<   2006年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ソフビ魂 ファイズ&V3&ライダーマン
ハイクオリティのソフビシリーズ「ソフビ魂」のVOLUME25~27

ファイズ
a0066669_21572326.jpg
初の平成ライダーのソフビ魂化
平成ライダーはスーツのクオリティが上がっていて再現が難しそうで心配したけど
電飾スーツじゃなくアクション用と見ると十二分な出来。
はったりのきいたポーズもいいし、足の裏のモールドも完備。


V3
a0066669_2157599.jpg
クオリティの高いソフビ魂の中でも異常なまでの出来のよさ。
ポーズといい、マスクの作りこみといい文句なし完璧ッス。
それにしても昭和ライダーってかっこいい、再認識。


ライダーマン
a0066669_21583140.jpg
個人的にはおまけ。
並以上の出来ではあるんだけど
素材自体のかっこ悪さを再現してるのかもしれない……。


今回の3体は全体的にあたりが悪かったのか塗装のはみ出しとか多かった。
基本的なクオリティは下げないで欲しいな。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-31 22:04 | フィギュア
舞-乙HiME DVD5巻
今回の映像特典は「茜色の空の彼方」

オフィシャルで書かれているとおり
第26話でチラッと出たアカネのオトメ復帰までのエピソードのロングバージョン。

絵的に追加されるのはマーヤに捕まったあと、カルデアで略式の契約をするシーン。

正直むちゃくちゃ短いけど再びアカネとマーヤのかけあいを見れたのでよし。


5巻の初回限定特典は「蒼天の青玉ストラップ」!
やっとまともな特典ついたと期待したけど……。
『舞-HiMEプロジェクトの真の目的はオタクを初回限定の呪縛から解き放つことだったんだよ!
な、何だってー!』
と叫びたくなるくらいの出来です。
いやほんと「全巻購入特典応募シールにしてまともな物を最後に作る」とかにしてくれないかしら。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-29 23:18 | アニメ
彼女たちの流儀 体験版
130cmのカノギ
体験版やるって事は自分的には買うか買わないかのボーダーラインのゲームってことなんだけど、これは買うわ。

初っぱな主人公がボイス付きな時点でイヤな予感がしたがこれどっち向きの作品?
ボイス付きで女顔の主人公、で女装。
そっち属性は全くないので個人地雷かと思った。思ったけど……物語とキャラクターに引き込まれた。

アップの立ち絵は画面いっぱいに表示され下手なイベントCGより美しい。
この原画家さん好きだわ。

キャラ的には双子の姉朱音が一番気になった。
明るくてなにも考えてなさそうで実は……なところとか、留年してて同学年とか色々ツボ、あとエロいし。
対抗はピンクの髪の涼月。
舌足らずなツンデレってのもいいよね。
いい人オーラ全開だし。

長すぎず短すぎず、適度な長さだし、エチシーンも2回ある。
気になっている人もそうでない人もやる価値のある体験版です。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-28 23:46 | ゲーム
キミキス
キミキスファーストインプレッション
いろいろと話題作が発売された今週末
その他を買った人はキミキスだけはやっちゃダメ。
目の前にデモンベイン、スカーレット、ひだまり、ついでにハルヒの動揺、陰謀、憤慨まで積んであるけど、キミキスがおもしろすぎて手につかない。

期待を裏切らないどころか、想像以上の破壊力。

なんだよ麻雀って、しかも脱衣!
イースーチー、イースーチー!!

キャラもTLSSと同じ原画とは思えないほど進化。
頭身と顔があった?

あとイベント発生率も上がってる気がする。
少なくとも妹イベント起こりすぎ(もちろん、うれしいですよ)。

システムも進化
今までは内部で処理してたであろう類をビジュアル化してて
いい意味でゲーム性が格段にアップ。

下校会話がマッチング会話にリニューアル。
エンカウント時の会話がマッチング会話になり話題の組み合わせを編集できたり、ゲットできたりする。
画面演出の爽快感もある。
選んだ話題アイコンが飛んでいって相手の話題にヒットすると成功。
話題がスカったときは文字通りスカっていく。

好感度表もレベルの概念が導入されて攻略にメリハリ

基本は同じなのに今まで作業感、退屈感を感じてた要素がブラッシュアップされて数段プレイが楽しくなってる。
シナリオと合わせてプレイしやすさ、おもしろさは別物といっていいくらい。

待っただけあってクオリティが半端ない……ならオープニング付けてよ!
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-27 23:56 | ゲーム
涼宮ハルヒの暴走
角川スニーカーのハルヒ5巻目。

消失のおもしろさの余韻とアニメパワーの相乗効果か再び短編に戻った今回もけっこうおもしろかった。

消失で長門編が終わったかと思ったら始まりだった模様。
物語の中で最も気になるのは変わっていく長門。
うーん、ほんと主役を食ってるな、というか主役?

なんだかハルヒとその周りの都合のいいキャラという構図が逆転してきて
ハルヒの立ち位置が話をまわすのに都合のいいキャラになりかけてる気がする。

キョンの長門に対する態度も過保護すぎと言うか心配しすぎ。
そりゃハルヒも気付くよ。

今回の表紙のキョン妹と鶴屋さん
どっちも出番は多くないがいいキャラに育ってる。
特に鶴屋さんは色々ただ者じゃないことが発覚。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-25 23:31 |
とらドラ!
電撃文庫 武宮ゆゆこ

読んだことのない人に説明
「手乗りタイガー」といってもワータイガーのヒロインとかじゃなく人です。
あと手に乗るタイガーも出てきません。表紙の絵はイメージ画かな。
SFファンタジー要素のない、普通の学園ラブコメ。

こんなおもしろいラノベは久しぶり。
読み始めたら一気に最後までノンストップで読みきりました。
ストーリーは王道で期待通りに進むだけ、なのにおもしろい。
やっぱこういうのが実力ってやつなんかな。

大河もいいけど実乃梨もいい、実乃梨もいいけど大河もいい。
ヒロインの魅力が最大の魅力。

大河が手乗りタイガーでヒロイン。
実乃梨が大河の親友なんだけど、これが大河に負けないパンチのある性格。
今後のシリーズでメインの話とか期待したい。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-23 22:18 |
よつのは
予想外にかなりの良作。
「幼なじみとの学園思い出探しADV」
コンプリートまで行った学園モノのゲームって久しぶり。今年初めてじゃないかな、手を付けてるのはいくつもあるんだけど。

システムはマップ上でキャラを動かしてイベントをさがすという今時ありえないタイプ。
ただヒントシステムを使えばどこに行けばいいかわかるし、移動場所をクリックすれば自動移動するのでそんなに面倒ではない。

よつのはは四つ葉のクローバーでヒロインが四人。
原画家がキャラごとに違う。絵柄の親和性はゼロ。でも一人一人違うんで逆に気にならない?

物語の作りは過去編と再会編にきちっと分かれているわけではなく、再会時に廃校を回りながら昔のエピソードが挿入されるかたち。ゲームでは珍しい形だけど話にメリハリがついて飽きさせない。

のの
関西弁のマイクロ幼なじみ。
最強レベルの家事能力、世話好き。
「あかーんよ」言われてー!
全ての一枚絵のクオリティが激高い。

柚ねー
巨乳担当のダメ人間。
食いしん坊キャラ。


ツンデレ担当。
体験版では柚ねー以上にどうでもいいキャラだったんだけど、話の中でぐいぐい魅力を発揮。
その魅力は祭シナリオで最高潮に。

雪さん
雪シナリオになるまでほとんど姿を見せない謎のキャラ。
OHPでも一人だけ3年後の姿が明かされておらず特別扱い。

どのキャラも要素を詰め込んで作られているけどきちんと消化されてて魅力的です。

以下そこはかとないネタバレあり

全体の作りや事前情報の公開具合など綿密に計算されているのが最後までやるとわかる。
ルートが固定になっていて、最初にののか柚ねーを2択した後は
ののor柚ねーの残り→祭→雪
となっていて自由度なし、クリア後に自動的に次のシナリオに続く。
個人的には、最初にののをクリアした後柚ねーをプレイするのが辛かった。

雪以外にはアナザーシナリオが用意されていて3年前にもし○○していたらという物語が見られる。
性格や容姿まで変わるキャラがいたりして意味のあるアナザーストーリーになっていて丸。

最後の雪シナリオだけは特殊で3年前の物語が普通のアドベンチャーとして展開する。
ここまでのプレイでよつのはキャラの魅力を知り、このキャラ達と普通の日常を送りたいなと思っていたところにこれが来てもうプレイヤーの心理を突きまくりの仕掛け。

マイフェボライは祭。
プレイ前はのの以外興味なしだったんだけど、プレイして何から何まで祭にやられた。
仲間内ではイケイケなのに、その他の人の前だと極度の人見知りだったり、強がっていても仲間では一番弱くて仲間思いだったり、一人でがんばってたり。
3年前の屋上でのシーンは神シーン、声優さんは神演技。
アナザーシナリオでの交換日記とかは反則。

プレイしないと全貌がわからないと言う点では鎖にも似てる。
個人的にこういうゲームは大好きなんだけど、その性質上事前にわからないのがもどかしい。
よつのはお勧めランクA
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-21 22:48 | ゲーム
ながされて藍蘭島8巻初回限定特装版 あやねフィギュア
毎回恐ろしいクオリティの藍蘭島フィギュア
今回も出来よすぎです。
a0066669_10933.jpg

キャラとか知らないのであれなんですが。
巫女さんフィギュアと見てもいい感じ。
ベースの断面と質感がケーキ風でおいしそう?

定価1400円なんでフィギュア単価は1000円弱。
コミックも必要なら文句無しに買い。
出来から言えばフィギュア目当てでも損しないです。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-20 23:59 | フィギュア
機神咆吼デモンベイン
WOWOWノンスクランブルで第一話を視聴。

ストーリーはゲームに忠実。声もだいたい(?)ゲーム版準拠。BGM(効果音すら)もゲーム中のものを使用してて好感度高い。
けど、なんか再現しただけって感じ。
ゲームのアニメ化としてのレベルは高いけど、デモンベインに期待してたのはもっと上のレベルだったのに……。
よく(名前とロボットが)似たガーゼペインが結構クオリティ高いこともあるし、数少ないロボアニメだから期待してたのだが。

3DCGはいいんだけどセル人物の方がちょっと見劣りする。
レギュラーアニメじゃなくてジャンプ祭り用のスペシャルアニメ風の作画。

つめつめに詰めて、オープニングどころかエンディングまでなくしてやっとデモンベイン召還まで。
確かにロボモノ第一話にロボが登場しないのは興ざめなんだけど、かなり無理しすぎだな。
話の駆け足感が今後は解消されることを期待。

ちょっと一話はいいとこない。
「あのデモンベインがアニメになった!」止まりの感想でした。

九朗に依頼をするシーンのウィンフィールドの細長さと、瑠璃のちっちゃさはおかしくない? 
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-19 01:26 | アニメ
ストロベリー・パニック!電撃コミックス1巻
あまりにアニメがおもしろすぎるので(略

話自体は電撃文庫版と同じ。
エトワール選の直前まで進むので小説より少し遅い歩み。

話は同じなのに受ける印象が全く違う。
なんというか萌えがある、楽しい、明るい。
アニメ版の黒いミアトル制服が映える異常に身体の細いキャラもいいが
マンガ版たくみなむち画のプニ感のあるキャラクターもいい。

あと小説で顔がわからなかった桃実とかサブキャラの顔がわかったのもうれしかった。

小説版を買うならこっちの方がおすすめかな。
もちろん両方買うけど自分は。
[PR]
by nayuta_m | 2006-05-17 22:44 |