E×E(エグゼ)その3
エグゼ、ネタバレありキャラ別レビューその3
「貧乳が好き」で分岐する夏希ルート


籠夏希
(この なつき)
ルートに入ると髪型が激変。
その初登場時の一枚絵は珠玉のかわいさ。

性格の方も容姿に合わせて一気にかわいくなる。
しゃべり方のせいもあり、幼い感じのかわいさ。
萌えキャラとしても高レベル、紅葉様の次に好き。


でも夏希ルート最大のサプライズは男友達の寿士(ひさし)
こいつが「俺は魔術師だぜ!」って言ってピンチに助けに入ってきた時の衝撃と言ったら。
魔術は魔術でも和風の方らしく、そう言われると苗字の加茂ってのが臭わせてる。

ただ、華々しく登場した割には、終盤完全外野に逆戻りという酷い放置ぶり。
プレイ中はそれどころではなかったが、今考えるとありえないでしょこれ。


物語的にはメイン設定である(?)の入口、部屋、出口の話が語られる。
悠シナリオが悠個人に比重を置きすぎなのに対して夏希シナリオは設定面に重心。
だからメインヒロインは悠でメイン風シナリオは夏希という、ねじれが発生してる感じ。

敵役は紫織に。
悠シナリオであっさり紅葉に殺された分、今回は立場が逆に。
というかエグゼはいらない人の整理がクールすぎ。
ギャルゲ-で個別ルートに入った後の別ヒロイン並みのリストラの嵐。

この辺を全部入れ込んで一本のシナリオにすれば結構なモノが出来そうだが
複数キャラ攻略の美少女ゲーム的にはエグゼが正解な気もする。


今回も最後は物理的なバトルではなく、精神的な部分での決着。
でも泣けるくらいの描写の濃さがないのも相変わらず。
まぁこの軽さがエグゼっぽさとも言えるんだけど。

多分やりたいことが出来てないというより、この軽さを目指して作ってる気がするんで
そういう意味では完成度は高いのかも
決して熱狂的ファンが出来たり、名作として挙げられることはない作りだけど。
[PR]
by nayuta_m | 2007-07-09 23:59 | ゲーム
<< ふしぎの海のナディア DVD-... ムシウタ 第一話 >>