<   2008年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
MMS スカイガールズ
この前のエントリで誰を買うか悩むと書いたMMSのスカイガールズだが……もちろん3体とも買いました!
ハマッってすぐに買いたいアイテムがある幸せ。

ヨーコonMMSと違いMMS2ndではないので胸は固いタイプ。
萌えから見ると股関節部分がネック。
あと顔が無表情なやつ一種だけなのも残念な点。
細くてストンとしてるスカイガールズ体型を再現してる所はいいんだけど。


桜野音羽onMMS
a0066669_001698.jpg

ヒロインという立場上一番売れそうな音羽だが、顔の出来でいうと一番微妙。
ただ小物が刀なので一番遊び甲斐があるアイテムでもある。


園宮可憐onMMS
a0066669_003248.jpg

顔は一番いい感じなのでオススメ。
オプションはノートパソコン


一条瑛花onMMS
a0066669_2332871.jpg

作中ではナイスボディ設定の瑛花さん。
きちんと3人の胸の差を再現しているところは文句なく高評価。
あとは4月発売のエリーゼで身長差を再現してくれればよし。


この大きさのフィギュアを3人並べるて飾れるのは格別。
トレーディングフィギュア以上で大きさが揃ってるアイテムはめったにないし。
プラキットでもいいのでMMS仕様のソニックダイバーが出てくれれば完璧です。

追記
a0066669_2255350.jpg

可憐ハイキック!(※キャラの選択に他意はありません)
股関節の構造に疑問があったけどここまで動くなら是です。素晴らしい。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-31 23:59 | フィギュア
AYAKASHI アヤカシ(アニメ版)第8話
第八話 エイム

これはひどい

いつにもましてムチャクチャな脚本。
作画もひどいので救いようがない。
対堀戦も何故こんな形に変えてしまったのか全く理解不能な改悪。

前回に続いてエイムというキャラを掘り下げる超重要エピソードだったのに
ひと言ふた言の言葉に短縮されて、ネタバレするだけの効果しかない。
もう「エロアニメ風の作画にあわせて18禁展開にしてくれ!」とでも言わなければ耐えられない出来。

悪路王VSアテルイ
今回はアテルイが巨大化!
もう何も言うまい……。

ついに登場したデイダラボッチの動く様は唯一の見所かな
それでももっと迫力を出せると思うんだけど。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-30 21:30 | アニメ
スカイガールズ 1話~13話
たまに流し見はしていたが録りだめ状態だったスカイガールズ。
予約が始まったフリーイングの零神を見て、急激に気になりだし
全26話の前半戦、第1話「候補者たち」から第13話「攻龍出港」を一気に視聴。

一般人だった少女がロボットで戦うというありふれすぎる筋立て
並以下の作画、定番以上ではないキャラ設定。
ほめるような場所はどこにも無いはず
(事実OVA版を見たときはそうだった)

それなのにこのおもしろさは何なんだろう?

作り手側にその気も無いはずの何気ない言葉にちょっとジンときて目が潤む事が何回もあった。
エピソードのネタも作りも平凡で軽いものなのに、そこでの人物の描写が他とは違う。
うわべだけ見ればまぎれもない萌えキャラに過ぎないんだけど、芯の部分にリアルな人間性が隠れている。
それがたまにポツリと出る一言に垣間見えるのが素晴らしい。

話がよく似た作りのゼノグラシアと比べるとスカイガールズの素晴らしさがよくわかる。
おもわせぶりで深い意図があると思わせておいて、恐ろしく(話もキャラも)薄っぺらかったゼノグラシアとは正反対。

だいたい(一応)ロボットモノでありながら
戦艦に乗り込んで本格的に実戦が始まるまでに1クールかける所からして
じっくりキャラクターを描こうという製作陣の意図がうかがえる。
だらだらと何も描かないくせに話数を消費していたゼノグラシアとはこれも対照的。

前半で積み上げたキャラの深みを後半のクライマックスでうまく使えればかなりの傑作になる予感。
あ、あとメカ&戦闘描写はがんばって欲しい。前半温存(?)したのだから。

今さらながらハマリました。
とりあえず後半13話分を見ながら、もうすぐ発売されるハズのMMSスカイガールズの誰を買うかで悩んでみるつもり。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-29 23:59 | アニメ
ピリオド その2
ネタバレありキャラ別レビュー生徒会編

白鳩生徒会の極上ぶりは体験版で充分発揮されていたが
生徒会ルートではその後も積極的に生徒会にかかわれる所が見所。
特に幸奈シナリオでは前会長代理として生徒会を切り盛りしたりできる。


「加賀宮鈴」
属性としてはツンデレ系下級生。
ピンクのツインテール。
シナリオ的には病系、仮想恋人系。

鈴に限らずピリオドのシナリオはネタ的には非常に古典的。
メーカー初の学園恋愛モノということもあるんだろうけど。
そのオーソドックスなネタをきちんと描けている所がピリオドの優れている点。

物語のシナリオ展開としては充分に描ききれているんだけど
鈴との本当の恋人になってからのイチャイチャした話がほとんど無いのが不満点。
あのエンディングの後にそういう出来事が山盛りなのだろうし、それがシナリオ的なキモになっているんだけど、プレイヤーとしては今見せて欲しかった。

物語的にはピリオドでトップクラスの完成度なのだが
キャラ萌え的に不足感があり、個人的キャラランクは意外にも低かった。


「河崎幸奈」
前生徒会長にして学園の支配者(?)。
金髪デコという非常にテンプレートなルックス。
しゃべり方と言い行動と言いい某ハルヒを彷彿させるムチャ振りが魅力。
まぁ、あそこまで酷くはないのが個人的にはいい感じ。

生徒会ルートと言うことで途中までは鈴と同じ展開。
お試しの恋人が発生したときは攻略失敗かと思ったです。

終盤の展開はあまりにも衝撃的であぜんとした。
あのままほっといても結局恋人になったかのか、こんな事件が起こらなかったらならなかったかは微妙だが、短期で主人公とくっつけるにはアリ、なのかなぁ。

スーパー貧乳には飽き足らず幼児化してエチシーンへ持っていくその司執念には恐れ入る。
さすがリトルウィッチ。
属性が目覚めてしまいそうなくらい幼児化版でのエチシーンもよかったが、通常バージョンでのエチシーンも激しく見たかった。
というか、ピリオド自体が1キャラエチ1回だけ仕様なのがもったいない。
そんなとこまで萌えゲーのフォーマットに従わなくてもいいのに……。

プレイ順としてはつづみを先にやってる方が色々勘ぐれて楽しいシナリオ。
でもてっきり幸奈の父親の話がクローズアップされると思っていたのに
結局小さくなった幸奈を見ても動じないだけ止まり。
この辺のさじ加減はなかなかクールでプラス印象ではあるけど、裏設定も知りたいデスネ。

白鳩生徒会の魅力の大部分を担う幸奈先輩の魅力を存分に堪能できるシナリオ。
体験版をやって上がった幸奈株はさらに上昇しました。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-28 23:59 | ゲーム
ピリオド その3
ネタバレありキャラ別レビュークラスメイト編

クラスメイト編の海水浴メンバーは朝姫、美由、つづみ、葵。


「弥月美由」
ピリオドいい子ちゃんキャラその一である委員長。
できる委員長タイプではなく、ToHeart2の愛佳的なほっとけない系委員長。

このシナリオでは朝姫がかなり出ずっぱり。
美少女ゲームでは珍しい、女の子同士の特異なテンションのやり取りが描かれるのが見所。

シナリオテーマ的には友情か恋愛かなんだけど
朝姫の方にはその気がない(?)ので三角関係にはならないで決着。
もし朝姫にその気があったらヤンデレモード発動しそうなくらい美由のテンションはいい意味でもわるい意味でも高い。

まるで芝居のようなムズムズした恋愛展開は悪くはないし、眼中になかった美由がかわいいと思えるくらい恋愛シナリオとしては良く出来てる。
良く出来てるんだけど、全てが美由の確信犯的行動に思えてしまうのは自分の心が汚れているからだろうか? まぁ結果的に幸せならいいんだけど……。


「水原つづみ」
体験版部分(オープニングムービー前)だけを見ると最初に出てくるヒロインかつ最後を締めるヒロインであるつづみはある意味主役級?

シナリオは宇宙人系というか非人類系の設定を持つ。
ただ、そこが中心ではなくあくまで味付けになっていて、本質はつづみの成長物語。
トンデモ設定を逆手にとった高校生(?)ではありえない低学年的少女の成長物語を描いている。

他のシナリオでは言動が異常なだけのキャラに見えるがルートに入ってからのかわいさはかなりのレベル。
何故か主人公のことを頼りにしているんだが、そのあからさまな頼り方がまた極上。

少女の成長物語の定番、動物も出てくる相変わらず手堅い作りのシナリオ。
でも声優の演技も含めたつづみの独特の魅力でプレイ中の楽しさは8人の中でも上位ランク。

正統派の異人もの、成長ものできれいに締める、と見せかけての最後のオチはある意味台無し。
まあ、つづみの言動の理由がわかるタネ明かしでもあるんだけど、最後の最後で幼女にすることないじゃん。

つづみシナリオの注目ポイントは何をおいても「ひかり」嬢
海水浴で出てくる迷子の女の子なんだけど、これが極上の幼女ツンデレ。
なにげにモブキャラで出てくる幼女全部に立ち絵がある(?)のがさすがリトルウィッチ。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-28 23:59 | ゲーム
Garden β版発売!
今日はGardenとFORTUNE ARTERIALの発売日。
こんなにワクワク楽しみなエロゲ発売日も久しぶり。

GardenをインストールしつつOHPをのぞくと「『GARDEN』についてのお知らせ」があった。
!!!!????(言語化不可のショック)
これって未完成品ってことですよね。
千歩譲って竜胆先生ルートがないのは許すとしても姫宮瑠璃のルートが無いのはありえない。
最初は姫宮の兄弟キャラかな? とか思ったら本人じゃん!

今までもキャラ別ルートが明らかにあるはずなのに削除されたゲーム(スクイズの言葉とかたまたまの小阪先輩とかetc.)は山のように存在したが
メインヒロイン(?)にあたるキャラクターのシナリオが無いってのは前代未聞だろ。

しかも発売日当日にパッチ公開、支援サイトも手配済みってあまりにも計画的過ぎ
完成版を発売する気全くなかったでしょコレ。
公開されてたマスターアップ絵がむなしく感じる。

とりあえず未完成ルート実装まで積み決定。
二人のルートが実装されるのは最低限当然として、有料別ソフトで提供とかになったら終わりだなCUFFSは。


(追記)その後のGarden
OHPの1/26、1/29分スタッフ日記で姫宮瑠璃と竜胆愛のシナリオについて
「執筆者トノイケ」「無償提供」の2点が発表。
未完成で発売したのは最悪の行為だが、その後の対応は最良の選択をしたみたい。

万が一、1年以上待たされたとしても、きちんとクオリティの高いものを出してくれれば個人的には許してしまう予感。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-25 23:06 | ゲーム
AYAKASHI アヤカシ(アニメ版)第7話
第七話 孤立

堀のキジムン編 前編
当たり前だが堀関連の18禁的部分はばっさり省かれている。
でも、あやつられるエイムが原作よりエロくみえるのは何故だろう?
いつもよりは作画に気合が入ってるのもあり今回の注目ポイント。

アヤカシ中最萌えをほこるキジムンだが電球のようにピカピカ光るだけでがっかり。
もやしもんの菌ばりにCGで大量に動くキジムンが見たかった。

相変わらず薄っぺらく、話の芯が抜け落ちた脚本。
ここで描くべきは屋上でのエイムとの対話シーン(ゲーム版第5話のアバン部分)だと思うんだけど
エイムというキャラを掘り下げるのに、ここほど必要なシーンもないのに。
最後の「全てが終わったら……私を殺せばいい」というエイムの覚悟が滲み出る一言もカットだし。

逆に陽愛には悪いけど、病院での話はすっぱり切ってもよかったほど。
陽愛自体この先、空気化が進む一方だし……。
(それ以上に悠の親父とのシーンは必要性ゼロだと思うが)

それにしても悪路王は今回もデカかった。
悠を踏み潰したら、足の裏に身体(しかも寝た状態の)が完全に隠れるってどれだけデカイのよ。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-23 23:24 | アニメ
765プロ 高木社長 オリジナルフィギュア
アイマスのMASTER ARTIST全巻購入特典
「株式会社765プロダクション 代表取締役社長 高木順一郎 オリジナル・フィギュア」
CDの発売が遅れたため応募期間が結構シビアだったが無事応募できてた模様。
a0066669_2141831.jpg

メディコムトイのKUBRICKって奴みたい。
ブリスターの台紙は初代765プロの組み立てペーパークラフト!
高木社長本体は黒一色のダブルのスーツ。

出して何するって物でもないし
このまま飾るのがいい感じ。
限定モノっぽさがにじみ出る一品。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-22 21:58 | フィギュア
ピリオド
Littlewitch6th Project ピリオド コンプリート後レビュー

2007年発売ゲームの中ではトップクラスの評価。
Littlewitchのゲームというくくりの中でも白詰草話の次に好きな作品になった。

体験版の時にも感じた日常シーンの楽しさというのがやっぱり最大の評価ポイント。
スタッフの今回はキャラクターを重視したという方向性が効果を発揮した感じ。
大槍絵の立ち絵も素晴らしいし、とにかくクリックして先を見るのが楽しみでしょうがない。


攻略対象ヒロイン8人という最近では少数派な大作仕様だがいい意味でコンパクトにまとまっている。
既読スキップの快適さもあり、2周目以降はボイスをきちんと聞いても一日に2人は攻略可。
延々とつまらないやり取りを見せられるだけの量産萌ゲームには激しく見習って欲しい位。

体験版後(オープニングムービー後)に学園祭が大きなイベントとしてあり、その後ルート分岐する。
ルート分けはクラスメイト、生徒会、その他の3ルートかな?
(エンドロールを見るとライターが4人いるのでライター別なんだろうか?)
ぶっちゃけルートによって海に行くメンツが変わるんだけど、どのルートでも存分に学園ものらしさを楽しめる。

その後の個別ルートに関しても、どのシナリオも必要なところをきちんと描いているので短いわりにダイジェスト感を感じることもないし(1キャラ例外あり)キャラの魅力を存分に堪能でき好印象。


個人的にピリオド最大の欠点は……ヒロインキャラの体型。
無駄にデカイのより小さいのが好きな自分でさえ、このぺたぺた度はなかったな。

ただ貧だ微だというレベルではなく完全な幼児体型。
しかもどんなキャラ属性だろうが全員ぺたという徹底ぶりには恐れ入る。

服を着ていればまだいいんだけど海での水着姿を見てしまうとかなり引く。
(水着シーンで引いてしまうって、美少女ゲームではある意味画期的ではあるが……)
キャラ造形的に琴先生とかはよくある子供体型な大人キャラだからいいんだけど
ふつうにクラスメイトや先輩という立ち位置のキャラがあれだと、どうしても違和感を拭いきれない。
逆にそういう属性持ちの人には神ゲーになる?


あと気になったのは主人公。
リトルウィッチ主人公にしてはめずらしく顔の出にくいキャラではあるが
その数少ない顔出しシーンがイメージ違いすぎ。
ゴツゴツした角ばったデカイ顔でどちらかというと頭脳派として描かれるキャラ描写と重ならない。


基本的にキャラもの恋愛ものなんで攻略順は任意でいいけど
朝姫と琴先生にはルート制限がかかっているので注意。
あえて言うなら幸奈先輩はつづみの後、鈴は幸奈先輩の前、小羽は葵の後がいいかな?
まぁ好きな順にやるのが一番だけど。


>その2に続く
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-21 23:59 | ゲーム
HGIF涼宮ハルヒの憂鬱4
前回あまりの出来の悪さに二度と買わないと言ったHGIFハルヒだが
かなりクオリティアップしてたので前言撤回、まあコンプセットを買うほどではないが。


長門有希 ネグリジェVer.(ピンク)
a0066669_023275.jpg

今回はかなり頑張ってる長門。
ネグリジェが塗装っぽさ全開のベタ塗りなのが惜しい。


朝比奈みくる トナカイVer.(開口)
a0066669_0273279.jpg

このみくるはよし。
a0066669_02753100.jpg

きちんとお色気担当をこなしてます。


キョン
a0066669_021220.jpg

ついにプロダクトモデルでキョン登場!
出ただけでもめっけものだから出来は置いておくが
顔はきちんとキョンに見えるし、着崩した制服もいい感じ。


涼宮ハルヒ ピンクビキニVer.
a0066669_0173742.jpg

顔は3に比べればかなりマシ。
でも身体つきがビッチというか変に肉感的でハルヒらしくない。
右足の分割線とか今時ありえない手の抜きようだし。
4人の中ではハズレかな。


好みのバージョンを選べたら買ってもいいレベル。
自分も好みの4体セットがあったので購入した形です。
[PR]
by nayuta_m | 2008-01-20 23:59 | フィギュア