<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
時をかける少女
角川映画、「時をかける少女」初のアニメ化らしい。

巡回先で評価が高いのでオタクとして見ておかねばという理由で見に行った。
んだけど、そんなことはどうでもよくなるくらい、知人友人家族、誰彼かまわず勧めたくなるくらいの素晴らしい映画だった。

興味のある人は極力前情報を得る前に是非劇場へ。
ということで以下微妙にネタバレ。

時間移動のことをタイムリープと言うようになったのはいつからだろう。
昔はタイムトラベルとかタイムスリップとかだった気がするんだけど。
やっぱ電撃のタイムリープから?
そう言う意味で古典中の古典である「時かけ」でタイムリープと言われるとちょっと違和感。
特に芳山和子が言うのは。

話自体は力の乱用系なんだけどマイナスな副作用なんかもなく、あくまでライトに明るく描かれている。
お約束のタイムパラドックス的話が出てこないところも新世代のタイムトラベルものって感じがした。
タイムリープ自体はあくまでテーマをいろどる一要素になってる。

青春モノの物語として珠玉。
小さなスケールの物語を絶妙な構成と描写で密度高く描き出してる。
笑いをとるシーンなんかもきちんと笑えるし、とにかくよく出来てる。
ラストもここで綺麗に終わるか、終わるかと思うシーンでさらに続く。
やっぱりここまで描き込まないと人をふるわせる物語は作れないんだろうと思う。
真琴のみっともないくらいの泣き様にはもらい泣きしそうだったくらい。

とりあえず最高レベルの評価。
文句なしに必見です。

付記
実はDVD「ミクルの冒険」で一番よかったのは「時をかける少女」の予告映像だったりもしてた。
ということで家に帰って何回も見返しました、DVD早く出ないかな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-31 23:40 | 映画
W-ZERO3[es]その2
ファーストインプレッション ソフト&カスタマイズ編

とりあえずW-ZERO3での必須ソフトを[es]にもインストール
詳しい説明&リンクはW-ZERO3時のエントリ参照。

・GSFinder+
ファイラー&圧縮解凍ソフト
まあこれがないいと何も始まらないので最初に入れる。

・MagicButton
タスク切り替え、終了ソフト
Todayメニューの改善でいらないかとも思ったがバッテリーメーター、リセット用途も含めやっぱ必須。

・EasyDial
ダイアルアップ接続、切断ソフト
まだOpera起動時のダイアルアップが不安定だし、バッテリー持ちからも接続切断をコマメに行いたいのでW-ZERO3と同じくeマーク長押しに割り当て。

・0号テキストエディタ
エディタはやっぱこれでしょう

・ぽけぎこ
2chビューア
miniSDに入れてたんでW-ZERO3のをそのまま使う。


カスタマイズ
2chの機種別板から必須と思われるカスタマイズをメモも兼ねてリスト化
消費が早いので定期的にのぞくことをオススメします。
現在かなり価値の高い情報が書き込まれてます。

・送信メールの「send from W-ZERO3」 メッセージの消し方
.”windows/STMailToggleMsg.exe”を起動
こんな誰も望まない機能を標準で付けてしまうシャープに一抹の不安を感じるが……。

・カメラの一発起動
Windowsフォルダ内の「カメラ.lnk」でOK
ボタンに割り当てなくともメニューには入れときたい。
カメラが使えるようになった[es]こそシャッターボタンが欲しかったんだけどな。

Operaの数字キーカスタマイズ
これは必須中の必須でしょう。
リンク先のカスタマイズにプラス進む、戻るを追加して使ってます。
めがっさ便利。
追記
"Open link in new page"
でタブブラウザの必須機能の一つである「新しいタブで開く」のボタン割り当てが実現
これでほぼ画面タップなしのブラウジング環境が完成!

ここ数日使ってみてますます惚れ込みました。
Web端末としては最強。
flash7にも対応したし
Operaの起動はかなり遅いがメイン用途がWebなんで常時起動しておくことで解決?

WindowsMobile端末としては国内外合わせても最高レベルの端末。
あとはバッテリーの持ちやメモリ、速度等の基礎体力部分強化でいいんじゃない。
あ、もうひとつキーボード改良もあった。
キーボードの打ち辛さは結構ひどい。
リナザウ、W-ZERO3と比べて一番ダメ。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-29 23:59 | デジタル系ハード
W-ZERO3[es]
エス! エス! エース!!
と連呼したくなるほどご機嫌な端末W-ZERO3[es]のファーストインプレッション。

なによりまず、この大きさが素敵すぎる。
小さくなったってのはモックや温モックで何度も確かめたことだが、入手してポケットに入れてみると驚くくらい小さい。(モックをポケットに入れるわけにはいかんしね)
もはやW-ZERO3とは別次元のサイズ。
これなら充分ズボンのポケットに入れられる。イコール道具として全く異なる使い方ができるってこと。
この差はあまりにも大きい。
モバイルは使い倒してなんぼが信条なんで、裸でポケットに入れてこき使うつもりです。


キーボード
ほとんど文句ないんだけど、唯一キーの遊びが大きいのが欠点。
押したつもりが押せてない現象が多発。
もっとピーキーな方が好みだな。
ペチペチ音が鳴るように且つキーの中心を押さないとダメなとこがイラつく。
せっかくの幅広キーが生かせてない。これならキー幅を縮めて中央にキーを寄せてもらったほうが打ちやすい。
親指打ちって左右で分担を決めるより状況に合わせて押す指を変える方が早いんで、
現状の横幅は広すぎる。
画面下のウィルコムマーク分縮めたらベストかな。


画面
これも実際ソフトを入れていじくりまわさないとわからないポイントだが、この大きさは合格。
OperaもポケギコもW-ZERO3の時の設定で問題なく使える。
購入前はあきらめてた画面タップの方も十二分にタップできた。もちろん指タップ。
ほんと絶妙ギリギリな最小のサイズだと思う。
この画面サイズはW-ZERO3と同じ使い方が十分可能。
まぁ[es]を使った後W-ZERO3に戻るとその画面の大きさと見やすさに感動するんだけど。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-27 23:57 | デジタル系ハード
ふたりはプリキュア on ANIMAX
アニマックスで再放送が始まったプリキュア。
久しぶりに見たけどやっぱ初代はおもしろい。
第1話として作画も動きもいいし、新しい番組に対する手探りの演出も興味深い。

やたらとコミューンとカードに焦点があたってるとこも微笑ましい。
オタク的に話題にならなかった気がするんだけど、お子様相手には売れたんだろうか?

いい感じで細かいところを忘れてるのでこれから毎日が楽しみ。
1回2話で毎日放送だから贅沢だ。
そういえば去年同じようにナージャが放送されてた気がするんで来年はマックスハート?

唯一残念なのはまた見てね絵がカットされてる所。
スカパー的にAT-X以外ではある方が珍しいんで仕方ないけど。
神がかったいい絵、ネタ絵がいくつもあったんで残念。
とりあえずテレビ放送の録画分も保存だな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-26 22:02 | アニメ
こどものじかんvol.2
私屋カヲル
世に数多い(?)こどもものマンガの中で唯一続巻を読みたくなった「こどものじかん」
一発ネタじゃなくてマンガとしてもおもしろいとこが頭抜けてる。

今回はりんの保護者の過去なんかも描かれ物語の深みも増している。
こうやって幹がしっかりしてるからりんのエロかわいいところも引き立つ訳で。
最初はネタで買ったけど、絵といい物語といいクオリティの高い良作。
個人的には二十四季に並ぶ二大小学生モノの地位を確立しました。

とらのペーパーに書かれてたりんちゃんフィギュアには大期待!
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-24 23:59 |
マリア様がみてる 仮面のアクトレス
生徒会選挙の回。

展開があったようでなかったような
行事をこなしただけという最近のマリ見てらしい話。

前年のロサ・カニーナと比べるとサプライズはあったものの物足りなさを感じてしまう。
静、志摩子さん、聖様etc.というように複数のラインが交錯していた去年に比べ今年は実質祐巳-瞳子ラインしか話がない。
その上瞳子の内面描写が皆無なんで事件の表面だけを見せられた印象。

せっかくセリフがあった可南子もキャラが変わってる(?)上に蔦子さんより出番ないし
乃梨子-瞳子ラインも話が少なくまだまだもったいない。
二年目が主役とはいえもう少し一年目にも描写をさいて欲しい。

せっかく高まった瞳子待望熱が冷めないうちに
もっと瞳子の活躍を!
それだけが私の望みです。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-23 23:37 |
デスノート~12巻(完結)
Lが死んでから立ち読みがつらくなり放置していたデスノートを
単行本が完結し、映画化されたのを機に一気に最後まで読破。

まとめてじっくり読むとニア編もそれなりにおもしろい。
ただキャラが増えて散漫になってるところと、キラ側に余裕がありL編のような緊迫感が感じられないところなんかはやっぱ質が落ちてる。

敵がメロとニアの二人体勢になったにもかかわらず、前半メロ、後半ニアというように活躍が分離されてて同時に使いこなせてない。
ここを同時進行的にからませて行けてれば最後の「二人でならLを越えられる」という言葉にもっと説得力を持たすことができたのに。

あとキラ側の描写もキラ、L、月という1人3役のはずがそれぞれの描写が少なく、境目も曖昧になりがちで不十分な感じ。

L編では最終的にはL(+月)対キラという単純化された図式で話が動いていたのに対して、ニア編は分散した状況を作りながら描ききることができなかったな、という感想。
週刊連載という形では限界だったのかもしれないけど、「入り乱れた状況のおもしろさ」が多分ニア編でやりたかった事だと思うのでそこは残念。

オーラスの対決はL編の時と同じく
キラ側は相手の殺害、ニア側は月にキラであることを認めさせるというキラ側が圧倒的優位な状況でありながら負けたのだから完敗。
松田の行動はあまりにもお約束すぎだったけど、王道は外しちゃダメだよな。

最後の祈りのシーンを見ると月が最初に言っていた
「新世界の神になる」という言葉は実現できたということか。
確かに神になるには最後に死ぬことが必要だから、そういう意味では完璧な勝利でもある。
最後の月のひどく惨めな様は神となったキラと人間としての月の分離なんていう見方もできるのかも。

松田はキラを撃って、月を取り戻そうとしたんだよ!
な、何だってー!
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-21 23:44 |
涼宮ハルヒの陰謀
ハルヒ7冊目にして消失に続く長編もの。

内容の方も消失から直につながる話から始まる。
やっぱハルヒの長編はおもしろいな……と思ったのもつかの間。
壮大なネタふりの話でした。
短編以上に短編っぽい?

これだけ見ればなんじゃこりゃな指令の数々。
これがのちのちあっぱれな伏線になることを期待。

それにしても鶴屋さん、脇役のままで終わらせるならちょっと設定付けすぎの気がする。
雪山のときのちょっとするどいキャラってレベルがちょうどいいのでは?
それとも後々大きく関わってくるんかな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-19 23:51 |
ストロベリー・パニック 前半戦
驚きの2クール構成だったストロベリー・パニック前半を総括
序盤あまりにも静馬が放置だったので心配してたんだけど2クールあるなら納得。
正直エトワール様が出てこない方がおもしろ(削除

まず言える事は開始前の期待感のなさからは想像できないほど面白い作品に化けたって事。
この化け度は「涼宮ハルヒの憂鬱」に匹敵すると思う。
ある意味先が読めない展開と魅力的なキャラ同士のかけあいは文句無しにいい。
個人的に多キャラがからむ話「妹たち」とか「紫陽花」がトップレベルに好き。
マリみてのパクリだとかしょせんG'sアニメだとか思っている人は是非見てみることをオススメします。

決して作画がいいアニメではないけど、アップ画を優先して救うという手法でかなり印象をよくしている。
萌えアニメとしてはむちゃくちゃ正解。
とりあえず玉青ちゃんのもみ上げが直線になるほど作画が悪くなります。


ストーリーは大きく分けるとミアトル編とスピカ編に分けられる。
ミアトル編は渚砂がメインで静馬との関係主体の話と多キャラが絡む単発エピソードに分かれる。
スピカ編は光梨と天音の話で渚砂達はモブキャラ並に出てこないことが多い。

この構成自体は別にいいんだけど、スピカ編がやたらとおもしろくなく、レベルが低い。
あまりにも違うのでOHPで調べるとスピカ編は「ふでやすかずゆき」という人が脚本をしているらしい。
多キャラが出てくる話で唯一つまらなかった「流星雨」の脚本もこの人だったんでやっぱ脚本なんだろうな原因は。
アニメを見ていて脚本まで気にしたことってなかったんだけど勉強になりました。

正直渚砂-静馬、光梨-天音はどうでもいいんでもっと多キャラエピソードを増やして欲しい、そしてもっと千華留様に出番を!
ル・リムをメインから外したのは絶対失敗だよ。
あの面子がドタバタ大騒ぎする話は絶対おもしろくなるだろうに。
「現場ひゃっかーい!!」は最高でした。

後半での千華留様の華麗な活躍を期待します。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-18 23:04 | アニメ
リボルテック キングゲイナー
海洋堂のリボルテックシリーズ7月モデルの中から
個人的にシリーズラインナップ中本命であるキングゲイナーを購入。

リボルバージョイントは相変わらずよく動く。
あの髪の毛にすらジョイントが入っている贅沢さ。
股関節はリボルバージョイントではなくEVAと同様の二軸関節。
リボルテックの股関節はこれが標準なのかな。
ただ首の構造だけは疑問。
リボルバージョイントが入っているんだけどスカスカで角度によっては首が浮いているように見える。
デザイン上しょうがないのかもしれないがどうにかして欲しかった。
a0066669_23555232.jpg

スタイリングはちょっと細身な印象。
でもグリグリ動かしているとそれも気にならなくなる。
とにかく動かしがいがあるし、動かしてるとカッコイイポーズが発見できる。
文句無しにゲイナー好きは買い。

不満点はとりあえず台座。
このどうしようもない角度の台座はもうリボルテック標準なのかな。
飛行ポーズ命のキングゲイナーだけにすげー残念。
これだけは是非に改善を希望。
あとチェーンガンは2丁欲しかった。
[PR]
by nayuta_m | 2006-07-17 23:56 | フィギュア