<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
東のエデン プロファイルブック

ブルレイ最終巻を見たので封印していたプロファイルブックを開封。

一番注目のコンテンツは各セレソンの履歴。
恐らく本編中にチラリとでも写ったものオンリーだとは思うが
こうやってリストアップしてあるのは非常にありがたい。
本編未登場セレソンの履歴もある!

あと映画ネタの解説があったのは映画に疎い自分としてはうれしい解説。

読み応えはあるが、つっこみ不足な面も。
ブルレイの冊子にあった用語集に相当するものも無いし。
基本、アニメを見てわかる以上の情報は無し。

あとメガネの平澤を東のエデンのリーダーと書いてあるのも疑問。
それじゃ創園篇での咲の悩みはどうなっちゃうんだよ。

一点だけジュイスがセレソンとの会話で成長するAIという説(説?)は納得の解説。
あのデカイ筒はセレソンごとにあったって事か。

劇場版あわせで出た大判のムック「オフィシャルナビゲートBOOK」を買うぐらいなら
こちらを買ったほうが満足度は高い。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-29 21:48 |
東のエデン 第0話「創園篇」
ブルレイ1巻初回限定生産版の特典ドラマCD

劇場版の公開直前なのでブルレイを見ただけで放置していたドラマCDを聴いてみた。

滝沢の現れる前、咲達の大学生活、東のエデンの誕生と終焉が描かれるファン必聴の内容。

大杉はうざいし、みっちょんはかわいいし、板津は板津だしで本編との違和感はゼロ。
聴いていると映像すら頭に浮かぶ。

基本は本編で語られている内容で新事実とかはあまり無い。
でも卒業旅行の写真がどんな状況で撮られたのかとか、どんな気持ちで咲がホワイトハウスの前に立っていたのかとか、聴いておけば本編を見る時により深く感情移入できる内容。

正直、事件も何も無い、華のない話なので一般販売は苦しかった気もするので
マニアが買うブルレイの特典というセレクトは正解かな。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-26 22:47 | CD
ROBOT魂 ダブルオーガンダム セブンソード
00Vの主役機ダブルオーセブンソード
個人的にはダブルオーライザーよりも好きな機体。

GN-0000/7S 00GUNDAM SEVEN SWORD
a0066669_0105081.jpg

GNバスターソードIIは展開可能。
さすがROBOT魂、両手持ちも問題無し。

a0066669_2351350.jpg

GNドライブへのマウント状態がまたカッコイイ。

a0066669_2351246.jpg

GNバスターソードIIは腕の穴にマウントも可能。盾的運用?

セブンソードだけでもかなりの遊び甲斐がある上に
ノーマルダブルオーへの換装パーツ付きという文句の付け様の無い仕様。
その上ダブルオーが改修版でROBOT魂第一弾だった素ダブルオーとは別次元のカッコよさ。
買わない理由はない。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-25 23:59 | フィギュア
ROBOT魂 ダブルオーライザー(オーライザー)
発売当時HCMPro派だったのでスルーしたROBOT魂オーライザーを再販でゲット。

GN-0000+GNR-010 00 RAISER
a0066669_019178.jpg

ダブルオーと合体させてダブルオーライザー
00には改良版であるセブンソード版を使用。
バスターソードを支えるだけあり、オーライザーなら余裕で保持。

ライザーソードはオーライザー付属のものに白い刃部分から丸ごと換装。
逆にいえばオーライザーにはGNソードII本体部分は付属しないので、センサー部分がブルーのGNソードIIが欲しければ素00を買うしかない。

品切れ>プレミア状態だったオーライザーだが正直出来はいまひとつ。
全体的にもさっとしたモールド、本編イメージと比べると小さいバインダーが気になる。

個人的にはGNソードIIIよりII派なのでダブルオーライザーはこれで満足。
にしても改修された00はカッコイイ。
この勢いで残りの3体もGNHW仕様でリメイクしてくれないかな。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-24 23:59 | フィギュア
S.H.フィギュアーツ ピッコロ
プリキュアに続くフィギュアーツのアニメSIDEとしてドラゴンボールが登場。
そこでピッコロが第一弾なのがフィギュアーツらしい。
ドラゴンボール改verという事でアニメカラー&指5本
a0066669_0511572.jpg

プリキュアと同様に足にはダイキャスト未使用。
ただ下半身のボリュームがあるのでプリキュアと違い自立は可能。

胴着の袖は腕側に付いてるフィギュア-ツ仕様だが
動かしてからスライドさせればかなり自然な感じになる。

マント付属はムチャクチャうれしいが可動はかなり制限される。
a0066669_0485964.jpg

まあこの格好で戦うことは少ないので腕組み専用かな?

怒り顔と専用手首で魔貫光殺砲
a0066669_0464223.jpg

腕組みパーツへの換装が前提なので簡単に腕をパージ可
おかげでピッコロでありがちな片腕状態も再現できる。

顔3種とか腕組みパーツとかマントとか魔貫光殺砲専用手首とか
最近のフィギュアーツではありえないパーツの充実。
このクオリティをライダーにもお願いしたい。

唯一不満があるのは手首の種類。
ピッコロといえばパンチより手刀のイメージだったんだけど、付属するのは開き手、モミ手が左右、プラス魔貫光殺砲用。
これはかなり残念。
カメハメ波撃たないピッコロにはモミ手より手刀でしょう絶対。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-23 23:59 | フィギュア
劇場版マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~
公開初日に劇場で鑑賞。
以下プチネタバレあり。

一番気になっていたストーリーはテレビ版とは繋がらない別モノ、マクロスのTV版と愛おぼえていますかの関係と同じ(と思います、後編を見ないと断言はできないが)。

むりやり内容をテレビ版になぞらえて言うならば
だいたいマザーズ・ララバイまで進んだ感じかな。
ランカがつかまって助け出されてるので。

だがテンション的には第一話から最終話までやってしまった感じ。
ラストの盛り上がりはいい意味でもわるい意味でもスゴイ!
クォーター&バトルフロンティアの連続攻撃とか、ケーニッヒの活躍とか、メガネが割れたりとか……。

尺に関してはテレビ版の流用をうまく使って、いい意味で長くなっている。
Z○ンダムと違い、新規作画部分とのギャップがないのもプラスポイント。

歌とビジュアルに関しては文句なし。というか最高レベル。
だがストーリー、特に細かい展開に関しては
「どこの中学生にシナリオまかせたんだコレ」と言いたくなる位ヒドイ。
何この行き当たりばったりで、その場の勢いだけ重視のつくりは。

最初はうまい作り変えだな~と感心していたのに、どんどんムチャでクチャな展開が……。
でもコレってテレビ版全体の感想とも酷似しているので
ある意味マクロスフロンティアらしさが120パーセント再現されている映画であるとも言える。

まあ結論を言うと
「こまけぇこたぁいいんだよ!! 」
「考えるな!感じろ!」
です。
監督が言ってたとおりイベント的に劇場で見るのが吉!
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-21 23:59 | 映画
S.H.フィギュアーツ キュアドリーム
ついにfigmaサイズのプリキュアアクションフィギュアがこの手に!
文字通り夢のようなアイテムです。
a0066669_22222080.jpg

大きさは大体figma準拠
でも中学生設定だからもっと小さくてもよかったけど。
首はたしかに長いが襟が高いので横向きポーズでは問題ナシ。

顔はベタ褒めは出来ないが充分かわいいレベル。
ただ全体に塗りが荒く、モールドも雑でガチャフィギュアっぽいイメージ。
萌えアクションフィギュアとしてはfigmaより一段落ちる感じ。
a0066669_22583122.jpg

フィギュアーツらしく股関節の可動はかなり優秀。
でも手首と足首の可動は最悪。
関節を見せないためかもしれないが動かないに等しいレベル。
その上ライダー系と違い足にダイキャストを使っていないので自立は困難。
a0066669_2258736.jpg

ライダー系以上にポーズ付けが楽しすぎる。

付属物は少なく替え手は両平手、右持ち手のみ、あとはキュアフルーレのみ
a0066669_22555136.jpg

正直アクションポーズメインのプリキュアで笑顔の必要性が感じられないのだが(意訳:制服バージョンも出してくれ!)
とりあえず媚び媚びポーズ。
a0066669_22465024.jpg

決して全肯定できる出来ではないのだが、念願のプリキュアという事と動かしてる時の楽しさでダントツ。

あと背面に謎の穴埋めパーツが、これはスーパープリキュアフラグ!?
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-19 23:46 | フィギュア
ROBOT魂 月下
ROBOT魂最後の月下系機体
四聖剣用月下が魂ウェブ通販で到着。

あまりにも同系列機が出過ぎで届いても開ける気がしなかったが
開けてみると相変わらず出来がいい。

Type-03F GEKKA
a0066669_19314661.jpg

R2を見てしまうと、月下といえば卜部さん。ということでVSヴィンセント時の受けポーズ。

ほどよいシンプルさとカラーリングで月下系はこの四聖剣月下が一番好き(二番目はC.C.暁)
四聖剣もこの機体に乗ってた時が一番輝いていたし。

付属品の少なさのわりに値段が高いうえにWeb限定という3重苦的ボッタクリ商品ではあるが
出来に関して言うと文句ナシ。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-18 21:19 | フィギュア
ROBOT魂 クァドランレア
SIDE VFの本命いきなり発売!

QUEADLUUN RARE
a0066669_2342388.jpg

ロボとは言え歩くイメージ皆無のクァドランなので
足を後ろにたたんだ飛行ポーズがメイン。
だが台座穴を開けないのがバンダイクオリティ。

可動はいいがちょっとゆるゆる関節。
特に股関節がポーズ付けしてるとへなっと潰れるくらい。

フルバーストなイメージ
a0066669_2344123.jpg

バックパックのミサイルハッチは開閉可能、脚部のミサイルハッチは差し替えで再現。
キャノン砲がきちんと溝に沿って動くのがいい感じ。

意外にカッコイイ素立ち状態。
a0066669_2362851.jpg

長い四肢の異形フォルムに赤い機体色っていいよね。

コクピットハッチ開閉。
中にはクラン大尉。
ただヘルメットはメッキベタ塗りなので顔は見えません。
にしてもすごいマッチョです。

でもこのクランがスーパーパックを装備できるサイズって事は、かなりメサイアは小さいな。
ROBOT魂のメサイアはサイズ差再現していない?
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-16 23:13 | フィギュア
ROBOT魂 紅蓮聖天八極式
紅蓮シリーズ最後にして最強の機体がついにROBOT魂に。

Type-02/F1Z GUREN Type-08 ELEMENTS"SEITEN"
a0066669_16443324.jpg

シリーズ3機目の紅蓮、今までの製品と違い下半身の可動性能がかなりアップ。

可動がどうこう以前にカッコよくなりすぎている。
これまでの紅蓮の微妙具合+サンプルで見た聖天のデブ具合にかなり心配していたが
実物を見るとバランスの取れた素晴らしい異形フォルム。
正直本編よりカッコよい形に仕上げてきた!

今までデザイン的にデッドウエイトにしか見えなかった滑走飛翔翼の本体ユニット。
今回やけにカッコよく見えると思ったら作りが全然違ってる!
だらっと後ろへ垂れていた今までと違い、ピンと上へ伸びてて非常に映える。
これって設定的にも別モノだったのだろうか?
a0066669_12455649.jpg

アルビオンとの最終決戦で使用した抜き手タイプの輻射波動腕が付属。
本編では輻射波動切れなのに、この状態にした意味はわからないがカッコイイ事は確か。
a0066669_22275977.jpg

エナジーウイング展開
アルビオンより大きく、可動も追加されているので遊びがいアップ。

ここまで素晴らしいものを見せられると、今の技術で弐式だけでも作り直して欲しくなる。
ちょうど品切れも続いてるし。
ROBOT魂ブランドで可翔式への換装も可能な完全セットとかだったら最高です。
[PR]
by nayuta_m | 2009-11-15 22:34 | フィギュア