プレイアーツ改 バットマン(THE DARK KNIGHT TRILOGY)
初のプレイアーツ購入。
ふだんフィギュアーツやリボルテックを触っている身からすると(悪い意味で)驚きの可動。
マッチョでボディスーツというのもあるが脇とか肘とか締まらな過ぎ。

逆に言うと欠点はそれだけ。
この値段でこのサイズ、この造形、素晴らしいの一言。
a0066669_22804.jpg


なんとか頑張ればハイキック可能
a0066669_22274259.jpg

マントの支えで自立しました。

付属武装はガン、ボム、手裏剣
a0066669_2303769.jpg

a0066669_23315863.jpg

[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-27 23:48 | フィギュア
TFジェネレーションズ サウンドブラスター
国内版ジェネレーションズ初のボイジャークラス。
サウンドウェーブのサウンドブラスターカラーバージョン。

SOUNDBLASTER
a0066669_23222650.jpg

とにかくサイズの大きさによる存在感が圧倒的。
ブラックにレッドクリアーのサウンドブラスターカラーもいい感じ。

あと購入個体は眉間の塗装がミスっていてツインアイのように見えてます。
……まあ、これはコレでありかも。

ビークルモード
a0066669_23224857.jpg

複雑すぎず、カチカチとはまる変形で遊びやすい。

同シリーズのサイドスワイプとのサイズ比較
a0066669_23233330.jpg

乗用車と装甲車っぽいサイズ比でいい感じ。
やっぱりオプティマスの方が小さすぎるんだよなジェネレーションズの中では……。

思い入れの強さではサウンドウェーブだけど、フィギュアとしてのカッコ良さはサウンドブラスターに軍配。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-26 23:59 | フィギュア
ラブライブ!ブルーレイ1巻

久しぶりにアニメソフト購入マラソン開始。

ラブライブ!の面白さはテレビ放送で十分堪能しているし、HD放送なのでブルーレイだからといってムチャクチャ綺麗になるわけでもない。
そこでブルーレイ購入の動機になるのは作品への思い入れの強さプラス、パッケージの各種特典。

1巻の特典は描きおろし小説+オリジナルソングCDというフル装備。
収録話数は1話だけだが、その分値段も抑えてあって試しに買わせるにもいい戦略。

三方背のクリアBOXの中にデジパックというよくあるパッケージだけど、デジバックの紙質(印刷?)がよく角も丸められていてジャケット絵が映えるいい感じのパッケージ。
高い価格の商品なのでこういうのは大歓迎。

オリジナルソングCDは完全新曲「夢なき夢は夢じゃない」
1巻にふさわしい、穂乃果にふさわしい王道応援ソング。
CDのレーベルはレコード風で穂乃果のサインがプリントされた落ち着いたデザイン。

描きおろし小説は電撃ラブライブ2学期に掲載されていた活動日誌風のものが二年生トリオ全員分収録。
穂乃果編は状況説明っぽさが強いが、ことり編海未編はより物語性が強くなってていい感じ。
穂乃果以外はあまりアニメでモノローグを語ることもないので新鮮&貴重。
あと残りの二人が日誌にコメント入れているのも見どころ。

1巻に関しては大満足。
CDに関しては巻数とμ'sの人数から毎巻付くっぽいが小説は3人ひとまとめだから隔巻だよな。
中の人に興味のない身としては2巻のライブ映像はちょっと残念なんだけど。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-25 23:59 | アニメDVD
スーパーロボット超合金 漢のドリルセット
「必殺!」
a0066669_23131539.jpg


「ギガ」
a0066669_23171056.jpg


「ドリル」
a0066669_23363031.jpg


「ブレイク!」
a0066669_015261.jpg


このセットがあるのとないのとではグレンラガンの遊び甲斐が段違い。
ガオガイガーのハンマーと同様必須のオプションと言っていい。

全身のドリルだがポロリのストレスと装着のストレスのトレードオフではあるんだろうけど、付ける作業がストレス!
おかげでポロリの心配はないし
軟質素材で先っぽが曲がるようになっているので折る心配がないのは素晴らしい。
写真では首横のドリルはポージングの邪魔になるので付けてません。

ギガドリルは見ての通り小さめ。
ギガドリルブレイク用なら倍の大きさは必要なんですけど。
わざわざ別売りにしたのにこのサイズとか残念すぎる。
クロスオーバージョイントとかユーザーが望んでない部分に凝る前に劇中再現を大切にして欲しかった。
どうせ保持はムリなんだし……。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-24 23:59 | フィギュア
スーパーロボット超合金 グレンラガン
最初のコナミから出たインパクトモデルからリボルテック、RIOBOTといくつもグレンラガンフィギュアを買ってきたので
またグレンラガンかよと辟易していたのは事実だが、このスーパーロボット超合金版かなりいい感じ。

GURREN LAGANN
a0066669_22231939.jpg

さすがスパロボ超合金、なんちゃってとは言え腕組みが出来る可動。
合金による重量感と関節強度の安心感。
最後発として出来ることは全部やっている感はいい。

スカルブレイク(スパロボZより)
a0066669_22485366.jpg

あとRIOBOTと違い叫び顔が男前なのは地味に高ポイント。

ダブルブーメランスパイラル(スパロボZより)
a0066669_23243777.jpg

ウイングは手に持てないので持ってる風で写真。

膝アーマーが独特だったり、スカルブレイクドリルの生える穴が最初から大きかったり(本編では穴が拡張して生えてくる)とアレンジのRIOBOTに対するアニメ再現のスパロボ超合金、とは一概に言えないんだけど、遊びやすい本編準拠のグレンラガンモデルとして差別化は十分に出来ている。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-22 23:59 | フィギュア
フルメタル・パニック!アナザー4巻

ついに表紙が三条菊乃!ピンクセプター!

本編の方はついにガチ実戦に達哉が参戦。
新武装のドラゴンフライを使うブレイズ・レイヴンの戦闘描写も素晴らしく
今までのタメが効いたいいロボットアクション。
敵ボスロボとの初対戦というお約束もおさえてるし完璧。

後半はついにマオ以外のフルメタ(メイン)キャラ登場。
こういう隙間のサービス回っぽいのが、次巻のシリアス展開の下準備になってるのが凄い。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-21 23:59 |
TFジェネレーションズ ブロウル
ブルーティカスに合体するコンバットロンの一体。

BRAWL
a0066669_3155697.jpg

合体ロボの一体でありながら単体でこれだけカッコいいロボに変形するのが凄い。
国内版のグリーンメタリックの塗装も非常に美しい。

手足の可動範囲それなりでポージングも色々可能。
ただ背中の背負いモノが大きすぎるのと、足首の構造のせいで自立性能は極めて低いけど。

ビークルモード
a0066669_011486.jpg

ナムコのゲームに出てきそうな近未来戦車感のあるデザイン。
アニメのブロウルと違い、真ん中の主砲(?)よりツインキャノンの方が目立つのがちょっと残念。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-20 23:59 | フィギュア
電撃屋 Angel Beats! 天使 フィギュア
電撃屋通販限定で値引きなし、送料プラスと躊躇させる要素満載だったが、天使好きなら買って後悔なしのクオリティ。
a0066669_158493.jpg

顔は角度限定気味だが、これまで出た天使フィギュアではトップクラスに似ている。
天使の羽とブラウスはクリアパーツ形成で光を透かすと非常に美しい。
a0066669_159945.jpg

細く白い足が素晴らしい。
これを見ちゃうとBQ版はメタボver.にしか見えなくなる。
大きく開いた背中もセクシー(笑)
a0066669_1592191.jpg

唯一にして最大の欠点はデフォルトではキャストオフが不可の点。
通販ページでキャストオフ画像を出しておいて、実際はワンピースの接着を剥がさないといけないというのは軽く詐欺。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-19 23:59 | フィギュア
海洋堂 恐竜発掘記ティラノサウルス
恐竜界のヒーローティラノサウルスオンリーという夢のようなガチャシリーズ!

Tyrannosaurus rex 頭骨
a0066669_057238.jpg


全身骨格
a0066669_0413291.jpg

まわす前はハズレ認識だった骨格ver
ポージングの躍動感が素晴らしい。一番のアタリでしょコレ。

羽毛復元タイプ
a0066669_0504810.jpg

目玉のハズだった羽毛verティラノサウルス
なんだけど、ちょっと期待はずれな感想。
結局出せなかったレア塗装verだと印象違うのかな?

ウロコ復元タイプ
a0066669_0521157.jpg

昔からのオーソドックスな解釈モデル。
ポージングが直立っぽいのも狙ってるんだろうなー。

ユウティラヌス
a0066669_0553645.jpg

手の羽毛とトサカが魅力的過ぎるティラノサウルス類
カラーリングも素晴らしいし今回の復元タイプだと一番いい感じ。
[PR]
# by nayuta_m | 2013-03-18 23:59 | フィギュア
トランスフォーマー プライム AM ショックウェーブ
SHOCKWAVE
a0066669_23254699.jpg

どこから見てもレーザーウェーブ!
G1レーザーウェーブを今風にアレンジした文句なしにカッコいいデザイン。
全身に走っているラインもエイリアンマシンっぽくていい感じ。

でもワザワザAMシリーズで出す必要があったかは疑問。
武器がアームズマイクロンになったのは許せるとしても、翼にジョイントを追加したのが最悪。
サウンドウェーブの時もこれが嫌でRID版を買ったんだけど、今回AM版で妥協したのは失敗だったかも。
ちなみに上の写真は翼を後ろに倒して目立たなくしています。

ビークルモード
a0066669_23414672.jpg

謎宇宙船…ではなく機動砲台という設定らしい。
うん翼のジョイント邪魔だなこの形態でも。
[PR]
# by nayuta_m | 2012-12-18 23:59 | フィギュア
MP-14 アラート
相変わらずランボルタイプの出来は最高!
でも塗装クオリティやサイドパネルの合いの悪さも相変わらずorz。

ALERT
a0066669_21452599.jpg

ランボルのリデコ、リペイントアイテムであるのは間違いないがガラっとイメージが変わっている。

形状面でランボルとの一番の違いは肩に露出したタイヤ。
ダミーなのはいいんだけど小さいです。変形で収納するためこれ以上大きく出来ないんだろうけど。
ここまでやるなら肩から垂れ下がったシールド状のドアパネルも再現して欲しかった。

基本ランボルで無理のない範囲でリデコという感じ。
変形再設計になったとしてもこの2点は何とかして欲しかったな、マスターピースなんだし。

今回の特殊オプションは23話のブレインサーキットトラブル時の放電エフェクトパーツ
a0066669_21532072.jpg

これでスタースクリームのイカレた相棒です。


ビークルモード
a0066669_22163315.jpg

美しいく形状的には文句なし。
これでサイドパネルがピタっと合えば良かったんだけど。

小型マスターピースは手軽な値段、大きさで非常に魅力的なアイテムなので
G1リメイクラインはマスターピースに集約してどんどん出していって欲しい。
[PR]
# by nayuta_m | 2012-12-17 23:59 | フィギュア
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースーパー1
フィギュアーツの昭和ライダーも終盤戦。
相変わらず基本高クオリティなんだけど……。

MASKED RIDER SUPER1
a0066669_135919.jpg

顔の造形は非常にかっこ良く仕上がっている。
全身のシルバー塗装も質感良し。
一番心配だったスーパーハンドのヒラヒラも軟質パーツでなびいたモノとたれたモノが付属して簡単に交換可能。造形もいいしフィギュアーツとしてはベストの選択と思える。

だがぱっと見でも気になるように極太アンテナが意味不明にダメ過ぎる。
硬質なので落とした時折れそうだしいい事が何一つ無い。

一部ではプレバン限定で出るのではとまで言われたファイブハンドが全て付属!
昭和ライダーに対する力の入れ方は半端ないな。

ただ腕の交換が絶望的にやりずらい。
プリキュアの顔面交換で懲りたと思っていた突起付きジョイントを再び採用。
とりあえず一度外したら突起を爪切りで切ることで対応推奨(深爪注意)。

a0066669_141757.jpg

パワーハンド。スーパーハンド以外ではこれのみ交換手首あり。

a0066669_143152.jpg

レーダーハンド、というよりミサイルハンドだったよな本編では。

a0066669_144556.jpg

エレキハンド

a0066669_145728.jpg

冷熱ハンド

昭和ライダー恒例のエフェクトパーツは付いていないが、ファイブハンドをつけた上で豊富なスーパーハンドの変え手首、ヒラヒラ二組、剣とプレイバリューがフィギュアーツの中でトップクラスに高く遊び甲斐がある。
それだけにアンテナの太さと腕&手首の交換しずらさが残念。
[PR]
# by nayuta_m | 2012-11-29 23:59 | フィギュア
009 RE:CYBORG
東のエデンの神山監督×サイボーグ009と言うことで気になっていた映画。

ストーリーは映画オリジナルで、天使編や神々との闘い編に連なる神をテーマにした物語。
キャラデザインは現代風にアレンジ。これはコレと思えば問題なし。002とかメカメカしくなり過ぎな気もするが。
見た目を現代風にアレンジするだけでなく、これまでの009世界と地続きの2013年を舞台とし、その後の00ナンバー達が描かれるという続編的な要素も織り込まれている。

予告映像で非常に気になる煽りだったジョーが敵なのか味方なのか?とか、今の時代の正義とは?と言った部分はことごとくあっさり流される。
本テーマである神の話に収束していくその流れ自体は正道なんだけど、そこまでの過程をじっくり描いて欲しかった。

ストーリーの評価に関しては良くも悪くも東のエデンに酷似している感じ。
最初の引き、アイディア自体は素晴らしいし、その見せ方もトップクラス。
だが全体像が明らかになるにつれて深みのない中身が透けて見えてくる。
話の収束していく先も無難で平凡なラインに落ち着いていくし。
あと物語の重要な部分を登場キャラクターの演説で済ませてしまうという悪いクセもそっくり。

3DCGで描かれたビジュアル面は今作の最大の見所。
これまでに公開された3DCG映画とは別次元のアニメっぽさ。
そのうえ3DCGであることを最大限に生かしたアクションシーンは見られるしといいとこ取り。
特にドバイ上空から始まる一連の戦闘シーンは必見。
事後の廃墟のドバイのシーンの非現実感とかビジュアル面は突出している。

心配していた009度については009本筋とは別物として考えれば完全にアリ。
アレンジキャラについてはビジュアルも性格もCVも違和感なかったし
設定やテーマ自体も魅力があるので映画の尺で小さくまとめるのではなくじっくり描かれたものが見てみたい。
映画のラスト自体も謎は謎のまま、続きは想像のままという作りなので、これを元にしたシリーズ化は本当に期待したい。

あとアニメの3D映画というのは初めて見たが意図的に立体感をつけやすいので相性はよく感じた。
3D前提の画作りで2Dで見たら退屈かもなと思えるシーンもあったし、どちらかと言えば3D視聴推奨。

尺の問題か説明不足の部分に関してはパンフに載ってるのでパンフ購入必須。
装丁も内容もなかなかいいので買って損はない。
[PR]
# by nayuta_m | 2012-11-26 23:59 | 映画