<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ(EW版)パールコートVer.
魂ネイション2012限定製品。
ちょうどノーマルのウイングゼロカスタムを持っていなかったので購入。

XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO
a0066669_03957.jpg

パールコートは控え目で、これが通常版として販売されていても違和感なしなレベル。
ウイングはクリアパーツにパール塗装されているらしく光が透けて非常に美しい。
ブルー部分のメタリック感もいい感じ。

セラフちっくな大気圏突入モード
a0066669_0383948.jpg

手元にエンドレスワルツの映像がないためこの状態で顔出しが正解なのか不明だが、ウイングアームの可動性能はいいのでどちらも再現可能。

もとのゼロカスタムの出来がいいうえにパールコートの美しさがプラスされて非常に満足度の高い製品。
唯一の欠点はイベント販売or抽選通販なところと、選別不可なので顔塗装がダメな個体に当たる危険があるところかな。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-31 23:59 | フィギュア
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語
前編と同様ストーリー的にはテレビ版と全く同じ。
あらためて思うのはまどか☆マギカはホントに素晴らしい作品だったなって事。
特に後編はわかっているのにまた泣けてしまうようなシーンの連続なので、総集編といえども見ていて不満は感じない。

TV版の完璧な総集編である今回の劇場版だが
唯一違和感を感じたのがほむら過去回想後のコネクト。
曲がバージョン違いだったのも違和感があったけど
総集編の中でこの位置で流す必要があったのかも疑問。

あれはテレビで毎回繰り返し見て、聴いていてこそのパラダイムシフトだったのに
一度も流れていない劇場版で入れても意味合いが違ってきてしまう。
あのライブ感的驚きまで盛り込もうとするのはさすがに欲張り過ぎた気が。

新作である次の劇場版につなげるために変更や追加があると思ったエピローグシーンも変化なし。
ホントに完璧な完成度だったんだなテレビ版は。

そしてエンドロール後ついに新作の予告映像が!
[新編]叛逆の物語
事前情報どおりテレビ版のエピローグ後の話みたいだけど
さやかはどうなるのか?とか叛逆って何よ?とか色々と気になることもあるし期待大。
2013年公開が伸びてもかまわないのでテレビ版を超えるものを見せて欲しい。
人気便乗の蛇足になるのだけは勘弁。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-14 23:59 | 映画
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語
完全にTV版の総集編でそれ以上の要素は皆無。
追加シーンに関してはアングルが変わってたり、変身シーンがリニューアルしてたりと映像的なものばかりで
エピソードが追加されてたり、TVで明かされなかった何かがわかったりはしない。

その分総集編としては非常に優秀。
これを見ればテレビ版は見なくても大丈夫。
と言えるほどメインのエピソードは網羅されている。

微妙な差異を楽しんだりまどマギの全て網羅しないと気が済まないような超マニアか、テレビ版を見ていない初心者か、両極端の人にしか勧められないターゲットの狭い作品。
個人的ににはこの内容を知っていたら行かなかった。

OP
新曲によるテレビアニメ風のオープニングあり。
これほどまどマギのイメージを崩さずに、かつ新しいオープニングを作り上げているのは凄い。
これを一回しか見られないとか贅沢過ぎる。

ED
Magiaのロングバージョンで映像はリニューアル。
尺が伸びた分増えた魔法少女のシルエットは誰なのだろうか?

パンフレット
薄いけど内容は結構良かった。
魔法少女のステータスは貴重な新情報。
魔法少女の魔法には初期属性魔術と追加習得魔術があるとか。
にしても、さやかのステ低すぎ。これ見るとさやかの絶望が倍加して感じられる。

あのシャフトだし、あの虚淵玄だし何かあるだろうと最後まで期待していたが
エンディング後にサプライズの映像も流れず、単なる総集編で終了。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-08 23:59 | 映画
俺の妹がこんなに可愛いわけがない10

ついに待望のあやせ編!
と思っていたんだが何だろうこのテンションの低さは。
ここ数巻が神がかった面白さだとすれば、今回は並のラノベレベル。

話のメインは京介の受験勉強で、一人暮らしを始めた京介のもとに女子キャラが押しかけてくる展開。
と書くと色々おもしろエピソードが生まれそうだが、勉強に専念させろと言う桐乃の一言でトーンダウン。

あやせメインの流れではストーカー事件が進行するけど決着法も二番煎じ、あやせのフラグ立てに大きく貢献するわけでもなく取ってつけた感じ。

でオーラスであやせの告白!
7巻の黒猫と同じかよというのはおいといて、そこまでが盛り上がってないので折角の告白もインパクト小。
いつもはこういうメインの流れを飽きさせないサブエピソードが詰め込まれていたんだけど、今回はその部分が弱かった。

にしても次巻は本当にあやせ編になるのだろうか?
表紙を見ると麻奈実と桐乃の決着をつける過去編っぽいし。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-03 22:48 |
トランスフォーマー プライム AM アームズマスターオプティマス
初のビッグサイズ(リーダークラス)トランスフォーマー購入。
でもあくまでAMシリーズなので武装が従来のAMと共通(=小さい)というのはありえない。と思ったけど元がオーバーサイズ気味だったからか意外と気にならない。
AMオプティマスのと今回の店舗特典のシャイニングオーピーで両手ブラスターが再現できたのは純粋にうれしいし。

ARMS MASTER OPTIMUS
a0066669_22162353.jpg

胸部のダミーフロントガラスとか肩部付け根のタイヤとか
デザイン的にはAMオプティマスよりFEオプティマスに酷似。
胸部もちゃんと赤いし。

AMオプティマスではゆるゆるだった股関節はクリック式になってかっちり。
でも今度は膝のロール関節がゆるゆるで少し腰を落とすと結局本体を支えきれない…orz。

独自要素としてマトリクス発光ギミックとガトリング展開ギミックが追加
腹部左にある黄色のスイッチを押すと胸部中が光り、バックパックからガトリングが飛び出てくる。
自重で発射位置に倒れたり、ガトリングが回転したりとかなり楽しいギミック。
a0066669_2226733.jpg

ただそのために、バックパックが巨大化して素立ちが困難だとか、腰が回らないとか可動フィギュアとしては劣化。
上位アイテムというよりギミック重視モデルの位置付けらしい。

パッケージ同梱のマトリクスとシャイニングアルエで完成するマトリクスセイバー
a0066669_22502420.jpg

デカくてハッタリがきいた武装だが、アームズマスターの可動がイマイチなのでこんなポーズで限界。

そして伝説のスーパースターセイバー!
a0066669_2343349.jpg

まあマトリクスセイバーの裏にオーピーとビーツー付けただけなんだけど。
尼でメガトロンダークネスとアームズマスターオプ買っているとシャイニングVer.でスーパースターセイバーが完成するのは意図的?
a0066669_23232354.jpg

形状的に砲撃武器のような気も。

とりあえずビークルモードも
a0066669_23442879.jpg

奥は比較用のAM版オプティマス。
サイズが大きいからといって必ずしもディティールが精密になっていないのがわかる。
バンパー部分はアームズマスターがかなりいい感じだけど。

可動の悪さは仕様としても、AMオプティマスですら塗られていた腰部のライトが未塗装とか全力を出し切ってない手抜き感を感じる出来。
だが、このサイズによる存在感とFEゆずりのデザインは素晴らしい。
期待してなかったガトリングギミックも意外に楽しいし(笑)
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-01 23:59 | フィギュア