カテゴリ:ゲーム( 158 )
アオリオ

純粋なギャルゲーエロゲー。
話が進んでもロボットに乗ったり、世界の謎に迫ったりはしません。
飛びぬけた点は無いがきちんと作られた恋愛ADVがプレイしたいなら選択肢に入る一作。

>キャラ
絵がはがないの人で外見は似ているがプレイしていても同一人物感は全くなく別人。
代用エロゲではないらしい。
やりすぎない程度に個性があり、部活が舞台なのでヒロインキャラ同士の掛け合いも豊富でプレイしていて楽しい。
もちろん個別ルートに入ればどのキャラも非常にかわいくなるし、ヒロインにならなかったキャラもいいサブキャラとして物語にかかわってくるという恋愛ADVとして理想的な形。

>シナリオ
シナリオは長過ぎず短か過ぎず
一度共通ルートを見てしまえば一気にクリアできる長さ。
でも延々とつまらない日常会話を見せられるギャルゲーエロゲーより評価は数段上。

付き合ってラブラブになった後にひと波乱あってエンディングと言うオーソドックスな恋愛ADVフォーマットの作り。
回想シーンも各キャラ4つづつあり、描写もきちんとしているので好みのキャラなら実用性もある。

>攻略
選択肢は複数回あるが結局はキャラ選択なので一回だけ選択ゲーと実質は大差ない。
でもゲームとして選択肢はあった方がうれしい。
それに絡めてサブキャラエンド的バッドエンドがあってもよかったんだが。

最近のゲームではよくあるクリアしていくとサブシナリオ的なものが開放されたりは無し。
潔いくらいヒロイン4キャラのルートオンリーのゲーム。

あとタイトル画面でも流れるOP曲アオイロステップは名曲。
ということで買うならボーカルアルバムが封入されている初回限定版一択。
[PR]
by nayuta_m | 2012-07-16 23:56 | ゲーム
trade▼off
サークルThe Dungeon In Yarn製作の同人ゲーム。
だが同人だとか商業だとか関係無しでおもしろい
正統派かつ王道のエロゲ系ADVゲーム。

製作期間7年以上という事で、これだけおもしろいゲームを完成させてくれた事にまず感謝。
シナリオの練り込み度合いも半端ないし、本編で描ききれない部分をサブシナリオで補間したりとか作品に対する作り込みも半端ない。

○絵
塗りは商業ゲームと比べると同人っぽさが強いが、かわいさは全く負けていない。
ビジュアル面での不満は制服のデザインが貧乏な執事に見えることぐらい。

立ち絵の表情差分も豊富で日常シーンのプレイがかなり楽しい。
立ち絵のクオリティが高過ぎて一枚絵のイベントシーンが劣って見える気もするが。

○シナリオ
主人公が関西弁で常時ボケとツッコミと下ネタが展開されるが爆笑とかはほぼなし。
だがつまらないという事ではなく、キャラが魅力的で会話も楽しいので気がつくと長時間プレイしてしまう。

ルート分岐してシリアス展開に入ってもクオリティは落ちないし、息切れもしない。
いい意味でしつこさがないので鬱展開な部分もプレイしやすい。
それでも感動させるべきところは感動させてくれるという按配が素晴らしい。

○攻略
オススメの攻略順は断然 マコト→春乃→夕子
選択肢的にはそれぞれ書道、音楽、相川が分岐ポイント。
正直難易度は高いが二周目以降に表示されるシナリオツリーとOHPのヒントを見れば何とかなる。
あるルートでのクリア必須のミニゲームに関しては頑張れとしか言いようが無いが……。

○システム
このサークル独特の視点変更システム。
攻略を難しくしている要素のひとつではあるが、プレイを苦痛にする使い方ではなくプレイに変化を付ける方向で使用されているので是非を問われれば是。
使われ方のコツがわかれば結構おもしろい使われ方(特にあすみや春乃の着替えシーンは必見)がされているので探す楽しみもある。

ただ立ち絵のバリエーションの関係で視点を変更すると不自然に感じるシーンがあるのが惜しい。
(例えば間近で手をつないでるはずのシーンで、視点を下げると普通の立ち絵なので手なんてつないでないとか)


以下若干ネタバレありのキャラ紹介。


○相川実
まゆげ。
主人公のノリについて行ける芸人スキル
いざというときに頼りになる度胸と頭の良さ
泣きわめくヒロインとは一線を画すバディ系ヒロイン。
居心地の良さとしっくりくる度ではNo.1。
リアルで考えるとマコトが一番いいよな。コロッケもおいしいし。

実は攻略が一番めんどくさいルートでもある。
視点変更がからむので文章にしにくい操作が要求されるし、分岐エンドも多い。
視点変更システムに慣れるにはちょうどいいとも言えるけど。

○長尾春乃
天使。
キレイなうえにいい子、さらにマコトとは違う方向性で掛け合い漫才的な会話も可能という完璧ヒロイン。
十三日目の秘密を告白するシーンはマジ泣きでした。
サブシナリオでのエロさも素晴らしいし最高です。

○佐倉夕子
ちびっ子先輩。
キャラ的にもシナリオ構成的にもクラナドの渚的位置づけなので最後にプレイすることを推奨。
ヒロインそれぞれでシナリオに特色はあるが、それでも夕子シナリオは特殊。
別ヒロインルートも含めてこれまでにちりばめられた伏線がバチバチはまって行く爽快感、そして驚きの展開、設定を逆手に取ったどんでん返し。
最終シナリオにふさわしいボリュームと内容。

ADVってループ物の多いジャンルだが今作のループ(というか並行世界)描写は新鮮。
よくある同一人物は存在できないとか世界の強制力とかマジメに考えれば人間中心過ぎる傲慢な設定だわな。

バッドエンドやifエンドがあってハッピーエンドやTRUEエンドがある。
やっぱエロゲ系ADVっていうのはこうでなくては。
最近商業で多いキャラ選択だけであとは一本道なゲームはやっぱり物足りない。

夕子先輩自体のキャラは間接萌えというか非常に特殊な描かれ方をしていて、そこを納得できないと描写が少なく感情移入できない状態に成りかねない。
逆にあすみに感情移入しすぎるとししょー好きすぎになっちゃうしな。
まあ過去に行ってからの先輩は文句なしにかわいいのだけれど。


○総括
最近プレイしたADVゲームの中ではダントツの評価。
へたな商業ゲームを買うよりも何倍も楽しめる。
あとプレス版(完全版)に付属する冊子の解説にはけっこう重要な情報が含まれるので、可能であればダウンロード版ではなくプレス版購入を推奨。
[PR]
by nayuta_m | 2012-06-16 23:59 | ゲーム
アイドルマスター シンデレラガールズ
今さらだがAndroidスマホを買ったのでモバマス開始!
一時期惰性でCDだけ買ってた時期もあったんだけどモバマスでアイマス熱完全復活。

プレイ前は735プロアイドルの肥やしみたいなもんだろ、と思っていたモバマスアイドル達だが気合入りまくりのカードCGと逆に想像力を刺激されるプロフィール程度の情報量で思い入れがすごい事になっていく(笑)
たぶんAKB48ファンとかと似た精神状態になってるんだろうな。
CDデビューとか新たな搾取の開始だし。でも買う!


初心者によるはじめての(無課金)モバマス攻略メモ

<開始前>
(1)選択する属性グループを吟味
携帯の番号認証されるのでゼロからやり直すのはほぼムリ。
イコール最初に選択する属性グループは固定なのでじっくり吟味するべき。
まとめサイトとかでCGを見て好みのキャラが多くいる属性を選ぶのが無難。
一部属性間違ってるじゃんと思うキャラもいるが、別属性のキャラが使えないわけではないので。
一人では戦えないし、自属性への5%ボーナスは小さくないし。
一キャラに入れ込んで好みじゃない属性に行くのも、まあそれも愛だからいいんだけど。

(2)招待スレを活用
2chの招待スレ等で紹介者とのトレードを成立させておけば良状態で開始可能。
レートはこだわらずその場の相場でやるのが吉。
特に無課金でやるならこのときゲットするスタドリは貴重。


<序盤>
(1)編成する
開始時点でチュートリアルで入手したキャラがいるので必ず編成する。
自分はLV5になるくらいまで編成システムに気づかずに衣装取られまくりでした……orz。
逆に開始直後はそういうプレイヤーが多いので初期に積極的に狙っていくのもあり。

(2)無料レアカードを入手
日記を書くだけで入手できるレアカード(いおり)をまずゲット。
初期入手する属性別の765プロキャラと合わせて序盤の強力な戦力。

(3)ドリンクは飲まない
スタミナも攻も時間で回復する。かつ序盤はいろいろとやることがあるのでドリンクは温存。
回復待ち時間は特訓とかレッスン、編成etc.
初期はスタミナ値自体が低いのですぐフル回復するし。

(4)レベルアップによる全回復を計算する
ふつうのRPGでもあるアドバイスだが
回復用のスタドリ=現金というモバマスではその重要度が違う。
レベルアップ直前で攻がフルならLiveバトルで使ってからレベルアップとかひと工夫するだけでずいぶん違ってくる。

(5)応援する
ホーム画面に出る新着プロデューサーへの応援リンク。
コメントつきで応援すると数ポイント友情ptが得られる。
画面移動する場合に必ずホームを経由して応援するぐらいにすれば苦痛にならないし
その程度なら一日の応援リミットにも行かない。
これがけっこうバカにならず、一日に2ガチャ分くらいは稼げる。


以上はまる一日プレイすれば誰でもわかるポイントだが、そのときには序盤も終わってます。
始める前に目を通してもらえればスムーズに効率よく進められるハズ。

なんだかんだ言ってもひとりプレイの通常ゲームと違い、こういうゲームは勢いのあるうちにプレイするのが一番おもしろい。
「焦るな、だが一刻も早く始めよ」
[PR]
by nayuta_m | 2012-03-12 23:59 | ゲーム
少交女

たぬきそふと第3弾。
これまでの集大成的作品で、ある意味完成形と言ってもいい微少女の後にどのような方向性で行くのか興味深かった今作。
結果的にはよくもわるくも実験作。
停滞するよりマシと思いたいが今作だけを見ると残念な点が目立つ。

>システム
意味不明なフォルダ機能が追加されてセーブロードが苦痛に。
無意味にクリック回数が多くなり、セーブデータも探しにくい。
エロゲのシステム屋はよけいな事をしようとするのが多いよな……。

>キャラ
シリーズ最多の攻略対象4キャラ体制。
バリエーションに富んでいてそれ自体は悪くない。
大きいのから小さいのまで取り揃えていいるので間口が広がり新規ユーザは入ってきやすそう。
でも既存のたぬきユーザーからすると好みに合わないキャラの攻略が苦痛になる……。

>シナリオ
キャラのバリエーションに合わせてシナリオもバリエーションに富んでいる。
でも無理に色々な要素を入れるより前作のようなあまあまえろえろ路線で安定した方がよかった気がする。
個人的にはキャラによるあたりはずれが大きかった。

前作に続いてハーレムルートはいまいち。
おまけシナリオとして独立しているおかげでストーリー性が薄く
単に3Pシーン×2に帰結してるのが残念。
相変わらずハーレムルートでの腹ボテはないし。


キャラが好みに合うルートは安心のたぬきクオリティだが、そうでないルートはツライ。
購入前にユーザを選別するメーカーだったたぬきそふとが、プレイ中にキャラで選別する形式に変わった感じ。
プレイする側としては買ったソフト全部が楽しめる以前の方がいいんだけど。
[PR]
by nayuta_m | 2011-12-15 23:59 | ゲーム
恋色空模様

先日発売されたファンディスクがおもしろ過ぎるので今さら本編レビュー。

非常にクオリティの高いギャルゲーエロゲー
間違いなく2010年のベストゲームにノミネートされる出来。


>システム
一線級のメーカーに比べるとシステムは貧弱。
CGモードを抜けると毎回メーカーコールから始まるとか同人ゲームじゃないんだから。
インターフェイスの見た目もやぼったい感じ。
でも凝ったインターフェイスで使いにくかったり重かったりするよりは百倍マシ。

貧弱なシステムだが立ち絵芝居はかなり凝っている。
飛び跳ねたり、多人数が画面上に登場するのはあたりまえ、うまくアップを使用してイベントCGか?と一瞬思わせる覗き込みシーンを作ったり、背景のレイヤーを使用してテーブルを囲んでキャラ達が会話するシーンを作ったりと現状のシステムで出来ることを限界まで活用している風。
ワイド画面と吹き出し会話ウインドウが合わさった立ち絵芝居の表現力は最強レベル。

その辺はクリア後に開放される立ち絵鑑賞モードで一部体験できるけど
この細かい配置を場面場面で設定して動かしてって、スクリプト書くのがおそろしく大変そう。
発売が延期されたのも納得してしまう。


>キャラクター
原画に惹かれてすたじお緑茶ゲーに初めて手を出したが、その原画を120パーセント活かす塗り。
立ち絵も豊富で高クオリティ。一枚絵も突然別人になったりしない安心仕様。
この絵に演技力の高い声優がさらにキャラ付けしているのでキャラゲーとしても魅力的なものになっている。

キャラは設定が特別個性的、というわけではないが目まぐるしく変わる状況の中でキャラがぶれずに描かれているので存在感は大きい。
あと集団で行動することの多いシナリオなのでキャラ間のかけあいシーンも大量に楽しめるところも良し。


>ストーリー
アニメフォーマットゲーが好きな人にはかなりのご褒美ゲーム。
オープニング、次回予告だけでなく、前回のあらすじがあるのが高ポイント。まあ各話エンディングはないんだけど。
話数もほぼ2クールという長丁場で各ヒロインの当番回があったりとわかっている作り。

単純なギャルゲーシナリオだけでなく驚きの展開も組み込まれていて、恋愛だけの話に飽きている人にもオススメ。
長い共通ルートゲーにありがちなやっつけ個別ルートではなく、きちんとヒロインキャラとの関係を描いて終わるというギャルゲーとしての良作条件もクリアしているシナリオは今作最大の長所。


キャラ絵が気に入ったならプレイして絶対損しない高クオリティの作品。
単純なギャルゲーエロゲーとしても高レベルだし、プラスアルファを求める人にも満足できるモノがある傑作。
[PR]
by nayuta_m | 2011-10-30 23:59 | ゲーム
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン
昭和フィギュアーツ第2弾。
箱は昭和でフォーマットを統一する模様。
パッケ絵は実写写真に戻して欲しかったな、比べられるので嫌なのはわかるが……。

MASKED RIDER AMAZON
a0066669_221181.jpg

縞模様とかフィギュアーツで塗れるはずない、と思っていたが
案の定はみ出しとかモールド通り塗れてないところが多い。
でもアマゾンだと塗れていなくても気にならない事にも気づく。
a0066669_22371324.jpg

足は1号と同じブーツ造形なのに何故かアマゾンは足首の隙間空きすぎ。
素直に進化しないところがさすがバンダイ(笑)

大切断エフェクトパーツ&専用手首付き
a0066669_22555079.jpg

昭和はエフェクトパーツ付くのがいい感じ。
というか平成にも付けていいのよ。
[PR]
by nayuta_m | 2011-10-16 23:23 | ゲーム
穢翼のユースティア

キャラゲーメーカーの老舗オーガストが突然発売したシナリオ重視ゲーム。
いつもどおりキャラ以外には全く期待せずにプレイ開始したが、いい意味で予想を裏切る良シナリオゲームだった。

・キャラ
当初は重い世界観、シリアスな声優演技とべっかん絵の組み合せに違和感があったがプレイしていくうちに違和感は解消。
CV演技の素晴らしいさもあって各キャラの魅力はオーガストゲーでもトップクラス。
ただ萌えキャラか?と言われれば微妙に微妙。

・攻略
シナリオ構造が途中下車方式になっているので好みのキャラがいたとしても毎回の当番キャラのエンドを見てから続きをやった方がよい。そういう意味では攻略順固定ゲーム。
あとキャラクリア後に出るおまけシナリオもキャラエンドの後日談が多いので終わらせてから続きをプレイする事を推奨。
ちなみに当番順はフィオネ→エリス→聖女→王女→ティア
おなじ途中下車方式だったシュタインズゲートのように複雑な分岐条件はないので物語に集中できるのはマル。

・物語
途中下車方式を採用しているのでキャラ別エンドがあっても、メインの一本道を深く重厚に描く事に成功している。
あくまでもシリアスに徹して、キャラゲー的な安易なギャグを入れなかったのも評価。
プレイ開始直後からグイグイ引きこまれる物語はプレイする価値がある。
発表当初の娼館モノでエロ重視というイメージはある意味フェイクで、本筋は作中世界の秘密を探っていく冒険モノ+出世物語風大河ドラマ。

・システム
ワイド画面対応。
キャラ立ち絵のアップよし、多キャラ並べるもよし。背景CGも美麗。
セーブ数は分岐、物語の区切り的に必要充分でプレイ中に空きセーブ枠確保に煩わされる事もなかった。
操作性のほうも必要最小限でわかりやすく使いやすく、貧相でないシンプルな見た目と文句の付け所がない完璧さ。
最も重要な右クリックが文字枠消しになってる事といい、ホントの意味でわかっているユーザーインターフェイス。
老舗でも大手でもムチャクチャなUIのメーカーがあることを考えればオーガストはやはり凄い。

確実に2011年のベストゲームを争う良ゲーム。
キャラゲーメーカーとしてのオーガストを敬遠している人もプレイを検討する価値がある一作。
[PR]
by nayuta_m | 2011-06-15 23:59 | ゲーム
バルドスカイDive1

分割商法で発売日買いする気が失せたバルドスカイを遅ればせながらプレイ。
発売時にプレイしなかった事を後悔するほどにおもしろかった。

アクション
方向キー+武装ボタン×3+ダッシュボタンの超簡単操作。
初めてでも全くOKのとっつきのよさ。
その上武装の特性とかコンボの組立に奥の深さがあり、アクションゲームとしても非常に良ゲーム。
ダメ武装と思っていても、レベル上げのために使い続けると使い道が出てくるし、装備してる武装の組み合わせに対する有効な戦い方が自然と身に付いたりする。
今の時代にガチな2Dロボアクションが出来るのは時代遅れというより、逆に貴重。

ムービー
オープニングムービーのカッコよさはトップクラス。
曲の素晴らしさプラス映像のリンクタイミングが神がかっていてホント素晴らしい。
最後の方に一瞬出る「believe your justice」の文字とか物語を知ってから見るとしびれる。

ストーリー
完全攻略順固定を生かして、伏線の張り方と情報開示の仕方が練られており、物語を楽しむと言う点でも非常に良質。
あとアクションシーンをただ読むのではなく、自分で動かして実体験できるという事がストーリーへの感情移入度をいちじるしく上げる。
惜しむらくはセーブして分岐から再開というプレイができない仕様の為、周回プレイに時間がかかりストーリーに集中できないのが欠点。


以下ネタバレありのキャラ別レビュー


レイン
金髪ナイスボディの忠実な部下。
記憶喪失という設定の主人公に対して、バルドスカイの世界を紹介するガイドとしても非常に優秀。
キャラ的にも最初に持ってきていいのかと思ってしまうくらい魅力的。
グッドエンドのノイを加えた3人のその後もアフターストーリーを描いて欲しいくらい気になるし。
全体でみると世界設定の紹介と謎の提示を行うルート。

菜ノ葉
幼なじみキャラ。
物語としては菜ノ葉ルートが最も盛り上がるし綺麗に締まっていた。
レインルートで敵味方がはっきりしない状態を描いておいて、菜ノ葉ルートであいまいだった敵味方の色分けがなされてラストバトルへ向かっていく展開は燃える。
グッドエンドの大団円ぶりに対してバッドエンド、ノーマルエンドの悲惨さも対照的。

千夏
赤髪のボーイッシュキャラ担当。
作品随一の汚れ役で報われない立ち位置のキャラなんだけどグッドエンドの大逆転ぶりが半端ない。
容姿が幼くなったおかげでこれまでの業が全て洗い流され、文字通り生まれ変わった感が素晴らしい。


総括
分割リリースは今考えてもいかがなものかだが、Dive1単体のボリュームはアクションのやりこみ度込みで考えれば不足ない。

分岐セーブからの回収ができない仕様はスキップギャルゲーに慣れた身には正直めんどくさいが
武器を成長させるというやりこみ要素を踏まえればよく考えられたシステムだとは言える。

ただ物語を楽しむという観点から見るとせっかくの物語を薄めているという印象がぬぐえない(分割リリースも大きな意味ではそうだし)。せっかくアクションの抜きでも読ませる内容のシナリオになっているので、そこがちょっと残念。

後半のDive2でこの膨大な伏線を回収して、かつシナリオのクオリティが落ちなければAランク間違いなしの作品。
[PR]
by nayuta_m | 2011-03-01 23:59 | ゲーム
微少女 その2
ネタバレありキャラ別レビュー+アルファ


橘京花
黒髪ロングの優等生キャラ。
エロイ視線に快感を感じる性癖を持っていて、エロイ視線を向けていた主人公に接近してくるという夢のような展開。
3人中もっともありえなさそうでありそうな誘惑が素晴らしい。


ハルナ・アルトネン
金髪碧眼のロリ系保健の先生。
子供っぽい体型を気にしているのでコンプレックス解消に付き合ってあげてるといつのまにか恋人同士にという夢のような展開。
あまりにもテンプレな展開だがそれがイイ。
声もしゃべりかたもロリ系だが、精神的には大人(?)なのでモラル的には全く問題の無いルート。
ホント結婚したいですハルナ先生。


渡瀬珠希
今回の元気系担当。
最初は嫌われていたのにエロイ欲望を開放してあげるとムッチャなつかれるという夢のような展開。
テンプレすぎるツンデレにエロ中毒というスパイスが効きすぎて、最強のエロ萌えキャラが誕生。


総括
どのシナリオでも最終的にヒロインと恋人関係まで発展するという夢のような展開。
ふつーの恋愛ゲームなら当たり前の展開だが、娘姉妹、姪少女と変化球なゲームばかり出してきただけにちょっと驚き、やってもののき(?)
キャラクターの個性的にも3作目にして昇華した感じ。
このクオリティなら万人にすすめられる。
これ以上年齢層が上がるのは勘弁だが、このクオリティを保てるなら今後も安心のメーカー買い。
[PR]
by nayuta_m | 2011-01-08 23:59 | ゲーム
微少女

RUNEの娘姉妹からはじまったシリーズ(?)第三作目。
娘姉妹 小
姪少女 中
微少女 高
と順調にキャラ年齢が上がっているのが心配だが、ここまでならギリセーフ。

積み重ねてきた成果か、ゲームの完成度は非常に高い。
テンプレ気味だったキャラクターも個性が出てきているし、シリーズ恒例の腹ボテルートも完備の安心仕様。

姪少女も前作から余計な要素をそぎ落として磨き上げた作りだったが、今回はそこからさらに進化。
いい意味でひねりを一切いれない、真っ向から願望を実現させた展開&キャラの言動は至福の煩悩具現化と言っていいレベル。

また前二作では薄かったプレイヤーキャラとヒロインキャラ間の恋愛感情も一応あるという形になっているので、萌えゲーマーの人にもプレイしやすくなっている(ハズ)。

あと序盤の直接的でない変態行為もほとんどなくなって、純粋にエロイことづくしなのも良変更点。
逆にそういう変態的要素を求める人にはすすめられない内容に変化してしまったかも。キャラ年齢も上がっているし。

今回唯一残念だったのは複数キャラ攻略ルートがホントにおまけレベルになってしまった所。
キャラ数が3人になって、さぞ色々なシチュエーションが楽しめるだろうと期待していたら腹ボテ分岐すらない始末。
ここが前二作ばりにボリュームがあったら文句のつけどころのない作品になっていただけに残念。

全体的にとがった所が丸くなり、敷居が下がりつつも完成度は上がっているので
純粋にかわいい、エロイ、気持ちいいを求めるのであれば最高にオススメな作品。
[PR]
by nayuta_m | 2010-09-27 23:59 | ゲーム