WILLCOM03 カスタマイズ編
WILLCOM03使用後レビューカスタマイズ編

<各種コントロールパネル設定>
電池持ち対策で電波状態ランプ、イルミ振動はオフ。
Todayは極力シンプルにW+Infoはもちろん登録もせずにオフ。
標準のアイテムは日付、電話とメールの着信とタスクを使用。
プラス三カ月カレンダーが表示できるカレンダー for ポケPをインストール。

<壁紙>
フルフラットに合わせて真っ黒な壁紙にするとイイ感じ。(iPhoneの真似じゃないよ)
ただし壁紙をTodayのコントロールパネルから設定すると勝手に透過度変更されて薄い色合いにされるので注意。
画像とビデオからファイルを選び壁紙にすると透過設定が可能なのでOK

<ボタンへの機能割当>
標準で割当できるのは本体右サイド上に並んでいる画面回転キーとワンセグキーの短押し、長押しのみ。
それぞれEASYDIALWifiPowerModeを割当ててPHSと無線LANの接続、切断をワンアクション(厳密にはWifiPowerModeはツーアクション)で可能にしておく。
WifiPowerModeはCAMでの接続を選択できるから無線LANの無断切断問題もクリア。
画面回転キーの長押しには画面回転を設定。03は縦横の切り替えが早くスライド連携で自動回転設定にしているため、めったに使わないから長押し。
現状ではこれで充分なのでワンセグ長押しは予備として残す。

<MENUキー割当変更>
03三大ゴミのひとつMENU画面。
キーコードを取得してアプリや動作を割当てることは不可能。
その代わりWindowsフォルダにあるHome Menu.exeを上書きすることで呼び出しプログラムを変更可能。
縦でも横でも使いやすいキーなのでタスク切り替え、終了が可能でシンプルなtaskmanを設定。
これだと画面タップ無しに左右キーでアプリ選択が可能なので小さいアイコンをタップしなくてよい。
リセット機能もついているので03では不安定なMagicButtonの穴を埋める良アプリ。

<その他のキーカスタマイズ>
SortInchKeyを一応導入したが結局やったキー割当は文字キーにWindowsキーを割当てただけ。
何気に03ではWindowsキーがムチャクチャ便利なので、横モードでもすぐスタートメニュー(?)が呼び出せるようになり操作性アップ。

<ソフトキーボード抑制>
どう考えても邪魔なソフトキーボード抑制
nullkeyboardで対応。
キーボードのないSIP(ソフトキーボード)を指定することで出ても邪魔じゃないという逆転の発想。

<日本語入力>
文字入力は最終的にもケータイShoinは切ってMS-IMEを使用に落ち着く。
もちろんレジストリを変更してATOKキーバインドに変更。
やっぱ自然なキーバインドは何よりも重要。
まあ栞とか紅蓮が初期登録されてない辞書は驚きだが、辞書登録していけば充分以上に使いものになる。

同時に縦持ちで日本語入力できなくなるので代替としてまるちたっぷ導入。
どうしても縦持ちで文字入力が必要な時は使用。
03の高細密ディスプレイでも指タップが可能。
頻度からnullkeyboardメインにしてるけど。縦横でSIPを切り替えるソフトを探し中。


MS-IMEのATOK化といい、まるちたっぷの導入といい無印のW-ZERO3を思い出させる作業が多い。
数字キーが常時表示できないとか、ATOK非搭載とか意図せずes系の後継というより無印の後継機っぽくなってしまっている皮肉。

意外にもesの時のようにカスタマイズしまくらなくても落ち着いてしまった。
Shoinも切った安定シンプル路線がいい感じ。
[PR]
by nayuta_m | 2008-08-01 23:59 | デジタル系ハード
<< ワンダーフェスティバル2008夏 コードギアス 反逆のルルーシュ... >>