<   2008年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
Dynamite!! 勇気のチカラ2008
○ミノワマンvsエロール・ジマーマン
ミノワマンは独自の世界。
ミノワマンであったまった会場は単発で、その後すぐ鎮火。


K-1甲子園 準決勝×2
正直ここでやる内容じゃないし大舞台で見せられる代物じゃない。
こういうのを見るとK-1は別会場でやって欲しかったと思ってしまう。
テレビ向けのコンテンツなんだろうからどっかのスタジオでやったらいいんじゃない?


佐藤嘉洋vs○アルトゥール・キシェンコ
キシェンコの当ての強さ、佐藤の粘り強さが見られた。
悪くないが大晦日の試合じゃない


所 英男vs○中村大介
会場もやっとあったまってきた感じ。
中村の入場、西部警察のBGMに合わせて入場のバック映像が一人刑事モノ風。
全ての出演者が中村大介に見えて笑いそうだった。

腕の取り合いとしのぎあい。
まさかの体制からフィニッシュ。
所はいいかげんどうかしないとダメだけど試合自体は短い中に展開が目まぐるしく変わる良試合。


坂口征夫vs○アンディ・オロゴン
なんじゃこれのKO決着。
打撃とはいえ、本職のMMAで負けちゃ終わりだろう坂口。


K-1甲子園 決勝 ○HIROYAvs卜部功也
トイレタイム扱い。
応援団がうざすぎる。
甲子園らしさは出ているが、逆に会場は冷め切って、リングは真空地帯になってる。
選手がかわいそうなくらい。
さすがTBSと言っておこう。

休憩一回目

○ボブ・サップvsキン肉万太郎
なんじゃそれ2
途中まではグランドで万太郎のペース。いつものへたれサップ状態。
しかしラスト久々の突進打撃炸裂でサップ勝利。
レベルの低さがかみ合った試合?


○セーム・シュルトvsマイティ・モー
シュルトのチキンハートの本領発揮。
K-1では絶対的な強さ、総合ではチャンピオンになったくせに、試合が始まるとみっともなくあたふたして組み付くシュルト。
しかも試合はシュルトが下になってモーに攻められ続ける展開。
しかし驚きの三角締めでシュルト逆転勝利。


○桜井“マッハ”速人vs柴田勝頼
入場、初動で久々に柴田らしさ爆発。
結果は妥当すぎ。


武田幸三vs○川尻達也
本職相手にKO勝ち
場内総立ち。最高の試合。
この感動と沸き方は去年の三崎戦を思い起こさせた。


バダ・ハリvs○アリスター・オーフレイム
本職轟沈その2
本職のしかもチャンピオンかつGPの決勝まで行った選手がKOって……。
この試合も総立ち。会場はヒートアップマキシマム。

2回目の休憩

○ミルコ・クロコップvsチェ・ホンマン
なんじゃこれ3
足の内側に入ったローでチェ・ホンマン戦闘不能に。
靱帯を壊したかと思ったが歩いて帰ってるし、もしかして○○か?


武蔵vs○ゲガール・ムサシ
武蔵何も出来ず。
正直がっかり。もうやめた方がいいのでは?


○メルビン・マヌーフvsマーク・ハント
秒殺カウンター。
同じストライカータイプ。ウエイトの差があり過ぎる対戦。
それがマヌーフの秒殺勝利になるとはすげえ。ミルコを倒したときのランデルマンを思い出した。


○青木真也vsエディ・アルバレス
入場の表情から青木はモノが違う。
去年の緊急メイン抜擢から一年、この一年での成長はめざましいモノがあるな。
最高のエンディングでした……あれ?


桜庭和志vs○田村潔司
世紀の凡戦?
いい意味でも悪い意味でも懐かしさを感じる試合。
煽りVTRが田村メインに作られてて意外。


やっぱりライブでの観戦は最高。
あとテレビと違い、くだらないコメントを聞かなくていいのもかなり大きいポイント、TBSだし。

K-1ファイターが総合選手にK-1ルールで破れるのが印象的な大会だった。
かつては「ぽっと出の選手がついていけないレベル」と言われたK-1だが、それってまんま今の総合格闘技だもんな。
選手の能力的にもレベル的にももう総合の方がはるか上なのかな。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-31 23:59 | 格闘技
コミケ75二日目
コミックマーケット2009冬二日目のログ

混み具合は初日と変わらない感触。
サークル優先でいくため東の待機列へ。
待機列はかなりの前方。出初め式の建物が左手に見える位置。
みんな西へ行ったのかな?

昨日と引き続き寒いとはいえ、例年よりずっと気温は高め。
手袋をしたくならないレベル。
待機列はいいんだけど、館内に入ったとき暑すぎて逆に辛い。

入場前の移動で館内の東5の手前まで移動。

一発目はいつものbolze.
開場1分も経ってないのに、すでに大行列が出来ている……。
遅くはないが早くもない列の進みでだいたい50分強の時間消費。
西館の企業ブースは相変わらずスロープ行列できてるのが見える。

次に並んだみりおんばんくはサクサク進行であっというま。
その後も東館をぐるりとまわり12時ごろに西館へ。

今回も同人ソフト系が二日目に独立しているのがうれしい配置。
まぁ12時過ぎてると人気のモノは完売しているんだけど。

12時半には企業ブースへ上がる。
案の定列が消えていたMinoriとかを消化。
結局今回買えなかったのは戯画のバルドスカイセットくらい。
いつも余裕だったので通販もしなかったし無念。

13時には撤退可能だったが珍しく無料配布を目的に時間をつぶす事に。
目標は5pb.の「11eyes CrossOver プレリュードブック」
なかなか列が出来ずにうろうろドキドキしたが1000部配布だったので急いで並ばなくても余裕だった。
というかこの冊子物販の11eyesセットに入れるべきじゃない?


今日の11eyes
CrossOverの新キャラ3人+1の扱い判明。
PC版と同じ時間、街を舞台にした全く別の物語が追加される。

面子は新キャラ4人+栞たち3人組で7名
人員的にはPC版本編にも負けない布陣。

それってもしかして香央理とくっつくのも、栞の封印を解くのも匡じゃないってことですか?

まるごとひとつゲームを追加するレベルは気合が入っていて好印象だが
逆にPC版本編については対象年齢変更に伴う変更ぐらいしかない可能性が増大。
各キャラ別のクライマックス展開こそ望まれたモノだったと思うんだけど。

移植+完全新作というのはXboxの移植作ではよくあるパターンではあるんだけど
美少女ゲームでやるというのは新鮮。
冊子のコメントを見るとLassスタッフがしっかり作ってるみたいだし期待感は大きい。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-29 23:59 | イベント(同人系)
コミケ75初日
コミックマーケット2009年冬一日目のログ

今年は初日が日曜というのもあってか、かなりの人出。
(異常だった夏よりは多少マシだったが)
始発で入っても待機列(西)ははるか後ろ。
昔は初日に始発なら階段上とか階段正面列とかだったのに……。

開場前の移動位置も階段上の広場まで。
これはヤバイ。

今回はサークルも重視したいので初動は列なし狙い。
始発でなくても買えるだろうが、他をまわって売り切れると悔しすぎるので
長蛇にはならないが品数が少なそうで危険なブースを一気にまわる。

シューティングヒストリカコレクターとしては外せないユージンのガレキ大蛇とプロジェクトEGGのEGGYゲット。
EGGYは対面販売ではなくガチャポン販売だったので一瞬見逃しかけた。

殻の少女ドラマCD2巻も冬子の朗読CD目当てで直行。

最後はプチ列が出来ていたリトルウィッチへ。
FC限定をやめて会場限定になった(?)ピリオドSD「スーパーぴょ~ん!パッチ」目当て。
ブースの見える館内列だったのだが、おそろしい鈍足進行。
おかげで「聖剣のフェアリース」デモが耳に残るほど刷り込まれる。
千鶴の声がミンゴスに聞こえるんだけど巨乳キャラだし聞き違いかな……。

その他5pb.やオーバーフロー、チュアブル(ブロッコリー)なども見てみるが列長すぎて見送り。

11時過ぎには東館へ移動。
壁は端からあきらめているので島中探索。
ゲーム系やメカ系のサークルは実際に見てまわると掘り出し物があって楽しい。

13時頃企業に戻る。

TYPE-MOON
うそのように列が短くなっていたので並んでみる。
グッズがほとんど売り切れ、イラスト集1限状態になっていて、スロープ中ほどから並んで10分かからないサクサク状態。
元からイラスト集以外は購入予定になっていなかったのでラッキー。


ビジュアルアーツ
今回何がメインなのかわからないがとにかく列が長い。
スロープを下りて、西館をぐるりと周り、西1と西2の境目あたりに最後尾を見つける。
なんか夏のリーフを思い出すな……。
ただ二列形成で蛇行しておらず、スロープ上も直にブースに入っていたので並び始めた場所のわりには早く購入できた。
まぁ2時間前後は並んでるけど、一応売り切れもなくふつーに買えたので満足。


5pb.
15時をまわる頃には列が消えていてすぐ購入可能に。
Xbox360版が期待のカオスヘッドと11eyesのセットをさくっと購入。

11eyes CrossOver
新キャラ3人追加というのは聞いていたが、このメガネ男はいったい誰?

そもそも11eyesって新キャラを追加する前にやるべき事が山積みだった気がするんですけど。
栞ルートは追加されたようだがリゼットとリーゼロッテのシナリオを追加しないで新キャラってのも訳がわからんし、考現学部の鉄の結束に他キャラが割り込む余地もないのでは?

メガネ男を含めた4人が考現学部に対抗する部として登場なんて妄想をしてみる。

エチシーンがエンディング後のおまけ状態の11eyesはコンシューマで完全版を出せる作品なんだから気合を入れて作って欲しい。
特に終盤を各キャラごとに展開を変えて。


16時前に撤収。
結局minoriとか戯画とかの終わらない列の企業が残作業に。
明日はサークル優先だから微妙な線だな。午後までモノが残っていれば余裕で買えそうだけど。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-28 23:42 | イベント(同人系)
CHAOS;HEAD ~TRIGGER 1~ 西條七海

第一弾が七海というのが出し惜しみなし。
しかも初回限定ボックス付きときたら買わざるを得ない。

コレクションBOXはブラックに文字のみのカッコつけ系。
タイトルを見るとNOAHの文字が
アニメ版のCDではなくXbox360版のCDって位置付けなのね。
ジャケ絵もアニメ絵でなく、ささきむつみだし。

このジャケ絵がまた最高!
どういうシチュエーションだよこれ!!
ここまでくればバッと開いて<自粛

Xbox360用ソフト「CHAOS;HEAD NOAH」オーディオシリーズ
CHAOS;HEAD~TRIGGER1~ 西條七海(cv.宮崎羽衣)

内容はキャラソン、妄想ボイス、宮崎羽衣コメント、キャラソンオフボーカルverの4トラック。

キャラソン「Love Power」
ふつーにキャラソン、それ以上でも以下でもなし。
でも右手にかかった魔法って、バングルのプラスイメージよりもう一個の方のマイナスイメージが浮かぶ人が多いと思う……。
甘い感じの曲だが、それをきちんと歌えているので好きな人にはたまらないのかも。

妄想トリガーフルスロットル 妄想ボイス西條七海編
朝のお兄起こしから始まる妄想(どっちの?)
男のボイスはなし。
4分ちょっとの尺で長くないがこの内容なら適度だろう。(これ以上続けると18禁になるし)
是非ともこういうのをXbox360の個別シナリオで!

宮崎羽衣コメント
コメントです。1分半弱。


この内容で全キャラを買う気にはならないが、七海は買って損した感はなし。
妄想ボイスに関しては別キャラでどういうシチュエーションなるかがちょっと興味ある。
七海編はベタベタすぎる妄想だったので。

5pb.も後が無いのか360移植では期待どおり個別ルート実装
約束どおり買わせていただきます。
サーカス商法でPC逆移植18禁版もお願いします。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-28 00:06 | CD
インアクション!!オフシュート グラスゴー
やっと到着した魂ウェブ限定KMF第一弾グラスゴー
今となっては無頼一般、ゼロ専用、無頼・改と三連続で購入してきた無頼のバリエーションにしか見えないのだが

PRI-11 GLASGOW
a0066669_21403986.jpg

新鮮味ゼロのグラスゴーの見所はなんと言ってもスラッシュハーケン。
待ち望まれてきたサザラン系の可動&射出再現のハーケンを実装。
基部ごと取り外してサザラン系の機体にも取り付け可能。

でも一体に一組しかないのがなぁ(当たり前です)。
この辺エアキャバパーツやランスの腰ハーケン、ブレイズルミナスあたりとパッケージングして
武器セットとして出して欲しい。
魂ウェブ商店の通販限定でかまわないので。

はずしたハーケンパーツを射出状態パーツの先にはめる形式。
長さは結構短い。
そのぶん保持力はあり、写真の状態で飾っておくことが可能。
a0066669_21405382.jpg

可動は基部がぐるぐる回転するのではなく、差込溝が上下に幅がありハーケンの差込場所を動かす仕組み。
不要な溝が見えてしまうが、それなりの範囲は動くので及第点かな。
真上には向かないので、吊り下がり状態とかは不可。

少ないギミック、パーツで最大限の効果には工夫が感じられるが
それなら標準装備して欲しいというレベル。

ガウェインの次にこれを見るとミリタリー色が非常に魅力的に見える。
ランスロットを始めとする第7世代機が出てこない
ボトムズ的なコードギアスも見たかったと思わせる。


1個買いだったが複数買いしても後悔していなかった出来。
カレン専用機が楽しみ。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-26 22:47 | フィギュア
ローゼンメイデン1

ヤングジャンプ移行後の初単行本、集英社版ローゼンメイデン1巻。
こういう形でナンバリングが新しくなるなら新装版を買う意味なかったな。
というかカタカナ表記でコミックバーズ版と区別ってのは新参者にはわかりにくすぎる気がする。

特装版は連載前のカラー予告編(?)「少女のつくり方」が絵本になり付属。
正直あまり意味ないかなこれ。

話の方は全てを一新して再スタートと思わせておいて完全に続いているというコードギアスR2方式(?)。

正直、バーズ編の中学生ジュンより今回から登場する大学生ジュンの方が親近感がわき感情移入できてしまう。
この大学生ジュンの扱いが最終的にどうなるかが個人的に注目ポイント。
「同じジュンだから~」とか言って中学生ジュンに吸収されたり、消えてしまう形だけは勘弁。

斎藤さんは特技を尊敬してくれて、かわいいという理想的な彼女なんだけど
真紅と水銀橙の共同生活の楽しさといい、そこが逆に夢の世界っぽさを感じさせて、長続きしない未来を予感させて下がる。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-25 23:59 |
figma 025 シャナ 炎髪ver.
サンプルの出来的にもキャラ的にも期待していなかったシャナだがアクションポーズを付けるとかなり映える。
a0066669_0145620.jpg

制服のリボンに一体形成されたアラストールはいかがなものかと思ったが動かしてると気にならなくなる。

クリア素材にグラデーション塗装された炎髪の再現は最高!
材質だけでなく形状時にも流れる髪が長髪figma最高造形。
効果は感じられないが脇の髪が広がる可動も仕組まれているし。
a0066669_0152471.jpg

関節丸出しだがニーソの段差再現とか細い足とかもマル。

アクション系のフィギュアとしては良好な一体。
カッコイイ系でプロモーションした方がよかった気がする。
そういう意味では炎髪ver.を通常売りにしたのは正解。
シリーズが続くのであれば萌え系ではなく燃え系のキャラ、衣装でお願いしたい。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-24 23:59 | フィギュア
姪少女 その2
ネタバレありキャラ別レビューその2


「亜耶」
ミニツインテールで元気な方。

アホです。
将来が心配になるくらいのすばらしいアホの子。
プラス押しに弱く流されやすいという属性まで付き、主人公にいいようにだまされてしまう流れ。
後半になるとさすがに疑う事を覚えてくるが、それでも結局流されてしまいます。

どちらかと言えばMだけどそれを前面に出した展開はなし。
背伸びしない分納得できる性格描写になっているのは沙耶と同様。
性格描写もシナリオ展開も娘姉妹より格段に進歩している。

>腹ボテルート
亜耶でもこちらが正統ルートっぽい。
無事女の子を出産して幸せエンド。
生まれてくる子供にも服従させる事を誓わせてある意味オーバーフローエンド?


>変貌ルート
腹ボテしない選択肢で分岐。
ついに耐えられなくなって人格分裂まで起こしてしまうルート。
打たれ弱そうな亜耶だからこういう展開も納得だが、ちょっと引く。

最終的には人格統合されて(?)単にエチ好き娘になってしまうんだけど。


個人的に性格的にも声の面でも沙耶に劣る評価。
亜耶の腹ボテバレで沙耶に責められるシーンの方がやってて楽しかったくらいだし。
それでも娘姉妹に比べれば数段評価は上。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-23 23:59 | ゲーム
ROBOT魂 ガウェイン
オフシュからROBOT魂への移行第一弾ガウェイン
SIDE MSの悲惨な状況から心配していたがSIDE KMFはオフシュのクオリティ維持のようで一安心。

IFX-V301 GAWAIN
a0066669_21232835.jpg

ポリカーボネートを使用している黒部分の質感とテカリが非常にいい感じ。
金色部も落ち着いた色味で黒色とのコントラストが美しい。
フロートの部分もパールが入っているし全体的に質感よし。

値段から想像していたのと比べ、箱は意外なほど小さいが出してみるときちんと巨大。
ゼロ専用機同士でサイズ比較。
a0066669_21242494.jpg

意外にマッチョ体型。
設定画再現ではなく、アレンジ体型だがここまでカッコ良ければ文句なし。
このまま格闘ポーズを付けたくなるくらい。

ただし可動に関しては、原作再現には不足はないがムチャクチャ動くわけでもないレベル。

ハドロン砲開口
a0066669_21235234.jpg

ギミックは他にコックピットハッチ開閉とランドスピナー展開があり。
コックピットはルルーシュ側のみでC.C.側の再現はなし。
開いた時に見える範囲は再現されている形なのでまぁOK。

ランドスピナーはこれまでにない凝ったギミックは見所だが
展開位置が高すぎて後ろに反ったポーズが前提になるのがもったいない。
もう少し低い位置まで下がれば膝を前に出した前傾ポーズも取れたのに。

手は平手のみで替え手なし。
本体以外の付属物はコックピットに乗せるルルーシュフィギュアと台座とエナジーフィラー。
バンダイなのに台座がついてるのは高評価。しかも半透明素材だし。

今までのオフシュKMFの中でも一二を争う高クオリティ製品。
ガウェイン好き、KMF好きは買うしかない一体。

(値段以外で)唯一残念なのは指ハーケンが再現されていないこと。
手持ち武装のないガウェインなんだから、差し替えでハーケン手をつけて欲しかった。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-22 23:59 | フィギュア
フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム

ついに追いついたフルメタ最新刊。
以下ネタバレあり。


ラス前恒例の説明回。
前巻で危惧したとおりの超展開(超設定)が発動。
舞台も定番の廃棄された研究所ときた。

だが、やけにリアリティを感じるヤムスク11の描写も手伝って拒否反応は出なかった。
この廃墟は実写か3DCGで見たいな。

レナードの変貌はなかなか好印象。
ゴステロばりの狂人になるかと思っていたから一安心。
過去ではなく現在進行形でキャラを深めていく方式か?

テッサへの癒し。
宗介との機内での会話シーンはジンとくる。
個人の好みかもしれないが、かなめとテッサだとどうしてもテッサに感情移入してしまう。
銃を手放す日が来るといいな……。

クルツは盛大に死亡フラグを立てすぎ。
「命をつなぐことがいかに多大な労力を要するか」を思い知らせる。
狙撃手で途中退場というとマクロスFのミハエルを思い出すが、アレに比べれば百倍見せ場のある死に様だったし。

燃える最終決戦の場所も用意され、あらゆる意味でお膳立ては完了。
ラスボスがかなめなのはちょっと意外だったが

あとはきちんと地に足のついた結末が見られれば言うことなし。
コードギアスで言うと皇帝エンドじゃなくルルーシュエンドを希望。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-20 23:24 |