<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MP-18 ストリーク
フェアレディZ型マスターピース第二弾。
プロールのカラバリなのでそのクオリティは保障済み。
心配なのは個体差の酷い塗装だけ。

STREAK
a0066669_23264777.jpg

非常にカッコイイ!
黒光りするブラック部分とダークシルバーの塗装はプロールとまったく違う質感が楽しめる。
拳とか足の内側など成形色部分がちょっと安っぽく見えるのが残念だけど。

リデコで目立つのは頭部と腰アーマー。
頭部は短い角だけでなく、顔自体も微妙に違うのはアラートのときと同じ。
a0066669_2293712.jpg

あと今回何が嬉しいと言ってアマゾン特典のミサイルランチャーをやっと使用できるのが嬉しい(笑)
2分割にしただけあってメッキ処理も美しく非常にいい感じ。
変形時に余剰パーツになってしまうのはまあしょうがない。

ビークルモード
a0066669_2227849.jpg

色だけでなく塗り分けもプロールと異なるのでイメージはガラリと変わる。


ランボルが出た当時は割高かなと思ったカーロボマスターピースだが、他のアイテムの値段が高騰していく中、このクオリティでこの値段は非常に貴重。
フェアレディ型の次のカーロボやインタビューでやると言っていた合体戦士の発表が待ち遠しい。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-28 23:23 | フィギュア
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
もとのテレビ版が素晴らし過ぎたので不安もあった完全新作の劇場版。
永遠の物語の最後に流れた予告編で、テレビ版のつづきっぽいのにさやかが登場してるのも不安を煽っていたりしたが……信じていいと思います。

作画もストーリーも安心のクオリティ。
各キャラサービスシーンも満載。
どんなマジックを使ったんだと不思議に思うくらい、圧縮感やぶつ切り感がないのに尺の不足感も全くないという驚異的な構成。
いい意味でお祭り感のあるスケールの大きなクライマックス。
まどマギファンの期待に答える素晴らしい劇場版


以下ネタばれあり



あのオーラスの展開を除けば……。

便宜上最初の日常シーンをAパート、ほむらが異常に気づき解決に乗り出してからまどかが迎えに来るまでをBパート、残りをCパートと呼ぶ事として。

Aパート
いきなり始まった日常シーン。
魔法少女が誰欠けることなく存在してたり、マミにお菓子の魔女風のパートナーがいたり、敵が魔獣じゃなくてナイトメアという怪物になっていたりと、どこにもはまらない違和感を感じさせる気持ち悪さ。

夢落ちで終わらせるには尺が長すぎるし、これはこれでありかな
とその違和感を受け入れかけたあたりで次の展開に移るのも王道パターン。

同人誌の設定を取り入れたわけではないんだろうけど、魔法少女がみんなで一緒に敵と戦ったり、さやかと杏子のベタベタっぷりが描かれたりとファンが見たかったシーンを映像化しててサービス満点。


Bパート
明確にほむらが視点キャラの主人公になって謎を追い、最後は逆にみんなに救われる側になるという王道パターンの展開。
マミVSほむらの超人銃撃バトル
ラストバトルで魔女化さやか登場
人間形態のなぎさちゃん!
とAパートに負けないサービス満点の内容。

これでほむらがまどかにきちんと連れて行かれて、バックにいい感じの歌でも流して終われば、みんな笑顔で劇場から帰れたんだけどね……。


Cパート
救いに現れたまどかをほむらが吸収して悪魔になる。
という誰も望んでいない衝撃の展開。

[新編]という分類と「叛逆の物語」というサブタイトルは伊達じゃない。

完全続編と思わせておいて、実はパラレルな世界……というよりは別選択肢で枝分かれる可能性?
テレビ版がノーマルエンドとすると新編はバッドエンドかな? まどかの願いを尊重して一人で戦い続けるテレビ版のラストと(キュゥべえのちょっかいのせいとは言え)自分の欲望を優先して悪魔になる叛逆ラスト。

まあBパートラストでまどかを受け入れてハッピーエンドで終わったとしても、テレビ版のラストシーンにはつながらないし
やっぱりテレビ版は単体で完結した完全な物語だったって事なんだよな。

個人的に、この展開は嫌いじゃないし、先の物語を想像するとワクワクするのも確か
でもテレビ版のまどかとほむらの物語を汚したくないのであれば、見なくてもいい作品であるのも確か。
完成した物語の続編を求めた代償というには結構キツイし。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-27 23:59 | 映画
TFアンコール20A デバスター[アニメカラーVer.]+建造派アップグレードパーツXP-1
トランスフォーマー復刻版のデバスターに非正規アップデートパーツ使用。
a0066669_22323785.jpg

まごうことなきデバスター。アニメそのままのイメージが素晴らしい。
色もアニメカラーVer.のグリーンが非常に美しいし
これで関節の可動範囲と保持が良ければマスターピースいらないレベル。

イケメン頭部は発光ギミック付き。
個体差なのかわからないが発光部が右に寄っていて正面写真に耐えられなかったのが残念。
後頭部のネジをはずしても接着されてて分解できなかったです。
a0066669_1133911.jpg

正規品以上にパーツ数が価格に影響しそうなので仕方ないんだけど
肘の上腕側に回転軸があればポージングの幅が格段に上がったんだけどなー。

あと指が可動式だが、付属の武器が保持できないし、ポロポロ指が落ちるという残念仕様。
これなら固定の握り手、持ち手、開き手付属の方がよかった。


元から余剰パーツで合体する玩具だったので、アップデートパーツに差し替える抵抗感もないし
各部はオリジナルのG1トランスフォーマーなので再現度は完璧
下手にアレンジするとジェネレーションのブルーティカスみたいに残念な手足になっちゃうし。
現時点ではベストのデバスター玩具。

ただデバスターとしては良くても、各ビルドロン単体で見るともとのG1玩具なので、いつかはマスターピース化して欲しいという願いは変わらず。
今のタカトミなら余剰なし、ビルドロン、デバスター両スタイル両立で出来るはず!という期待。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-21 23:59 | フィギュア
TFジェネレーションズ スプリンガー
スプリンガーというか現代風にアップデートされた2010のスプラング。

SPRINGER
a0066669_23331119.jpg

こいつ誰だレベルのイケメン化
スタイルもいいし、関節もいい意味でカチカチ
ロボモードは非の打ち所のない出来。

ヘリモード
a0066669_2303483.jpg

意外にカッチリした変形で隙間も少なくヘリコプターしている。
あとは前輪が完全に隠れていたら完璧だったんだけど。

装甲車モード
a0066669_23193292.jpg

装甲車というよりラリーカー的なカッコ良さ。
さすがオートボットというか、単変形トランスフォーマーと比べても遜色ないカッチリした変形。
個体差なのか屋根のパネルがキチンと閉じなかったのが残念だったけど。

先に開封したブリッツウイングが隙間が多いビークルモードだったのでトリプルチェンジャーにその辺は期待していなかったのだが、スプリンガーはロボ、ビークル共に高レベルのスタイルですばらしい。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-06 23:27 | フィギュア