<   2008年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
figma EX001 泉こなた コスプレver.
発表当初は超勇者のボディとしか見てなかったコスプレverこなた、オフィシャルブログで頭身が全く違うことが判明。
ハルヒ系と並べると全くスケールが合ってないんだけど、作品内でそろってればいいか。
(そういえばワンフェスで見たらき☆すた4人娘って身長差再現してたっけ?)

頭身だけでなく、まるっこい手はプリティだし、きちんとらき☆すた仕様で作られている。
手抜きバリエーション展開する気がないと好意的に評価。

やわらか素材は襟とスカートのみ。
オプションも表情変え1つ、オプションハンド3組、台座なので長門を見た後だと物足りない製品構成。
a0066669_105389.jpg

造形に関しては全く問題なし、頭身が低い分実質スケールが大きくなり作りが精巧に見える。
かざってむちゃくちゃ満足感のある一体。
a0066669_115192.jpg

ただアクションフィギュアとして遊ぶ場合気になるのが髪。
鶴屋さんに並ぶほどの長髪キャラであるこなた。
超勇者、長門でショートキャラについては文句なしだったfigmaだが長髪については改善の余地アリ。

まず台座は首後ろの髪の毛にささる。
ポーズをつける時、頭部を固定して身体を調整するのが違和感。
figma台座はかなりフレキシブルに動くとはいえちょっとやりにくいのは確か。

長髪の造形自体は文句なし。
ただやわらか素材でも何でもないので可動はしない。
立ちポーズなら問題ないが、座らすことはできないし、動きのあるポーズを取らせるとかなり不自然。
座り用となびき用を付ける形でもいいし、ここは今後の改善に期待。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-28 23:59 | フィギュア
AYAKASHI アヤカシ(アニメ版)最終話
ついにアヤカシ最終回
第十二話 共生

何故か最終話になってオープニングに効果音追加。
今さら追加されても違和感を感じるだけなんだが……というかビビった。

最後までダメアニメ化という軸がぶれない作品だった。
バトルモノをアニメ化してるのにアクション描写がダメ、原作の良さを生かせない脚本、作画はエロアニメレベル。

ラストバトルは対鵺戦。
夜叉丸先生のスーパーウェポンぶりも描かれずじまい。
何がしたかったのかわからないがアヤカシ使い達が鵺に飲み込まれる展開を追加
しかも最後にあっさり復活させるという舞-HiME風の超ご都合展開。

最後の共生体バージョンの"彼"も動かせば映える触手がやっつけのカタマリ描写。
あれがうねうね動いてくれればかなりの見所だったんだけど。
CGのしの字もない作品だからしょうがないか。

エピローグでエイムが視力を失ってるオリジナル展開発動。
続編に続けないというなら、まぁ、これはこれであり。
でも、その事実を単に示すだけで、何の感情も呼び起こさない駄演出は最後まで健在。

AYAKASHIという作品の知名度を広めたという一点のみは評価するが、その他は褒めるところは全くなし。
知名度が上がってもこの出来じゃマイナスの効果しか期待できないのが悔しい。
是非ゲーム版をプレイすることをオススメします。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-27 23:59 | アニメ
ワンダーフェスティバル2008冬 その2
ワンフェスレポその他の企業編

・コナミグレンラガン
作品人気はすごいはずなのにブースの寂しさが悲しい。

インパクトモデル ラゼンガン
a0066669_23233747.jpg

リボ版ラゼンガンの発表で完全に隠れているが何気に出来がかなりいい。
可動は置いておいて展示されていた素立ちの状態ではリボ以上の劇中再現度。
でもラゼンガンは最もアクションポーズを付けたい一体だから苦しいな……。

グレートインパクトモデル グレンラガン
a0066669_23465848.jpg

デカくて合金感とテカテカ感満点のまぎれもなく極上の超合金。
MAX合金とかと並べるならこれ一択。
でも買わないな……。
とりあえず後で完全版が出せる半端は商品構成は変えたほうがいい。
(MAX合金ジェネシック初版を買った人間からの言葉)

コナミのグレンラガンの商品展開の最大の欠点はリリースの遅さ。
このラゼンガンにしろグレンウイングverにしろ、もっと早く出ていれば桁違いに売れたのに。
というかこれホントに出るの?


・YAMATOマクロス
せっかくYFシリーズを目玉にしてアクションメカフィギュアシリーズ群雄【動】を立ち上げたのにリボ発表で涙目(?)なやまと。
本当の注目アイテムはこっちVFC(Variable Fighters Collection)
a0066669_0142525.jpg

1/200というHCMPro系と並べられるナイスサイズ。
と思ったら変形しないのねこれ……。
昔出てた海洋堂の奴に負けてちゃダメじゃん。


・ニトロプラス
A-label魔導合金デモンベインの新作を期待してのぞくと
a0066669_0264927.jpg

これはどうみてもアイオーン!!
他にも色々なバリエーションが展示されていたが期待していたトゥーソードは見当たらずガッカリ。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-26 23:59 | イベント(立体系)
ワンダーフェスティバル2008冬
最近めったに行かなくなったワンフェスだが今回どうしても欲しいブツがあったので参加。
とは言えコミケのような完全戦闘態勢で行く気もないのでふつーに起きてふつーに行く。

時間をふまえて東京テレポートで降りるが列はすでに折り返されており、橋の中程を越えたあたりまで行っていた最後尾に並ぶ。
8時20分この時点でかなりのまったり具合。
ただ天候は最悪で寒さ以上に強風がやまないのがつらい。

列は9時半前から動き始め入場できたのは開場から30分過ぎた頃。
今回の目的は「リボルテック グレンラガン」と「figma こなたコスプレver.」
どちらも後でよければ会場に行かなくても手に入れることができるモノではあるが。

結局この時間で手には入ったのはfigmaのみ。

下調べがあまくガイナブースが見つからず先に連合に並ぶことに。
館外から並びはじめ、中に入ってすぐに残りわずか表示、販売場所にたどり着く寸前に完売表示。
終わった、今回のワンフェス終わった……と思ったがダメもとで注文するとゲット成功!!
超ぎりっぎり薄氷の勝利(?)

その後みつけたガイナブースではもちろんリボグレン売り切れ。
どちらかといえばグレンの方が欲しかったので残念だがちょっとでも遅れてたらこなたは買えなかったので結果オーライ。


・リボルテックブース
最近figmaのすごさでかすむイメージだったリボルテックだが、発表されたアイテムのラインナップは最高に熱かった!
まずはラゼンガンと天元突破グレンラガン!!
ラゼンガンはホントにガチ、変に回り道しない直球のど真ん中のリリースがうれしい。
グレンシリーズに関しては個人的にアークが一番欲しかったが単色の展示サンプルが非常によかったので天元突破も間違いなく買うでしょう。
先行販売されたグレンラガンも展示。
ちょっと違うんじゃないかと思っていた造形への不安一掃。
劇中のハッタリ効きまくりのグレンラガンに負けない素晴らしい造形。
はやく対ラゼンガン戦を再現してー!!
あとフルドリルライズ版も展示、ちゅーことはグレンウイング版も別発売かい?

YF-19&YF-21
こいつがまたツボを突きまくりのアイテム。
ピンポイントバリアパンチのエフェクトパーツで殴り合うシーンの再現も素晴らしかった。
せっかくYAMATOがアクションロボフィギュアシリーズの目玉にYFシリーズを出すのに一気にかすんでしまったな。

あと異色のリガード発表。
ここまで人型を離れきったリボは初めてじゃない?
この出来がまたおそろしくいい。
5月はグレンとリガードで至福の月になるよ。
「リボバルキリーが小さかったのはコストダウンとかじゃなく、このリガードと並べるためだったんだよ! な、なんだってー!!」

原作未読のため初見だったアーバレストもむちゃくちゃカッコよかったし
やっぱロボのリボルテックはどこも太刀打ちできないレベルだわ。
正直これを見ちゃうとディーラーブースのロボを見る目が厳しくなってしまう。

フロイラインはアイマスメイン。春香と亜美真美以外に未彩色で美希。
やっぱ苦しいなフロイラインは。
アイマスがフィギュアに恵まれない神話続行ですよ。

よつばとでは待望の恵奈発表。
リボじゃなくフィギュアタイプなのがわかってるです。


・figmaブース
今乗りに乗ってるfigmaなので新作発表も期待しまくりだったが、行ってみると発表数自体が少なくショボーンな印象。
全く新しい奴ってらき☆すた4人娘の発表くらい?
それだって(元のアニメからそうなんだが)ハルヒの二番煎じで新鮮味がない。
フェイト・テスタロッサはなのはのクオリティを維持。ちゅーかこの二体はやく出してくれ。
figma凛は初めて見たがシンプルなのにすごい存在感。
これで比べられちゃうとフロイラインはホント終了だな……。
とりあえず驚きがないという点でリボルテックより二枚も三枚も落ちる展示だった。
既発売品の撮影コーナーとか作られても?だし。

それよりも連合ではフリーイングのソニックダイバーがいい感じだった。
搭乗者は見ないようにしたんでコメントはないが、風神のメカニカル感が恐ろしく物欲を刺激。
零神しか買う気がなかったがむしろ風神の方が本命化。
このまま全機買い続ける確率99パーセントです。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-24 23:59 | イベント(立体系)
ワンダーフェスティバル2008冬
最近めったに行かなくなったワンフェスだが今回どうしても欲しいブツがあったので参加。
とは言えコミケのような完全戦闘態勢で行く気もないのでふつーに起きてふつーに行く。

時間をふまえて東京テレポートで降りるが列はすでに折り返されており、橋の中程を越えたあたりまで行っていた最後尾に並ぶ。
8時20分この時点でかなりのまったり具合。
ただ天候は最悪で寒さ以上に強風がやまないのがつらい。

列は9時半前から動き始め入場できたのは開場から30分過ぎた頃。
今回の目的は「リボルテック グレンラガン」と「figma こなたコスプレver.」
どちらも後でよければ会場に行かなくても手に入れることができるモノではあるが。

結局この時間で手には入ったのはfigmaのみ。

下調べがあまくガイナブースが見つからず先に連合に並ぶことに。
館外から並びはじめ、中に入ってすぐに残りわずか表示、販売場所にたどり着く寸前に完売表示。
終わった、今回のワンフェス終わった……と思ったがダメもとで注文するとゲット成功!!
超ぎりっぎり薄氷の勝利(?)

その後みつけたガイナブースではもちろんリボグレン売り切れ。
どちらかといえばグレンの方が欲しかったので残念だがちょっとでも遅れてたらこなたは買えなかったので結果オーライ。


・リボルテックブース
最近figmaのすごさでかすむイメージだったリボルテックだが、発表されたアイテムのラインナップは最高に熱かった!
a0066669_2197.jpg

まずはラゼンガンと天元突破グレンラガン!!
ラゼンガンはホントにガチ、変に回り道しない直球のど真ん中のリリースがうれしい。
a0066669_213244.jpg

グレンシリーズに関しては個人的にアークが一番欲しかったが単色の展示サンプルが非常によかったので天元突破も間違いなく買うでしょう。
先行販売されたグレンラガンも展示。
ちょっと違うんじゃないかと思っていた造形への不安一掃。
劇中のハッタリ効きまくりのグレンラガンに負けない素晴らしい造形。
はやく対ラゼンガン戦を再現してー!!
あとフルドリルライズ版も展示、ちゅーことはグレンウイング版も別発売かい?
a0066669_204150.jpg

YF-19&YF-21
こいつがまたツボを突きまくりのアイテム。
ピンポイントバリアパンチのエフェクトパーツで殴り合うシーンの再現も素晴らしかった。
せっかくYAMATOがアクションロボフィギュアシリーズの目玉にYFシリーズを出すのに一気にかすんでしまったな。
a0066669_202483.jpg

あと異色のリガード発表。
ここまで人型を離れきったリボは初めてじゃない?
この出来がまたおそろしくいい。
5月はグレンとリガードで至福の月になるよ。
「リボバルキリーが小さかったのはコストダウンとかじゃなく、このリガードと並べるためだったんだよ! な、なんだってー!!」

原作未読のため初見だったアーバレストレーバテインもむちゃくちゃカッコよかったし
やっぱロボのリボルテックはどこも太刀打ちできないレベルだわ。
正直これを見ちゃうとディーラーブースのロボを見る目が厳しくなってしまう。
a0066669_203100.jpg

フロイラインはアイマスメイン。春香と亜美真美以外に未彩色で美希。
やっぱ苦しいなフロイラインは。
アイマスがフィギュアに恵まれない神話続行ですよ。
a0066669_1594231.jpg

よつばとでは待望の恵那発表。
リボじゃなくフィギュアタイプなのがわかってるです。


・figmaブース
今乗りに乗ってるfigmaなので新作発表も期待しまくりだったが、行ってみると発表数自体が少なくショボーンな印象。
全く新しい奴ってらき☆すた4人娘の発表くらい?
それだって(元のアニメからそうなんだが)ハルヒの二番煎じで新鮮味がない。
フェイト・テスタロッサはなのはのクオリティを維持。ちゅーかこの二体はやく出してくれ。
figma凛は初めて見たがシンプルなのにすごい存在感。
これで比べられちゃうとフロイラインはホント終了だな……。
とりあえず驚きがないという点でリボルテックより二枚も三枚も落ちる展示だった。
既発売品の撮影コーナーとか作られても?だし。

それよりも連合ではフリーイングのソニックダイバーがいい感じだった。
搭乗者は見ないようにしたんでコメントはないが、風神のメカニカル感が恐ろしく物欲を刺激。
零神しか買う気がなかったがむしろ風神の方が本命化。
このまま全機買い続ける確率99パーセントです。
a0066669_1591377.jpg

[PR]
by nayuta_m | 2008-02-24 23:59 | イベント(立体系)
figma4月アイテム発表!
figmaの4月アイテム発表!
驚きのハルヒ制服ver.とセイバー甲冑ver.
てっきり白い悪魔が出るとばかり思っていたのに。
なんともまあガチガチでおもしろ味のない売れ筋狙いすぎの2体だが、勢いをつけるのと定番化を目指すには悪くない選択か。

感想としては「いい話とわるい話どっちから聞きたい?」状態

・いい話
4月アイテムが2体!
なかなかラインナップが発表されない中どれだけのペースで発売されるかが最も心配だったfigmaだけに月2体というのはかなり嬉しい発表。

・わるい話
あくまでサンプルを見た感想だがハルヒの顔が……。
クオリティの高さがうりのfigmaだが早くも劣化してしまうとは。
とりあえず超勇者買っといてよかった。

セイバーさんはなかなか良さげ。
アクション系アクションフィギュアとしての実力が試されるな。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-21 23:59 | フィギュア
AYAKASHI アヤカシ(アニメ版)第11話
第十一話 戻れぬ道

ラストバトル直前。

対ケバタケ戦
距離をつめる所に勝敗の分かれ目があったのに、最初から近くにいては醍醐味ゼロ。
でも前川のおっちゃんがこんなモミアゲになっちまったのは今見ても残念。

悪路王VSアテルイ
夜叉丸先生登場。
が、手に持って刺しちゃダメだろう。
飛んでくるのがイカス所だったのに。

悠がエイムの元へ助けに入り
エイムを支えて立つシーンで「砂の城」!
ゲーム版のオープニングだけどいい所で使ってくるな。
今回の見所はここだけだけど。

原作にない飛び出して行った織江が気になるけど何をやらかすのやら。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-20 23:59 | アニメ
Yes!プリキュア5 ~最終回
ため込んでいたプリキュア5を一気消化。

・ラストバトル
ラストバトルは戦闘を対カワリーノ戦に集約してデスパライアとは和解の展開。
これはボス級バトル二連発を見せられるよりメリハリがありよかった。
ただその和解の流れがあまりに唐突すぎたのがもったいない。
デスパライアが実質二度目の登場な上に、肝心の恐怖を感じている描写が今までないのに、それを理由にちゃぶ台返しされてはナイトメア社員も浮かばれない。

・シリーズ総括
全編を通じて希望というテーマ、対比としての絶望という軸がぶれておらず
そのおかげでラストバトルのくさい夢語りにも説得力があった。

そしてその希望を体現する主人公のぞみがホントにでかいキャラなのが素晴らしい。
ラストバトルでの言葉のひとつひとつに泣きそうになるくらいのパワーを感じてしまったほど。
作中での扱いに画面にうつるキャラクターが負けてないのは希有なケース。

他の4人にしても魅力的だし、単純なカップリングの他にサブの結びつきを描くことで人間関係に深みも出していた
5人体制にしてのキャラクター重視への転換は大成功。

バトル描写もクオリティの上下があったにせよ、肉弾戦主体の超人バトルを真っ正面から描いていて、光線技でごまかしてるありがちな少年誌アニメなんかよりずっと見応えがあった。

・二期へ
ラストの締めも二期が控えているのに、きちんと満足できる終わりを描けていて、グダグダだった初代プリキュアとは大違い。

一年間本当に楽しませてもらいました。
あとは今年こそまともなフィギュアを(できればfigmaで)出して欲しいところ。

あれだけ充実した内容だったのに、まだ語られないネタ(登場してない家族とか生徒系がほとんど出てこなかったり)がてんこ盛りなので二期にも非常に期待。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-19 23:59 | アニメ
東芝HD DVD撤退
こうなることはわかっていたけど実際聞くと堪える系ニュース。
RD-A301を12月に買ったばかりなのに……。

でも思いのほか大きなニュースになってて驚き。
そんなに知名度あったのか? HD DVDって

どうせコピワン縛りでコピーもできず、個人で完結するならHD DVDでもいいと思っていたが
よくよく考えるとメディアが安くならないばかりか、手に入らなくなる可能性に思い当たりあせる。
ただでさえ高いHD DVDメディアでそれは致命的だわ……。

超個人的なことを言えばあと2週間早く発表してくれれば
ダブルオーとかtrue tearsをHD DVDにダビングしなかったのに。
特にダブルオーは後期を放送する頃には確実にメディアがなさそうだよ。

普通ならメディアが変わっても移しかえをすればいいだけだが
今のコピワンしばりの録画データは一度メディアに移すと終了。
どこにも移せなくなってしまう。

結局最悪なのはコピワンなんだけど。
東芝にはHD DVDだけはHDDに書き戻せるバージョンアップをして欲しい所。
それさえしてくれれば全て許すよ。

あと次期RDはもうブルレイ搭載どころかメディア自体をやめて増設HD形式にしてください。
逆転の発想で天下を取れるかもです。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-18 23:41 | デジタル系ハード
スカイガールズ アートワークス

OVA版スカイガールズのビジュアルファンブック。

ほんとは表紙の島田フミカネの三人娘絵とアートワークスというタイトルから画集的な本かと思って購入。
(画集ならOVA版でも関係ないし)
でも中身はふつーなムック本だった。
30分のOVA版を元ネタにビジュアルファンブックを作ってるんで素材が足りなく、フィルムコミックやら小説版ダイジェストやら普通のムックではないようなモノまで詰め込まれていて逆に充実してるかも。
(フィルムコミックはラストが載ってないのがありえないが)

当然TV版の記述は一切ないがOVA制作当時にすでに考えられていた(OVAには登場しない)エリーゼや緋月についてはキャラ紹介も同様に記載されている。
さすがにバッハとかアイーシャは載ってないけど。

当然TV版になるときに細かい設定などが変更されているんだけど
デラックスな初期設定資料として考えればTV版のファンでも買う価値はある。
何よりTV版のムックが出てないし……。
[PR]
by nayuta_m | 2008-02-17 23:44 |