<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
ワールドホビーフェスティバル神戸23
ヒューキャスト&レイキャシールを買うためにWHFへ参加。

ポートライナーの始発を寝過ごしたため列到着は6時10分過ぎ。
朝はけっこう寒くて震える。
ハルヒのEDテレビverをエンドレスで聞きながら待つ。

F-Faceさん専用列作成は10時過ぎ。
それまでは買えるかどうかをドキドキしながら待つわけです。
整理番号は両方とも100番前後、240体用意してるってことだから真ん中よりちょい前か。

開場前に会場脇の通路に専用列が誘導される。
会場内が全く見えない状態でここから延々と待つことに。
F-Faceさんの列に並ぶのは初めてだったけど、これは異常なほどに遅すぎ。
というか進んでない……あとで聞いた話だが偽札が使われて一時入場を中止していたらしい。

レイキャシは赤、ヒューキャスは迷いに迷った末にダークグレイ、武器は斬激(撃)戦装備 白で決定。
想像以上に小さい箱だったが、むちゃくちゃ満足度は大きい。
早起きしたかいがあった。

購入後会場をまわってみる。
ワンフェスに比べるとかなり小さい。だが逆にまわろうって気にさせてくれて良。
まわった後、ワンフェスじゃ時間と疲労の関係で絶対行かない中古販売まで行ってしまった。
いくつか掘り出し物ゲット。

撮影が完全登録制なので撮る気はなかったんだけど
どうしても撮りたいアイテムがあったので登録して撮影。

その壱
沢渡みつき(これが私のご主人様)ムサシヤ
何度か模型雑誌で見ててイイナと思っていたけど、実物をみてもやっぱりいい。
みつきでは最高の出来。ぜひPVC化を!
a0066669_0381265.jpg


その弐
穂波(ゆのはな)ディーラー?
このマイナーかつマイフェボライな「ほなにー」をここまですばらしく造形してくれるとは、最高です。
a0066669_18394575.jpg


ガレキ作れる腕があれば両方絶対買ったのに……。

追記:画像修正しました。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-30 23:59 | イベント(立体系)
マックスファクトリー1/8アイシア
DCSS~ダ・カーポ セカンドシーズン~のアイシア
めくりおパンツフィギュアレビューその2です。
a0066669_2326133.jpg

めくりパンツのエロスについてはヒメクリの勝ち。
だがアイシアの真価は足!?
ふくらはぎの絶妙な曲線とふとももへの線は塗装の力も合わさってかなりのハイクオリティ。
a0066669_2326246.jpg

キャラフィギュアとしてみても
アイシアの特徴である髪とリボンが美しく再現されていて
風になびく様が浮かぶ高レベル造形。
a0066669_2326448.jpg

顔はちょっと平べったいので下やサイドから見るとおかしくなっちゃうけど
通常の角度からは非の打ち所なし、文句無しにかわいい。

昔グッスマから出てた音夢水着verに負けないすばらしい出来。
このクオリティでさくら出して欲しいな~。
キャラが多い割にD.C.ってこのスケールのアイテム少なくない?
音夢、ことり、頼子くらい?
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-28 23:26 | フィギュア
ヒメクリイメージガール モーダ・ビアンカ
ついに手に入れたヒメクリイメージガール白版。
黒版のときは手に入らず涙を飲んだのでかなりうれしいゲット。

実際に手に入れても文句のないすばらしい出来
パッケージもそのまま飾るのもOKなセンスのいい透明ボックス。
a0066669_0104599.jpg
これはもうエロ、エロ、カワイイって感じ。
胸の透け塗装、おめくりパンツとかもうたまらない

白版を手に入れて、ますます黒版が欲しくなった。
黒の再販熱望!
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-27 23:42 | フィギュア
円環少女3煉獄の虚神(下)
上下二巻を読んで
最後までなんというかかゆいところに手が届かない感じ。

主人公の通り名≪サイレンス≫の由来とかは鳥肌モノだったし
≪人形師≫のエピソードは脇役とは思えない深い話だった。

部分部分ではいいんだけど
全体でみるとなんか繋がんないんだよな。
肝心の主人公仁とメイゼルの話に共感できない自分のせいか?

二巻にわたって育てたケイツというキャラの今後の活躍に期待。

個人的にAクラスのライトノベルよりは一ランク下がるという感想。
今後化ける可能性はあると思うんだけど。

とりあえず今回はエレオノールが出てきて満足。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-26 23:41 |
エルフェンリート 1~12巻
漫画版エルフェンリートを一気に読む。

アニメ版からはいって、漫画版は初めて。

絵のほうはアニメ版に脳内変換されるから問題なし。
そういえば「最近は原作よりアニメの方が絵がうまいのが主流」って非オタの友達に言ったら信じてくれなかった……。

アニメ版ってかなりの良アニメ化だったと認識。
最後も漫画へつなげられる終わり方だったし
第二期ってないかな、熱望。

一番ジンときたのが坂東さんとマユの話というのがなんとも
あの話に「ボーイミーツガール」ってタイトルを付けるのは反則すぎる。
最高です岡本倫。

終盤のルーシーの葛藤はディクロニウスを別人格にしてしまったところがもったいない。
内面描写としては定番なんだけど、別人格にして本人格は被害者的な書き方は免罪符というか偽善的に感じてしまう。
うた∽かたなんかもそうだったけど真正面から自らの過ちを認めてない気がして素直によろこべない。

エピローグもたっぷり書かれていて満足。
でもDESTINY並に実は生きてる率が高い話だった。
きちんと首が離れないと死んでないって、どこのハイランダーですか。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-25 22:24 |
Fateトレーディングフィギュアコレクション キャスター
ユージンのボックスタイプのトレーディングフィギュア。

Fateのガチャサイズのフィギュアというとグッスマ版の出来はよすぎ
他のはあまりにひどい出来という状況だったので
このユージン版も最初から買う気はなかった。

ただキャスターだけは飛びぬけて出来がよく見えたので単体買い。
グッスマ版の第2弾が出てもラインナップされる可能性低いし……。

しかし衝撃の事実が(一応箱に書いてはあったんだけど)なんとローブバージョンだけでは
素顔モードが再現できない!?

ということで素顔モードのほうも単体購入。

違いは頭部パーツのみ。
ローブバージョンでもローブを外せば本体は同パーツ。
ここまでプレイバリューのあるアイテムを作っておきながら顔パーツだけで別アイテムにするとは……商法?
確かにローブはボリュームもあって一番大きいアイテムだとは思うけど
この分割ラインナップはあまりにひどいよ。

出来は思ったとおりかなりいい。
ローブの固まり感よし、中にきちんと身体が入っているからか存在感がある。
a0066669_0543852.jpg
へたにポーズをつけずに素立ちにしたおかげか
中の本体の方も満足なでき。
とくに腰周りのボリュームとかは素晴らしい。
素顔も及第点。

他のアイテムも見たけど買わなくてよかったってレベルかな……。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-23 23:31 | フィギュア
serial experiments lain TV-BOX
むしょうにlainが観たくなって
以前買ったDVD-BOXを初開封

今さらlain自体についてどうこう言うつもりはないけど
もしまだ観ていないなら見ろの一言です。

今見ても見劣りしない画のクオリティ
ワケのわからない物語
なによりレインというキャラの魅力

以前出ていた単体DVDと同じなのかはわからないけど
BOX版の画質はそう悪くはないレベル。
少なくとも初期DVDタイトルにありがちなひどいコーディングではない。

日本のアニメDVDとしてはむちゃ安いし画質も悪くないのでかなりお買い得感ありのアイテム。
1.26万円で全13話収録なんだから買わない手はない。

ただこのボックス
予告とウェザーブレイクが入ってないというありえない仕様。
これはひどい。
AT-Xの録画はやっぱ保存版だな……。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-18 23:25 | アニメ
青の騎士ベルゼルガ物語 ゼルベリオス VR-MAXIMA
シーエムズの青騎士シリーズ第2弾。
順調に延期してたけどやっと入手。
a0066669_2235776.jpg

今回もメタリック塗装の宮沢模型版を購入。
事前の画像を見て心配していたけど
実物は落ち着いたブルーで質感もいい。

前回のBTSのおもしろポーズといい、今回の宮沢模型版の異常な青さといい
CM’s はもうちょっと写真うつりを考えたほうがいいよ。
……売る気があるなら。
しかしよく見ると塗装がはみ出しまくりというレベル。

プロポーション的には文句無しにカッコイイ。
ボリュームのある脚部と長いつま先とデカイホイール
ベルゼルガと違う太いアームで支えられた巨大なシールド
といったゼルベリオスの特徴的な部分がよく再現されている。

この大きさで青騎士のATが手に入るというだけでうれしいし
造形もいい。

ただアクションフィギュアとしてはかなり苦しい感じ。
可動範囲はそれなりなんだけど、一番重要な股関節と腕の軸パーツが細すぎる。
見ているだけで折れそうで心配になる。
思う存分ポーズをとらせるのもためらうよ。

この細さだとちょっとねじれが加わるとポキッといくだろう。
実際うちのゼルベリオスの右腕の軸はいっちゃいました。
幸い本体直付けじゃなくて軸を接着してあったので瞬間接着剤でもどるけど
これじゃ逆に外れるでしょ物理学的に。

あと前回心配していたシリーズ内でのスケール統一……ダメでした。
設定上ほぼ同じ体高のはずのBTSとゼルベリオスですが
ゼルベリオスの方が頭一つ分高い感じ。
とさかを含めた高さなら同じなんだけど、そんな測り方しないよね。

今後も造形はこのレベルを保って、可動を頑張って欲しい。
真打であるテスタロッサ出すまでには……。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-17 22:35 | フィギュア
涼宮ハルヒの憂鬱
むちゃくちゃおもしろいわこれ

原作は3冊目くらいで止まってる自分だが
あの原作がここまでおもしろくなるとは思ってなかった。
京アニということで「作画クオリティと原作再現度だけは期待」レベルだったけど
再現度以上に純粋にアニメとしておもしろい。

OPもEDもハイクオリティ。
EDの踊りもいいし
OPの動き、構成は今期ではひぐらしと並んでピカイチ。

そしてなによりキョンの声優さんが天才的。
「ミクルの冒険」の時はただウザイだけだったけど
「憂鬱I」から化けた。
あのボヤキは必聴。
ボヤキアニメはこうあるべきですよ、半月も(略

断然今期ナンバーワンになった。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-16 22:46 | アニメ
円環少女2煉獄の虚神(上)
円環少女の2巻目で上下巻の上巻

魅力的な魔法設定は変わらず。
前回メインだった神音大系、宣名大系に変わり今回は相似大系が敵。
しょぼいザコ、かなりの使い手、究極に極めた者という三者を登場させることで
相似大系の全体像がわかるようになっている。

≪神に近き者≫という最強中の最強のような相手を早くも敵に設定して
主人公側がみじんも勝てる気しないんですが。
下巻の決着のつけ方に期待。

でもこいつのおかげでどの大系だろうが究極までいけば同じ=なんでもできるってことがわかった。
あと同じ大系でもケイツと≪人形師≫みたいに使い方次第で全然タイプの違う能力になるってのも描かれている。
この辺も作者の想像力しだいだけど面白い設定だ。

主人公の師匠、設定がベタベタ。
それはいいとして挿絵の年齢若すぎだろう。年の割に若く見えるという設定なんだけど若すぎ。
30どころか20台に見える。
主人公もとても教師には見えず、まるで学生だし。

設定モノとしての魅力はあるんだけど
人物の心情描写が、特に主人公の仁とメイゼルの心情が今ひとつ伝わってこない。
地の文で説明されてわかるってのはどうなのだろう。

下巻は二ヶ月連続発行でもう出てますね。
[PR]
by nayuta_m | 2006-04-15 23:39 |