<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
コミケ73二日目
二日目企業メインデー
今日は始発で到着、西待機列でエントランス広場まで上がれた。

一発目はTYPE-MOON。
昨日の光景を見て覚悟していたが開場時点の状態ではスロープ下まで列が伸びていた。
開場後どれだけ伸びたかはわからないが、スロープ下から購入まで3~40分くらい。
昨日途中で売り切れてたサントラも買えた。
拍子抜けと言えば拍子抜けだが始発で一番目に並べばこれくらいが普通になって欲しい。

二日目企業は楽に買えるの法則健在
昨日意味不明に列が長かったところ(CUFFSとか)も今日は楽勝。
会場自体の混み具合もふつうに戻った感じ。

そんな状態の中、中途半端に人気のあるブースの完売が痛かった。
個人的にチュアブルソフトのシュガスパセットが買えなかったのが痛すぎ。
チュアブルは毎回欠かさず買ってたのに。
みんなそんなに司が好きか!?

午前中に企業も回り終え、欲を出して東館へ。
恋盾の原画家サークル「みりおんばんく」へ。
超長蛇列だがもうやる事もないのでそのまま並ぶ。
昼になると天候が激変。極寒の風が吹きつけてきて過酷な行列に変化。
それでも買えてれば文句なかったんだが2時間並んだところで完売。
……結果論だが、あれだけ列があったんだから早めに一限にして欲しかった。

ローテンションで帰宅時についに雨が土砂降りに。
「雨に降られて買えないのよりマシだったなラッキー……」とポジティブシンキング。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-30 21:33 | イベント(同人系)
コミケ73初日
2007年冬コミ一日目

予報では雨となっていた天気、昨夜は結構強い雨が降っていて心配したが
当日はパラつくことはあってもほぼ影響ないレベル。

今回むちゃくちゃ久しぶりに東に並ぶ。
駐車場がなくなったとは聞いていたが、こうなったか……収容可能人数は激減してるな。

さすがに東に並んだだけあり、始発を逃したにもかかわらず開場時には東館通路の真ん中あたり。
開場3分後には列に並んでるのは新鮮。

初っ端は個人的定番bolze.
あとは島中中心に東館をまわった後12時前に企業ブース突入。

TYPE-MOON列はコスプレ広場の突き当たりで下へ降りて(!?)西館を大回りにまわって企業ブースのいつものスロープを登ってくるという、壮大な行列に。他人事な(並ぶ気のない)人間にとっては見ごたえのある光景だった。明日はがんばろう……。

大手どころがこれでもかと人を吸収しているにもかかわらず、企業ブース全体が恐ろしい込み具合。
空いてる空間がどこにもないという今までで最高レベルの混雑。

チェックしたブースの中で列が酷くないところをつぶしていく。
その後最初に並んだ長蛇列がオーバーフロー。
ここがまた超鈍足進行。
結局2時間以上も消費した。
列の先頭付近でコミケ初(?)の年齢認証。
a0066669_20451661.jpg

まさにNice boat.
こんな事してるから遅くなってるんじゃねーの
と思ったら販売が2列ってどこの弱小メーカーだよ!
人手は不足してないみたいだからもうちょっとレジを増やしてくれ。

時間はかかっても物は切れなかったようで無事紙系アイテムは全ゲット。
紙袋とセットのスペシャルブックはいつもと違いコピー誌。
でもその内容はSchoolDaysファンなら必見なので、あの行列に並ぶ価値はあった。

その後なのは、ave;new、リーフ、VisualArtsと超行列がおさまってきたブースを効率よく潰せて自己満足。
明日、明後日のために閉会時間ぎりぎりまで粘って本日終了。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-29 21:08 | イベント(同人系)
AYAKASHI アヤカシ(アニメ版)第3話
第三話 代償

今回だけでパム編終了。
あまりにもはしょりすぎ。
話は上っ面をすくうだけ、キャラの魅力も、コメディ部分も拾う気がないらしい。

前半でのパムとのふれあいを描かないのでパムを助けることに何の説得力もない。
それ以上にエイムとの日常シーンを描かないのは致命的な気がする。

真田の取り巻きがあっけなく死んだけど
原作じゃ生きてるよね、続編のHで出てきた気もするし。
まぁ意外な活躍が用意されてるわけでもないので別にいいんだけど。

見所のはずの悪路王の初登場シーンも「アヤカシは一人一体」の説明なし
演出の気合なし、なのでただ出てきただけで衝撃も感激もなし。

にしても悪路王でかっ! さすがにここまでデカくないだろう。
小型のMSくらいあるんですけどコレ。
a0066669_22525388.jpg
a0066669_2253828.jpg

原作比2倍はあるな。

次回織江登場! いやっほー!
イワナも出るよ。
展開早すぎ。まぁ全ルートを何らかの形でなめるつもりならそれでも足りないが。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-26 22:53 | アニメ
機動戦士ガンダムUC 3 赤い彗星

やっぱりガンダムというモビルスーツはこうでなくっちゃ
ユニコーンガンダムのかつてのRX-78を思わせるような圧倒的な性能描写。
ガンダムの性能差で赤い彗星と伍する戦いをするという、まんまファーストガンダムなシチュエーションを自然に受け入れることができる話の流れと構成もマル。

逆にサブタイトルにもなっている赤い彗星の再来フル・フロンタル
そのシャア発言に関してはちょっと微妙、というかギャグにしか聞こえないのがつらい。
あまりにも色々な所でネタとして使われている名セリフというのが原因なんだけど。

物語自体もあっさり連邦の戦艦に乗り込むマンネリ展開かと思いきや
ラストで袖付きに捕獲されてしまう所は小説というメディアを考慮しても急展開。

一巻二巻でSF的な描写をじっくりやったおかげで
アニメ風になってきたモビルスーツ戦もリアリティを保っているし

前巻までのF91の焼き直し的イメージも薄れてきて、純粋に先が楽しみになってきた。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-25 23:59 |
ひぐらしのなく頃に 怪 現壊し編

話も進んでないのに? と店頭で目を疑ったが間違いなく詩音主役の現壊し編の単行本。
でも内容は書き下ろしがあるわけでもなく
足りない分は鬼曝し編の単行本未収録原稿を収録。

巻数もついてないし事実上打ち切り宣言ということか!
第3話の最後のページに小さく「完」の文字が挿入されてるし!!

竜騎士か鬼頭のどっちが原因かはわからないけど
ここまで期待させてそれはないでしょ。
商業化に熱心な出版側の事情で打ち切りとは思えないし……。


鬼曝し編からの収録エピソードは2つ

「裏返し編」
鬼曝し完結後にコンプエースに載ったネタ系の楽屋落ちマンガ。

「鬼曝し編after」
鬼曝し編 プレミアムブック収録の鬼曝し編後日談にして真のエンディングと言っていいエピソード。
プレミアムブックを持ってる身としてはちょっと悔しい気もするけど
鬼曝し編完結には必須な話なので、こんな形でも公開されたのは作品的には幸運だったのかも。


現壊し編の未完宣言は残念だが
内容的には非常にクオリティが高いので未読ならば強くオススメ。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-23 23:30 |
BS11 トップをねらえ!& トップをねらえ2!
先週4話まで放送した「トップをねらえ!」の続き、最終2話放送。
科学講座なしというアリエナイ仕様だが後編のトップ2のため録画。

なんと最終話がワイド仕様に!
元の擬似ワイド部分の拡大だけど……。
やたらと画がぶれるのは元から? 
それにSDの拡大だから、かなり粗くきれいとは言い難いが
これは要保存、録画しといてよかった。

そして「トップをねらえ2!」
美しい! 美しすぎます!
SDアプコン放送とは言え、元ソースの差からトップとは別次元の画質。
ワイドハイビジョン放送最高!

特に1話冒頭の雪景色は圧縮にやさしくない画だからAT-Xで見たときとは段違い。
これでAT-Xの擬似ワイド、テロップ入りまくり録画は廃棄決定!

元がHDでダウンコンバートされた市販DVDとSDにダウンコンバートしたものをハイビジョン放送するのとではどっちがきれいなのかな?
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-21 23:59 | アニメ
リボルテック ヘルダイバー&ブロッケン
リボルテック12月ラインナップの2体。
この2体をチョイスしたという事だけで海洋堂最高!
そして出来はそれ以上に最高!!


ARL-99 HELLDIVER
a0066669_23443528.jpg

レイバーがどうとか言う以前にロボットとしてむちゃくちゃカッコイイ。
つや消しのミリタリーグリーンや背中の陸上自衛隊の文字とかもう全てが素晴らしい。

リボは可動メインでギミックを義性にしてきたイメージだったけど
今回脚部のダイブブレーキ開閉を再現。
機関砲と本体のチューブ接続(?)を再現してたりと可動以外にも注力。
これは他メーカーがますます太刀打ちできなくなる予感。

唯一の不満は空挺レイバーなのに台座用の穴が足裏しか開けられてないので
降下シーンを再現して飾れない事くらい。


TYPE-7 BROCKEN
a0066669_23574655.jpg

赤の限定版もあったが購入したのはTVバージョンの通常版。
ブロッケンのイメージと言うとやっぱこっちでしょ。

つや消しボディに関節部のメタリック色が非常にはえる。
独特のマッチョボディを再現してていいんだが、その分可動が制限気味。

ヘルダイバーはディティールの凄さがあったが、ブロッケンはシルエットが美しい。
首周りとか背中とか独特のデザインも見惚れる。


2007年ラストを飾るに相応しい出来。
来年一発目は鉄人28号だし、グレンラガンもひかえてる。
やっぱロボのアクションフィギュアはリボルテックが頭抜けてるな。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-20 23:59 | フィギュア
RD-A301
RDバカ参上!

正直ブルーレイでもHD-DVDでもどっちでもいいんだけどRDじゃなきゃダメなんでA301購入。
未完成品とは言え予測されていた発売日の最も早い日にちに合わせてきたことは評価。

筐体は薄くなっているけど奥行きがかなり増加してて微妙なところ。
今までギリギリのラックだと確実に入りません。

キャンペーンには速攻応募。
シャア専用スタースクリームは初トランスフォーマーになるし
HD DVD版トランスフォーマーもかなり楽しみ。
HD DVD-R5枚も換算すれば購入価格が数千円下がるしいいキャンペーンだ。

当面を凌ぐためにi.Linkケーブル購入。
さっそくメインの地デ録マシンRD-S600からのムーブ実験。
ダビング先をD-VHSにしてあっさり(と言っても実時間)ムーブ成功。
ちょっと感動、というかこれを普通の外付けHDDにできるようにしてくださいよホント。

地デジコピワンの30分アニメを6本ほどムーブしたが失敗はなく安定動作。
ケーブルはエレコムのS400対応の物を使用。
AV用よりPCパーツ用の方が千円くらい安かったんだけど問題ないみたい。

コピー先(A301)ではレート変換ダビング中のように何もできないが
コピー元(S600)ではVRモードに固定されるが、放送切り替え、入力切替は自由に出来るので放送を自由に見ることだけは可能。
録画がないテレビ生視聴時にやるのがデフォになりそう。

試しに捨て録画したものを予約にかぶるようにムーブしてみたら見事にぶつ切れてS600とA301に引き裂かれました。
ムーブ前の予約確認は確実に。

ムーブ先のデータは付帯情報どころか名前まで消えて移動されるのは生動画だけ。
これってホントにデジタルデータtoデータになってるのかな。

とりあえず期待してたH.264トランスコーダーの評判が悪いので当面はムーブ先専用かな。
(コピワンのせいで試し変換もできないし)
それってA600買った方がよかったってことですよね……。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-19 22:51 | デジタル系ハード
S.I.C.匠魂VOL.9
バイクセットがあるのにメインが響鬼な匠魂第9弾。


仮面ライダー響鬼
a0066669_22292184.jpg

ボリューム、出来共に文句無しで一番。
ただ台座の穴の位置が恐ろしくずれているので写真では使用していません。


THE FIRST 仮面ライダー1号
a0066669_22213474.jpg

響鬼と比べるとあまりにもボリュームがないためハズレ感が強いが出来そのものは悪くない。
少なくとも前回のアギトよりはよっぽどマシ。
ただFIRST自体が人気があるとも思えないのにアイテムが出過ぎて食傷気味。


THE FIRST 仮面ライダー2号
a0066669_22253286.jpg

いつものカラバリが2号に。
カラバリというより別アイテム感が強く悪くない感じ。


ロボット刑事Kパワーアップバージョン(ハッチオープン)
a0066669_22283274.jpg

今回のシークレット。
台座の指がリアルすぎて気持ち悪い。
レッドメタリックのボディにハッチオープン状態とシークレットに相応しい出来だが
響鬼狙いで、でかいの抜くとコイツが出るパターン多し。
ググって見たが「ブローアップバージョン」って言うのが赤いKを指すのか、ハッチオープンを指すのかよくわかりません。


バンダイの仮面ライダー系の製品はどんどんダメになっていってるが、匠魂は健在。
ひとつだけ問題だったのは響鬼が1BOX12個中2個しかなく、しかも抜かれやすかった事かな。
個人的には匠魂のバイクは全く好みじゃないのでやめて欲しい所なんだけど
特に好き嫌いがなければボックス買いでOK。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-17 23:03 | フィギュア
娘姉妹
とりあえず一周目終了したのでファーストインプレッションレビュー

>パッケージ
気になったのは注意書き
「本作品におきまして登場人物同士の血縁関係等はございません」
って意味が分かりません。作品タイトルすら否定してるじゃん。
あと何気に腹ボテイベントCGがあるんですけど……。

>娘姉妹 Art Collection
直前まで迷ったけど最終的にsofmapで購入。
sofmap特典の原画&ラフ集はかなり満足な内容。

テレカ絵が一番しょぼかったsofmapだけど、それは書き下ろし素材が「Art Collection」の表紙仕様(表亜純、裏小鈴)だったからの模様。
二枚組にするほどの作品じゃないしって所だろうか?

ラフ集(初期設定)の方はゲーム中では見えないバストアップより下が見れるし、野々原幹ファンなら普通にうれしいはず。
この作風&ボリュームだとビジュアルファンブックの発売は微妙だと思うので、その意味でも貴重かな。

後半はイベントCGの線画が掲載。
一周した感じではおそらく全イベント網羅してるはず。
(追記:網羅してませんでした……)

ラストには販促イラストが5ページ。
どこで使われたのかはわからないがコメント付きラフイラストが同人誌風で非常にマル。

装訂もカバー仕様だし版型も同人誌と同じB5でパッケージより大きい。
これで他店の書き下ろしテレカ画が載ってればパーフェークトだったんだけどな。
とりあえず探して入手する価値のある一冊。

>システム
ゲームは大きく3部構成になっていて
本格的な育成(?)開始までの1部、育成開始後の2部、その後個別ルートに入る模様。
どっちにしても選択肢はキャラ2択。

選択肢=イベントCG1枚=1エチシーン
というエロ系エロゲの標準フォーマット準拠。
CGが1枚というのは少ないが差分を利用してうまく作ってはある。
(追記:複数CG使用もいくつかありました)

物語的部分は繋ぎの部分に少量ずつ挟まれるだけで
「初恋」なんかの恋愛ADVとは全く異なるシステム。

次回キャラ別レビュー予定。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-16 23:59 | ゲーム