娘姉妹その2
娘姉妹レビュー完結編

個人的な感想は一言で言うと期待はずれ。
いい素材はそろっているのに出てきた料理がメニューと違う。
ポルナレフ風に言うと
「インモラルな近親相○ものをプレイしていたら、いつの間にか純愛腹ボテゲームをプレイしていた」
という位に事前のイメージと実際のゲームとのギャップが大きかった。

この手のゲームで主人公が必ず持っているダークな部分が微塵も無い。
やっていることは異常で変態なんだけど、純粋に娘が好きってのが根底にあり
どうやっても「ほのぼの変態もの」以上になりようがないライトな作風。

腹ボテだけはガチで個別ルート姉妹ルート全てで腹ボテ分岐があるくらい気合が入っている。
ダークな部分、Mな部分、Sな部分も同じくらい気合が入っていたら神ゲーになったのに……。
逆にダーク系のゲームがダメだけど司という人にはオススメ、になっちゃうのかな。


>亜純ルート
M担当の姉ルート。
落ちる過程もないに等しいし、葛藤もなし。
ないないづくしの司道。
いつの間にかラブラブカップル。
親子という設定すら単に呼び名だけの状態になってしまう。

要素的にはク○リ、放置、第三者入れ替わりとか目白押しなのに、
キモイバカップルを見ているようなぬるい展開。
それなら最初からやるな!と突っ込みたくなる。
マジメにこのキャラでやってくれたら神ゲーだったのに。


>小鈴ルート
Sな女王様の妹ルート
作風自体がライトなので女王様ぶりも中途半端、というか全てが茶番劇にしか感じられない。
ピュアメールみたいな女王様ぶりを期待していた自分的には全然ダメ評価。
こういう純愛に走ったルートもあっていいが、本来の女王様ルートも別にあれば評価も変わったのに、混ぜて全てが中途半端になっている。


>姉妹ルート
このルートがあるだけで評価に値するんだけど
相変わらずの中途半端さが際立ってSもMもない単なるエロ家族ルートに。
せっかくS関係とM関係、姉妹関係、親子関係が絡み合った、おもしろい展開が作れそうなのに全てがなぁなぁ状態
このルートでも腹ボテルートを用意するところはあっぱれではあるが。

結局電話の声だけだった母親(妻)も、興味深いキャラ設定なので出てくれば色々おもしろくなったろうに。


司と腹ボテ以外は全て「なんちゃって」が付く茶番劇。
シリアス度ゼロの内容なのでプロモーションが決定的に間違ってる気がする。
序盤のお父さんクンクン展開といい、ダーク系というよりバカゲーに近いのりのゲーム。
個人的にはB-評価だけど、ぬるい司ゲーがプレイしたいなら珠玉の一本。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-07 22:46 | ゲーム
<< Radio"Scho... MGユニコーンガンダム >>