Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-第3話
#3 花は涙を流さない

2話に比べると作画がかなりマシになり見られるレベルに。

檜山修之声の助手「前埜光輝」がいきなり超老け顔になってる?
と思ったら前回から20年後が舞台になってた。
不死者という設定を生かした年代記的な展開は悪くない。
燐とミミを前にして悶々と20年を過ごしたかと思ったら、ちゃっかり2話に出てきた依頼者の少女と結婚してた。

ミミきたー!
第3話にしてついにミミのあんなシーンが!!
追加料金のシーンを何故入れない!!!

そして第1話の超S研究者「山之辺沙耶羅」復活。
必然的に(いい意味で)ひどい内容になります。

終盤の展開はパワードスーツやら天使やらでハチャメチャテイストになってしまったが
話的にも2話よりずいぶん持ち直した。
もっとミステリ&サイコテイスト重視にしたらいい作品になると思うんだけど。
やっぱ設定の根幹にある天使ってのが最大の弱点だなこの作品。
[PR]
by nayuta_m | 2008-04-07 21:24 | アニメ
<< アイドラ新シリーズ「千早のバー... コードギアス 反逆のルルーシュR2 >>