<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ゼーガペイン ~最終話
ゼーガペイン全26話を通してみて素晴らしかったの一言。
やっぱオリジナルのいい作品を見るってのは極上。
新しい物語を知る楽しみ
どんなにハルヒが素晴らしくても原作付きではこのおもしろさは感じられない。

ラスト5話たっぷり使った最終決戦もいい。
昨今の駆け足ラストの作品は激しく見習って欲しいところ。

オリジナルのロボアニメということで比べると
あれだけプロモーションをやっていて内容は盛り上がらなかったエウレカに対して
プロモ展開は明らかに貧弱だったゼーガがここまでいい作品になってるのも皮肉な点。
時をかける少女といいプロモでは弱体なものが素晴らしい作品になるって傾向は何が原因だろう?

新型のアンチゼーガ・マインディエ登場もロボモノとして燃える展開。
それに対して積層化QLでのパワーアップもへたに新型機が出るより燃える。
この辺もスポンサーの力が弱いことが好影響した感じ。

キャラの使い方も絶妙。
ラストに備えてこれまで単なるオペレータでしかなかったクロシオとイリエのキャラ立てをしとくとか
3体のゼーガペインでいち早くオケアノスと共に消えたと思われたフリスベルグが最後にまた重要な役割で出てきたり
バランス感抜群の構成は素晴らしい。

途中カミナギのセレブラント化でフェードアウトしてたシズノ先輩の話をきちっと伏線を回収して締めてるのもすごいの一言。
並の作品ならどっちかが消えてしまってもおかしくないのに
そして実体をもたない人工幻体と最初の復活者という最も遠い存在になる二人
この辺のくだりは25話ラストの展開も相まって涙モノ。

最初はありがちな仮想世界モノと思っていたんだけど人類滅亡が明かされるあたりから加速度的におもしろくなった。
ラスト付近の熱い展開は確かに伊東岳彦、あと赤髪の主人公もそうだな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-30 23:59 | アニメ
ソフビ魂 X、龍騎、カイザ
実物のスーツ再現度が高いソフビ魂
相変わらず出来はいいんだけど……前回に引き続き細かい塗りが雑ではみ出しが目立つ。


仮面ライダーX
a0066669_23422525.jpg
嫌いじゃないんだけど、なんかラインナップに入ると穴埋め要員っぽく感じてしまうX。
このシリーズ標準仕様でベルトバックルに透明パーツ、目の中には複眼再現。
Xのフィギュアとしてはライドルを抜く直前というのが珍しいかな。
単に長モノをつけるのを回避したようにも見えるけど。


仮面ライダー龍騎
a0066669_2342328.jpg
クリアパーツを使用したレッドアイの再現がかなりイカス。
これは是非リュウガも出して欲しい。
でもこれもスリットの塗装がボロボロで台無し……。


仮面ライダーカイザ
a0066669_23425240.jpg
アルティメットソリッドとほぼ同じポーズで登場。
ふたつを比べると方向性の違いが明確にわかっておもしろい。
あくまでスーツ再現至上のソフビ魂とよりスタイリッシュにアレンジが入っているアルティメットソリッド。

ソフビ独特の軽さとその大きさは他のライダーフィギュアにはない魅力
ただ最近の塗装の雑さはいただけない
昔レベルの塗りに戻らないかな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-29 23:22 | フィギュア
ローゼンメイデン7
店頭で一目見て初回限定版は回避
まさかあのサンプルのまま出てくるとは
あのヘルメットぶりと顔はないでしょう。

7巻は雛苺の退場と第7ドールの本格登場の話
絵だけが突出しているオタク系漫画とは真逆をいく心理描写の深さと物語はもはや別格。
その上絵まで極上でギャグ、シリアス共にその表情描写が小説以上の心理描写になってる。
PEACH-PITすごすぎ。

水銀燈はさらに主役度アップ。
第7ドールとの対峙シーンなんかはゾクゾクした
めぐとのコンビもラブラブ度上がりすぎだし

数合わせで出てきた感のあった金糸雀もいい味出してきて
そのマスターも話にからんできた
やっぱキャラは大切にしないと、だな。

雪華綺晶がオディールをマスターと呼んだってことはあの指輪は雪華綺晶とのものだったのか……ちょっと待て、水銀燈がめぐにはめた指輪ってもしかして!?
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-28 23:30 |
カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!
AT-X視聴なんで特典映像無しの本編のみレビュー

どんな名作も息の長い作品もSDが出てくると寿命の終わりだけど
ついにカレイドスターも終了か……。

しかも今回はポリゴンSDというダブルショック

オープニングから見ててかなり苦しい。
一番イメージが近いのはカラオケでアニソンを歌うと流れてくる適当なアニメ。
これを見てうれしい人っているんだろうか?

本編は短編が3本。
SDにふさわしい内容で本編のようなマジメな部分はなし
アニメ本編だけを見ていた自分的には必要がないモノみたい。
麻婆豆腐の作り方アニメ、ディアボロ入門アニメとしてはそれなりの出来だけど。

これはどうなんだろう、特典映像メイン?
物語としてのカレイドスターが好きだった人には回避推奨。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-27 23:13 | アニメ
宇宙のイシュタム
角川コミック・エース 機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム 全4巻 飯田馬之介著

個人的にガンダムエースの目玉連載だったイシュタム
休載後いつの間にか再開して完結して見逃していたのを再読&読了。

やわらかい童話のような絵柄に反して、描かれる過酷な物語と描写は他にはない魅力。
戦争モノとしての甘えを許さない過酷な描写とSFとしての設定世界描写が
相乗効果でリアリティを押し上げている。

休載した影響かラストがあっさりしすぎで端折った感じがするのがおしいけど傑作であることは間違いない。
ガンダム世界を逸脱もしていないので正史に組み込みたいと思える作品。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-26 23:17 |
イクイップ&プロップVOL.5心滅獣身牙狼
前回の轟天に続く巨大アイテム
さすがにこれはないだろと思っていたけど、ホントに商品化したBANDAIはマジ馬鹿(誉め言葉)です。

届く前から後悔するほどの巨大さ、箱から出すのも一仕事
だが一度出して組み立てると
あの轟天すらかすむ存在感は圧倒的。
イクイップ&プロップはスーツモデルよりこういうクリーチャータイプの方が数倍いい仕事するな。
a0066669_23363422.jpg
上半身だけ見ると獣身というより巨大化最強バージョンといった感じで
ヒロイックにかっこいい。
これで最終回の巨大メシアとバトルのもよかったんでは。
a0066669_23365124.jpg

まあ全身をみると短足鳥足の獣身なんだけど。
人型下半身の完全版とか出ないかな……おそろしい大きさになるだろうけど。


どう考えても投売り確実の商品だが
数年後むちゃくちゃプレミアついてもおかしくない高クオリティの造形
かと言って買ってよかったかというと微妙なところ
とにかくデカくて飾るにもしまうにも困る。
フィギュア専用ルームがあるような人には文句無しにおすすめ。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-25 21:37 | フィギュア
舞-乙HiME DVD9巻
放送終了から約半年ついにDVD完結巻。
やっと開放された……と思ったらOVAのツヴァイですよ。
あれってZZをイメージしてんだよね、乙=Zに対して
今度は直後の続編ってとこも踏襲してるし。

本編はオーラス3話を収録。盛り上がりとおもしろさは変わりなく、見始めると一気に見てしまった。
今回舞-HiMEの時のような追加カットはなく、ノンテロップ版が収録されているのみ。
できれば終盤の戦闘シーンの追加とか欲しかったところ。

映像特典「舞‐乙HiME VS 舞‐HiME」は今までで一番しょうもない感じ。
HiMEと乙HiMEが闘う!……んじゃなくて
楽屋落ちっぽいというか漫画単行本のおまけっぽいというか、そんな内容。
どうせやるならスターシステムとかに言及してもっと突っ込んでやって欲しかった。

初回封入特典の「ガルデローベ出席簿2」も中の人にあまり興味のない身としては今ひとつ。
商品としてのプラス要素の満足度はこの巻が一番が低い。
でもそれを補って余りあるおもしろさが本編にあるからいいか。

ただ特典映像とは書かれていないけど舞-乙HiMEの商品CMを一通り収録しているのはポイント高。バージョン網羅ではないけど種別は網羅してるはずでアリンコのゼーガペインCMも入ってる。

残念と言えば告知だけだったPS2版のゲーム。けっこう期待してるこのゲームの動く画面が見たかった。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-24 22:43 | アニメDVD
リフレインブルーOVA 第2話~第3話
OVA版リフレインブルー完結編

第1話でのクオリティを落とさずに最後まできてくれた。
とにかく絵が門井キャラしてて、奈緒がかわいすぎるのがマル。

ストーリーは結局奈緒ルートのみで他はほぼなし
話をしぼったおかげで奈緒についてはきちんと物語が完結していて中途半端感はない。
見た目も私服、浴衣、水着と色々描かれるし、団子髪以外にもロングバージョンも登場。
ストーリー的にもキャラ的にも絵的にも奈緒の魅力が存分に描かれている。

反面メインである主人公の話は深景さんを含めて短縮されてる感じは否めない。
奈緒シナリオ自体が大切な人をなくした者同士という形なのでフォローはされているけど。
第3話で雫の話がほんのちょっとだけ入っていたがあんな中途半端に入れるならメインにさいた方がよかったな。

直接的な描写はないけどきちんと行くとこまで行く描写もあるし
海から助け出した後の風呂場のシーンなんかはそこらの18禁ものよりエロイ。
そんな所も含めて、いろいろ妥協のない作りが好感度高し。

リフレインブルーが好きだったならイメージを壊されることもないし、見て損はなし。
奈緒派なら必見。
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-19 23:11 | アニメ
舞-HiME 運命の系統樹 修羅 その3
PC版舞-HiME「命シナリオ」ネタばれレビュー

なつき、朔夜に続いて三人目のクリアシナリオ。
展開がTV版とほぼ同じでこれまでの3人の中では一番退屈だった。

せっかくの命シナリオなんだからいつも通り黒曜側についてしまうんじゃなく
別の展開を見せて欲しかったし、それを期待していたのに。

設定的には黎人を含めた美袋家について語られる。
アニメ設定と別とは言え相変わらずゲーム版の設定は興味深い。

美袋の実家に行く話は舞台が限定されているゲーム中ではかなり新鮮。
そこで会うなつきとのやりとりを含めて数少ない命シナリオの見所。

命のエレメントとチャイルドについては
アニメ版より納得の説明。
うまくミロク、クサナギとも関連付けてあるし
黎人の腹黒さも出てる。(というかこっちの黒曜の君は黎人そのままなのね)
その発動シーンからの燃える展開といい、スサノオかっこいい!

なんかアニメ版のストーリーにのっかりすぎて話の練り込みが足りなかった感じ。
やろうと思えば一番色々やれそうなキャラ設定なんで
なつき、朔夜以上にはっちゃけた話を期待してたのに。

ラストシーンに出てくる主人公の赴任先って……初音島ですか?
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-16 23:35 | ゲーム
アガツマ1/8夢野歌
アガツマのマイメロディ FIGURE COLLECTION 第一弾

最初のサンプル見たときはクロミよりキタッ!って感じだったんだけど。
製品版をみるとかなりテンションダウンしてしまった。

全塗装っぽい塗りと厚化粧のような顔は今ひとつ。
身体もかたそうでモールドももっさり気味、ガチャフィギュアを拡大したイメージ。
なによりこの表情のチョイスは疑問。
制服は制服でいいんだけどなー。
a0066669_165543.jpg
表情にあわせてホラーっぽく撮影。
これはこれでいいかも。

1/8スケールにしては箱も無駄に大きいし
最近のフィギュアのレベルの高さに追いつけてない。
クルミ・ヌイは今のところ出来よさそうなんだけど、どうしよう?
[PR]
by nayuta_m | 2006-09-14 23:35 | フィギュア