<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
GUNSLINGER GIRL vol.8
銃を持った少女というオタ系漫画ではありがちの一つだったガンスリ
それが今や別物のように話の深みが増してる。

特に二期になってからはキャラの年齢が上がったのと集中して描かれてるのもあり
見るのではなく読ませる漫画に変化してるのがすごい。
オタ系漫画の中ではもはや別次元レベル。

最後のシーンなんかも告白シーンでグッとくることなんて滅多にないが
こいつにはやられた。

そんな中、一期生の話が出てきたと思ったら「ゆっくりと終わりに向かってる」って言葉にゾッとする、がとりあえずふつーに見えてひと安心。

でも巻末の予告が切なすぎてアカン。
アンジェリカは先行した分、何でもトップバッターなのはしょうがないが……。
とりあえず二期生ペトラ編は一区切りみたい。
ここまで描いとけば一期生に混じっても感情移入的には見劣りしないな。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-31 10:03 |
コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話
stage23「せめて哀しみとともに」

最高に盛り上がった最終回でした……って終わってないよ!
残り二話が後日放送ってのは聞いてたけど2007年夏ってのは空きすぎでしょ。

予告もなかったから、放送枠以前にモノ自体が出来てない?
間が空いても、このテンションを維持したモノを作ってくれれば文句ないけど。


スザクに救い出されたユーフェミアは一瞬生かすのか? と思ったがきちんと死亡。
あのまま生かされるのが一番残酷だからユフィにとってもあの時点ではベストの結末
ただコーネリアがどういう態度で接するかは見たかったかな。

皇神楽耶(スメラギカグヤ)があんなロリ系キャラだったとは
カワイイス、ナナリーの立場が危うい!ロリ萌えキャラとしての。


一番の見所であり、一番盛り上がったのが最後のルルーシュとスザクの会話。
あのスザクがあんな抑えたトーンで話すこと自体がただ事でない上に
あの会話で互いに全てがわかっているところがホントに友達。

ただスザクがこれで単純な復讐者になっちゃうと今期の盛り上がりには貢献するが
二期を考えるとどうなのよって所。


その他にもオレンジ復活とかニーナの○兵器ついに登場か!?とか盛り上げすぎなのに、このお預けはつらいな。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-30 21:43 | アニメ
プラム(あいすとちょこ2005冬コミ)
当時ネットで見てその出来のよさから
ずーっとも欲しかったこのフィギュア
同人誌なしのフィギュアのみが安く売ってたので購入。

意外なほど頭身が高い、というか足が長~い。
フィギュア自体もかなり大きい。
a0066669_018576.jpg

正式には浮き輪を付けているんだけど
せっかくのヒップが隠れるので前に持たしてます。
この背面のラインはすばらしい。

モノが大きいだけあって顔の方も七尾顔を再現。
かわいいス。

遅ればせながら買ってよかったな出来。
七尾奈留フィギュアの中でもかなり上位ランク。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-26 23:41 | フィギュア
コードギアスDVD3巻
今回の初回特典はオリジナルハンカチ
着実にどうでもいい特典に移行してるな……。

本編の方は第5話「皇女と魔女」から第7話「コーネリアを撃て」までの3話
本放送時もちょっとテンションが落ちた部分で内容もそれなり。

ユーフェミアの初登場は、先週のテレビ放送の印象が強く複雑な気持ち。
登場時はすぐ消えるかと思っていたコーネリアだけどいまだに健在なのはさすがだな。
ここで負けてルルーシュは組織を作ることを決意する、欠点を把握しそれを順にクリアしていく所が一番の能力な気がする。

映像特典のピクチャードラマ第三弾はスザクの日常?
一枚絵が2枚だけという、今までと比べて一気に手抜き仕様に。
スザクとリヴァルという珍しいカップリングなのでそれなりに価値はあるかも
後半はロイドファン必見? エンディングもロイドさんが歌ってくれます。

全体的に小休止っぽい内容だった、テレビ放送が今盛り上がり過ぎな分ギャップが激しい。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-25 23:59 | アニメDVD
刀話 カタナガタリ 第一話 絶刀・鉋(かんな)
12ヶ月連続刊行
挿絵も戯言の竹というゴールデンコンビ
この気合の入れようから
戯言なき後の西尾維新の新しいメインストリームになると期待して購入。


感想
つらかった、こんなに読むのがつらい小説も久しぶり。
3冊目が出てる今頃にやっと読み終えられた。

何をおもしろがればいいのか最後までわからない、ある意味ミステリー小説。
こっちは打つ気(楽しむ気)満々だったのに牽制で歩かされた気分。


とりあえず戯言シリーズとの違い

竹イラストは抽象化が進んでもはやキャラというより記号的。
そのせいで絵からキャラへは感情移入ができなかった。

西尾維新の長所のひとつであるキャラ
これがまた魅力を感じられない。
戯言であれほどチョイ役にすら光る個性を付けてたのに……。
今回登場人物がメインの4人しか登場しないのに、そこが薄いというか平凡で致命的。

第二の魅力である設定
今回も「無刀の剣士」というキャッチフレーズまではよかったが
実際読んでみると、えっと陸奥圓明流? レベルでなんの驚きもなし
イヤ、マジでこれでいいんですか?

もう一つの軸である伝説の十二本の刀の設定や名前なんかも、西尾チルドレンの投稿作か? と思いたくなるほど。


西尾維新だけに、これから化ける可能性は十分にあるとは思うけど
第一巻だけの印象は最悪。
長丁場だからこそ一発目はインパクトのあるものが必要なのに、あまりにテンションが低すぎる。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-24 23:52 |
コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話
stage22「血染めのユフィ」
ユフィの血染めがこっちの方向でくるとは完全に予想外。
というか見終わったときは呆然となったよ、製作スタッフはここまでやるのか……。

虐殺自体は第1話から描かれていたけど
今回はインパクトが違う。
これもユフィの人徳かな。
直前のアップ画の神作画とかルルーシュに負けを認めさせた青臭いシーンとのギャップが凄まじい。

出し惜しみのないネタの詰め込みと展開の早さも加速
恐るべしコードギアス。

ユーフェミアがどうなるかも気になるが(命令的に解除がなさそうだし)
それ以上に、あらゆるものを失ったルルーシュの闇の深さの今後に期待。
自分の中でコードギアスのランクがまたひとつ上がった。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-23 21:08 | アニメ
麻雀OG Wars
スパロボオリジナルジェネレーションキャラの脱衣麻雀
という同人ゲームではありがち過ぎる形式のこのゲーム。

ネタ的に買ったんだけど、予想外によくできていて
スパロボ好きで、脱衣麻雀がキライじゃなければ是非プレイをオススメ。


「システム」
脱衣麻雀としてはオーソドックスなイカサマ技ありの二人打ち麻雀
プレイヤーキャラにスパロボ風の能力値、精神コマンド、スキルなんかが設定されていて
スキルやアイテムの中身はテンパイとかツモとかの麻雀力(?)に置き換えられている。

それらが単に似せましたっていうレベルじゃなく、まじめに作られていて
スパロボプレイ時に感じた、どれをスキルアップさせるか、どのアイテムを装備させるかっていう悩みを再現出来ているのがすごい。

麻雀の難易度的にはきちんと能力値を上げていけば、つまることのないレベル。
初期の非力な時は多少麻雀の打ち方が必要だけど
成長してくると単なる絵合わせで豪快に勝っていけます。
麻雀自体よりも、スキルの使い方育て方に重点がある感じ。


「キャラ」
男も含めて全キャラ13人フルボイスで
似てる人はむっちゃ似てる、そうでない人もそれなりに
なんで違和感は結構ない。
そのメンツも納得のメンツ。
オリジナルジェネレーションというよりもαシリーズって感じだけど、それは逆に良。

男は5人でプレイヤーキャラも兼任。
選ばなかったキャラは敵になります。
腐女子向けではないので脱衣しません。一枚絵のCGもなし。
キャラ育成のためのスライム的立場かな?

女性陣は7人+ラスボス
原画家が複数人いるんだけど
個人的重要キャラを好みの人が描いていて大満足。
クスハとラトゥーニは原作よりこっちがイイデス。


「脱衣」
脱衣シーンは一人3シーン。
HARDで勝たないと3シーン目までは見られません。
育成の関係上EASY、NORMALと順に戦うことになる。

ゲーセンやコンシューマの脱衣麻雀と違ってきちんと最後のシーンまであるので
がんばって撃破する甲斐はある。
しょせんCG一枚にクリック2,3回分のテキストなんだけど
あのキャラのあんなシーンが! と思うとやる価値はあるし、妄想力のレベルが高ければ充分実用性もある?


意外なほど遊び甲斐があるので
OHPでキャラ絵を見て問題なければ買い。
同人ゲームとしては花マル評価。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-21 23:35 | ゲーム
お姉チャンバラvorteX
ONLY ON XBOX360な次世代機版「お姉チャンバラ」ファーストインプレッション

とりあえず千早でベストエンドも見たので他の360ソフトやろうかなと2個目を物色。
色々ある3Dアクションの中から銃より剣でしょでお姉チャンバラをチョイス。


「グラフィック」
メーカーの力量の違いなのか、コンセプトの違いなのかわからないが
ロストプラネットの体験版と比べると3Dのゲーム舞台は密度が薄い感じ。
アイマスとかはD4だけど、こいつはD3出力なのも関係してるのかな?


「アクションシステム」
思う存分湧いてくるゾンビを切りまくるんだけど
バカゲーという先入観を消し去るほど色々できることがあった。

このシリーズ初体験の自分には
連続攻撃のタイミングで発動するCOOLコンビネーションとか偶然以外で発動しないし
コマンド攻撃もとりあえず出ない。
快楽型の皮をかぶった修行型ゲームという印象。

ゲームシステム自体も1プレイやりきりの普通のアクションゲーム的ではなく
同じステージを何回もやってのスキル上げが可能になっていて
PSOなんかに近い感じだった。

暴走状態のコントロールとか見切りシステムとか
結構奥が深そう。


「着せ替え」
そして一番の見所はドレスアップモード
ゲーム中取得したコスチュームで好きに着せ替えが可能。
アイマスに通じるところがあります。

でその中で一番の目玉コスチュームはやっぱ何も無し……。
何も着せない下着姿が選択出来ます!
しかもボーナスコスチュームなんかじゃなく、初期状態から
何も着ないんだから当たり前な気もするが
ふつーのゲームはそうしないよ、D3太っ腹! 漢だよ!!

これにプラスして返り血カラーエディットで何故か白が選べてしまうので
何のゲームをしているのかわからなくなります。
2Dパーソンの自分にも訴えかけてくる熱いモノ。


一本で二度おいしいというかある意味懐の深いゲーム。
出来が良ければ良いほどAmazonから届いたのがサントラ付きの初回版でなかったのが悔しい。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-19 23:59 | ゲーム
S.I.C.Vol.36 仮面ライダーギャレン&カリス
久々のS.I.C.購入
噂には聞いてたけどブレイド系のクオリティの高さは半端じゃない。

仮面ライダーギャレン
a0066669_13469.jpg

恐ろしくカッコよくなっちゃってます。
マッチョ系のアレンジで肩アーマーの分厚さとかマスクの出張り方とか最高。
今までのS.I.C.の中でもトップクラスの素晴らしさ。


仮面ライダーカリス
a0066669_143257.jpg

アレンジは控えめ
でも充分にかっこいい。


ジョーカー
a0066669_145192.jpg

カリスを換装
凹凸のある複雑なボディの造形にグリーンのアクセントが効いている。



響鬼で冷めてきてたS.I.C.熱が再燃してくるくらい
満足度の高いアイテム。
だが手放しで褒められるかというと
ネックは換装システム

GUNDAM FIXでもそうだが買う方はカケラも望んでない気がするんだけどこの仕組み。
ただ箱から出すだけでもめんどくさいS.I.C.
その上換装に何十分もかかるのは勘弁。

何が言いたいかというと
今回もカリスの右ひじのポールジョイントがもげてしまった。
このキツキツのポールジョイントは早々にやめるか金属ジョイントにしてください。
出来がいいだけにホント悲しすぎるから……。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-18 23:50 | フィギュア
Kanon 最終話
アニメ版カノン
最終回第24話「夢の果てのカノン~kanon~」

予想通りエピローグな最終話

あゆの奇跡で続々復活する面々。
でも春じゃなくて2月に栞が復活って早すぎる感がある。
卒業式までって言ってた舞とかはそのままでもいいんじゃないとか
でも真琴はいない……やっぱ真琴は大人な真琴さんで置換か。

ゲームでは省かれた病院でのあゆとの再会は良。
短くなるどころかロング状態のあゆはかわいいね。

そして流れる月日。
ここまで引っ張るとは、奇跡を使ったあゆだからこそ奇跡なしで復活するというスタンスか
奇跡で全員ハッピー復活よりは、奇跡の使い方のバランス感もいいし
オリジナルな展開としてはかなり評価できる。

最後はやっぱり帽子あゆで締め。
このシーンに1年間の重みを加えるのはよいが
車椅子に乗せる必要性はなかったんでは?
ってみっしーは結局1シーンのみ、セリフすらなしですか……。


今回の京アニ版Kanon
期待を裏切らない良作ではあったが
原作アップデート職人京アニという認識が変わった気もする。
原作をなぞってる部分の方がムリが顕著で
逆にオリジナル部分の方がいい印象だった。
(真琴シナリオまでは最高の原作アップデートぶりだったけど)

ラストのあゆのエピソードをもっと突っ込んでわかりやすく描写してたら傑作になった気もするけど
大量放送されるアニメの中で見るべき作品であることに変わりなし。


特報!?
いやっほぉぉぉぉぉぉおおおうい!!!
京アニ版(?)クラナド製作開始!!!!!
メグメルがテレビから流れる日がくるとは。
出崎版だけじゃなくてほんっっっっっっとによかった。
これはもう4クールくらいでやっていただきたい!
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-16 01:50 | アニメ