いことは一切しゃべらず、ゼロのマイナス面のみを誇張する。
それでも黒の騎士団の単細胞ぶりは救いがないレベル。
ギアスの事も状況証拠と口べら合わせだけでどうして信じられるんだこいつら?

特に扇、その言葉からゼロを裏切るという自覚はあるようだが
自分の後ろめたい部分をゼロに押し付けることで楽になろうとしてるだけだよな。
やってることは中華連邦の大宦官と同レベル。
ロイド風に言うと「この行動は後々自分を殺すよ」と言う感じ。

この件もC.C.が健在ならどうとでもなった気がするし、やはりその穴は大きい。

ロロは見せ場ももらったし、ファン層を優先した起用とはいえ扱いだけはよかった。
最後の最期でルルーシュの心も救ったし、まさにプル的位置づけ。

期待してたスザク責めはなし。
意図不明の高笑い後にどうなるのか?

ラスト、まさかルルーシュ本人でこんなに燃えるシチュエーションが成立するとは。
[PR]
by nayuta_m | 2008-08-18 22:11 | アニメ
<< figma 009 フェイト・... コミケ74初日 >>