カテゴリ:映画( 45 )
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
もとのテレビ版が素晴らし過ぎたので不安もあった完全新作の劇場版。
永遠の物語の最後に流れた予告編で、テレビ版のつづきっぽいのにさやかが登場してるのも不安を煽っていたりしたが……信じていいと思います。

作画もストーリーも安心のクオリティ。
各キャラサービスシーンも満載。
どんなマジックを使ったんだと不思議に思うくらい、圧縮感やぶつ切り感がないのに尺の不足感も全くないという驚異的な構成。
いい意味でお祭り感のあるスケールの大きなクライマックス。
まどマギファンの期待に答える素晴らしい劇場版


以下ネタばれあり



あのオーラスの展開を除けば……。

便宜上最初の日常シーンをAパート、ほむらが異常に気づき解決に乗り出してからまどかが迎えに来るまでをBパート、残りをCパートと呼ぶ事として。

Aパート
いきなり始まった日常シーン。
魔法少女が誰欠けることなく存在してたり、マミにお菓子の魔女風のパートナーがいたり、敵が魔獣じゃなくてナイトメアという怪物になっていたりと、どこにもはまらない違和感を感じさせる気持ち悪さ。

夢落ちで終わらせるには尺が長すぎるし、これはこれでありかな
とその違和感を受け入れかけたあたりで次の展開に移るのも王道パターン。

同人誌の設定を取り入れたわけではないんだろうけど、魔法少女がみんなで一緒に敵と戦ったり、さやかと杏子のベタベタっぷりが描かれたりとファンが見たかったシーンを映像化しててサービス満点。


Bパート
明確にほむらが視点キャラの主人公になって謎を追い、最後は逆にみんなに救われる側になるという王道パターンの展開。
マミVSほむらの超人銃撃バトル
ラストバトルで魔女化さやか登場
人間形態のなぎさちゃん!
とAパートに負けないサービス満点の内容。

これでほむらがまどかにきちんと連れて行かれて、バックにいい感じの歌でも流して終われば、みんな笑顔で劇場から帰れたんだけどね……。


Cパート
救いに現れたまどかをほむらが吸収して悪魔になる。
という誰も望んでいない衝撃の展開。

[新編]という分類と「叛逆の物語」というサブタイトルは伊達じゃない。

完全続編と思わせておいて、実はパラレルな世界……というよりは別選択肢で枝分かれる可能性?
テレビ版がノーマルエンドとすると新編はバッドエンドかな? まどかの願いを尊重して一人で戦い続けるテレビ版のラストと(キュゥべえのちょっかいのせいとは言え)自分の欲望を優先して悪魔になる叛逆ラスト。

まあBパートラストでまどかを受け入れてハッピーエンドで終わったとしても、テレビ版のラストシーンにはつながらないし
やっぱりテレビ版は単体で完結した完全な物語だったって事なんだよな。

個人的に、この展開は嫌いじゃないし、先の物語を想像するとワクワクするのも確か
でもテレビ版のまどかとほむらの物語を汚したくないのであれば、見なくてもいい作品であるのも確か。
完成した物語の続編を求めた代償というには結構キツイし。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-27 23:59 | 映画
パシフィック・リム
怪獣と巨大ロボをこよなく愛す人による、怪獣と巨大ロボを愛する人のための、怪獣と巨大ロボを愛する映画

怪獣か巨大ロボが好きなら見に行って損はない、圧倒的なビジュアル。
100m弱という巨大サイズのロボが地上戦するってのはアニメでもなかなかない光景。
それが実写で見れるんだからコレはたまらなく魅力的。

日本の特撮&アニメファンと公言する監督が作る絵なので見てるだけで幸せになれます。
特に序盤の設定&歴史解説的なダイジェスト部分の見せ方や、巨大感の演出は必見。

反面、終盤になると巨大ロボット感が薄れ、ストーリーもハリウッド映画的な定番展開になるのが……。
[PR]
by nayuta_m | 2013-09-05 23:59 | 映画
009 RE:CYBORG
東のエデンの神山監督×サイボーグ009と言うことで気になっていた映画。

ストーリーは映画オリジナルで、天使編や神々との闘い編に連なる神をテーマにした物語。
キャラデザインは現代風にアレンジ。これはコレと思えば問題なし。002とかメカメカしくなり過ぎな気もするが。
見た目を現代風にアレンジするだけでなく、これまでの009世界と地続きの2013年を舞台とし、その後の00ナンバー達が描かれるという続編的な要素も織り込まれている。

予告映像で非常に気になる煽りだったジョーが敵なのか味方なのか?とか、今の時代の正義とは?と言った部分はことごとくあっさり流される。
本テーマである神の話に収束していくその流れ自体は正道なんだけど、そこまでの過程をじっくり描いて欲しかった。

ストーリーの評価に関しては良くも悪くも東のエデンに酷似している感じ。
最初の引き、アイディア自体は素晴らしいし、その見せ方もトップクラス。
だが全体像が明らかになるにつれて深みのない中身が透けて見えてくる。
話の収束していく先も無難で平凡なラインに落ち着いていくし。
あと物語の重要な部分を登場キャラクターの演説で済ませてしまうという悪いクセもそっくり。

3DCGで描かれたビジュアル面は今作の最大の見所。
これまでに公開された3DCG映画とは別次元のアニメっぽさ。
そのうえ3DCGであることを最大限に生かしたアクションシーンは見られるしといいとこ取り。
特にドバイ上空から始まる一連の戦闘シーンは必見。
事後の廃墟のドバイのシーンの非現実感とかビジュアル面は突出している。

心配していた009度については009本筋とは別物として考えれば完全にアリ。
アレンジキャラについてはビジュアルも性格もCVも違和感なかったし
設定やテーマ自体も魅力があるので映画の尺で小さくまとめるのではなくじっくり描かれたものが見てみたい。
映画のラスト自体も謎は謎のまま、続きは想像のままという作りなので、これを元にしたシリーズ化は本当に期待したい。

あとアニメの3D映画というのは初めて見たが意図的に立体感をつけやすいので相性はよく感じた。
3D前提の画作りで2Dで見たら退屈かもなと思えるシーンもあったし、どちらかと言えば3D視聴推奨。

尺の問題か説明不足の部分に関してはパンフに載ってるのでパンフ購入必須。
装丁も内容もなかなかいいので買って損はない。
[PR]
by nayuta_m | 2012-11-26 23:59 | 映画
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
序から破が2年。
破からQが3年ならQに破以上のものを期待するのはおかしくない筈、だが……

一番おそれていたこと、破がTV版を下敷きに練りに練った上に出来上がったものだったのに対して、ほぼ新規創作に等しいQが破レベルまで高められるのだろうか? その不安は的中してしまった。

序→破の流れがいい意味でエンターテイメント性を重視して、わかりやすく面白い話になり
主人公のシンジも(ループ設定も踏まえてか)前向きな方向へ成長して行っていたのに
Qで突然TV版以上にネガティブで分かり難い方向へ迷い込んでしまった。

要素要素はいいのにきちんと整理されておらず、映像のパワーだけで映画にまとめてしまった感じ。
序、破を踏まえて見ると支離滅裂で設定偏重。
説明不足が過ぎるのにスローな展開。
青一色の空中シーンや場面が変わらず同じ背景の使い回し多用の省力化。
あらゆる面で練り込み不足、時間不足を感じる。
バージョン3.0というよりバージョン3β版と言いたくなる。

アスカの復活もマリの目的も何も語られないままだし
今度こそ具体的に描けたサードインパクト、人類補完計画も事後から開始……。
今回はシンジとカヲルをクローズアップした物語だからという見方にも限界があるしな。

ただ最後のシンジ、アスカ、レイの初期トリオが一緒に歩き出すエンディングは期待感が膨らむ。
立場がバラバラの元仲間の道中とかおいしいシチュエーションだもの。

とりあえず次作のシンが10年後になっても構わないので気合を入れてQのバージョンアップ版を作って欲しい。TV版→破で煮詰めたように、今回のQ3.0から煮詰めた完全版的な感じで。
続きについても前作の予告編のウソツキ度から見て当初の構想は崩れているのだから、無理に4作で完結させずに納得行くまでつづけてくれてもOK。
[PR]
by nayuta_m | 2012-11-17 23:12 | 映画
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語
前編と同様ストーリー的にはテレビ版と全く同じ。
あらためて思うのはまどか☆マギカはホントに素晴らしい作品だったなって事。
特に後編はわかっているのにまた泣けてしまうようなシーンの連続なので、総集編といえども見ていて不満は感じない。

TV版の完璧な総集編である今回の劇場版だが
唯一違和感を感じたのがほむら過去回想後のコネクト。
曲がバージョン違いだったのも違和感があったけど
総集編の中でこの位置で流す必要があったのかも疑問。

あれはテレビで毎回繰り返し見て、聴いていてこそのパラダイムシフトだったのに
一度も流れていない劇場版で入れても意味合いが違ってきてしまう。
あのライブ感的驚きまで盛り込もうとするのはさすがに欲張り過ぎた気が。

新作である次の劇場版につなげるために変更や追加があると思ったエピローグシーンも変化なし。
ホントに完璧な完成度だったんだなテレビ版は。

そしてエンドロール後ついに新作の予告映像が!
[新編]叛逆の物語
事前情報どおりテレビ版のエピローグ後の話みたいだけど
さやかはどうなるのか?とか叛逆って何よ?とか色々と気になることもあるし期待大。
2013年公開が伸びてもかまわないのでテレビ版を超えるものを見せて欲しい。
人気便乗の蛇足になるのだけは勘弁。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-14 23:59 | 映画
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語
完全にTV版の総集編でそれ以上の要素は皆無。
追加シーンに関してはアングルが変わってたり、変身シーンがリニューアルしてたりと映像的なものばかりで
エピソードが追加されてたり、TVで明かされなかった何かがわかったりはしない。

その分総集編としては非常に優秀。
これを見ればテレビ版は見なくても大丈夫。
と言えるほどメインのエピソードは網羅されている。

微妙な差異を楽しんだりまどマギの全て網羅しないと気が済まないような超マニアか、テレビ版を見ていない初心者か、両極端の人にしか勧められないターゲットの狭い作品。
個人的ににはこの内容を知っていたら行かなかった。

OP
新曲によるテレビアニメ風のオープニングあり。
これほどまどマギのイメージを崩さずに、かつ新しいオープニングを作り上げているのは凄い。
これを一回しか見られないとか贅沢過ぎる。

ED
Magiaのロングバージョンで映像はリニューアル。
尺が伸びた分増えた魔法少女のシルエットは誰なのだろうか?

パンフレット
薄いけど内容は結構良かった。
魔法少女のステータスは貴重な新情報。
魔法少女の魔法には初期属性魔術と追加習得魔術があるとか。
にしても、さやかのステ低すぎ。これ見るとさやかの絶望が倍加して感じられる。

あのシャフトだし、あの虚淵玄だし何かあるだろうと最後まで期待していたが
エンディング後にサプライズの映像も流れず、単なる総集編で終了。
[PR]
by nayuta_m | 2012-10-08 23:59 | 映画
ダークナイト ライジング
新バットマン3部作の完結編:THE DARK KNIGHT RISES
コイツは3部作の中ではぶっちぎりに面白かった。

前2作にはなかったハリウッド映画的な爽快感が追加されている点が大きい。
それでいて今までの暗さや苦悩の要素も捨てていない。
エンターテインメント映画としての完成度は最高クラス。

色々な点で1,2作目を見ているなら絶対に見て損はしない傑作。
逆に見ていないなら絶対見てから行くべし。

以下ネタバレあり


2作目ダークナイトのラストからダイレクトにつながっていながら作中時間で8年と言うブランクを空けて描かれる物語。
そこにまず好奇心を大きく刺激される。

そして引きこもりになっていたというブルース・ウェイン衝撃の事実。
ただ衰えるだけでなく杖をつかないと歩けないほどの障害をかかえている姿は痛々しい。
その上今回の敵は自分より若く強靭なベインという八方塞りの展開。

結局は一度敗北して、特訓してリベンジという少年漫画的展開になるんだけど。
王道でありがちな展開だが、それをバットマンで見るという新鮮な感覚。
そして小手先ではなく克服感と爽快感をきちんと感じさせる作りはさすが。

ベイン
昔からマッチョな主人公の敵として太マッチョというのは定番だが
このベインほど強さを感じた太マッチョもない。
現役時代のバットマンでも危ういのではと思わせる強敵ぶりが素敵。

キャットウーマン
新3部作の雰囲気に合わないのではないかと思っていたキャットウーマンだが
ブルース・ウェインの復活にしろ、ベインの事件にしろ今回の話の展開に不可欠なキャラクター。
そしてそれ以上に悩み戦い続けたブルースを救うパートーナーとしての存在感が圧倒的。

ロビン
キャットウーマン以上に雰囲気に合わないだろうと思っていたロビンがまさかのラスト登場。
未熟でも志があって、今回の事件で大きく成長。ゴードンの後継者としてこれ以上の人材はないなと思っていたら退職。そしてまさかのロビンの名乗り。
でもいくらウェインの遺産を見つけても素のスペックが段違いだから明るい未来が見えないんだが…。


過剰キャッチコピーだと思っていた「伝説が壮絶に終わる」もまんざら嘘でもないラストシーン。
見終わったらビギンズから観返したくなる良質映画。
[PR]
by nayuta_m | 2012-09-14 23:38 | 映画
アベンジャーズ
アイアンマンレベルを期待して行くと肩透かしの可能性あり。
間違いなくおもしろい映画ではあるが最高ではなかったかな。

見ていて何かなじみがあると思ったらハリウッド版ムービー大戦だと気づく。
ただバトルの8割がアベンジャーズ同士の戦いというのが最大の違いであり、一番おもしろい部分。

それに相反して敵に魅力がないのが本作最大の欠点。
ボスのロキがマイティソーの使いまわしというのはライダー大戦でもあるパターンなのでいいんだけど
特別強いわけでもなく、ハルクにボロ雑巾にされて終わる程度の実力とか……。
アベンジャーズ集結編としてのプロローグ的な話と割り切ればいいのか?

ぱっと見で心配になるヒーローたちの実力差。
その辺はハリウッド映画らしくシビアに描かれていて好感。
戦闘力的にはアイアンマン、ソー、ハルクが突出。
残り3人は戦闘員相手という感じ。

・アイアンマン
日本での人気はダントツのヒーロー。
アベンジャーズの中では圧倒的な機動力を存分に発揮。
ソーのハンマーで殴られても破壊されない強度というのがこの作品での実力を決定的にした感じ。
この手の物語ではおいしい博士キャラポジションも持ってるし、アイアンマンファンは安心して見にいける活躍度。

・ソー
神というにはあまり実力が発揮できてない感じ。
同等の設定のロキが敵なのであまり強くできないというのもわかるが。
元の映画を見てないので性格もあまりわからなかったし、色々と抑え気味と感じた。

・キャプテンアメリカ
個人的にはもっと強くしてもよかった気がする。
トレードマークの盾は投げると返ってこないし(笑)
キャラ的に魅力があるしキャプテンアメリカという名前だけでリーダーの器はあると思うので
次作までにトニースタークがハイテク化してくれるとうれしい。

・ハルク
単なる怪力キャラと思っていたが
その怪力が桁外れすぎだった。
CMで出てくる敵の巨大艦を止めるレベル!

・ブラックウィドウ
ふつうの人間としては突出しているんだろうけど、アベンジャーズの中では霞む戦闘力。
女性メンバーだし、ドラマの中では存在感があったがそれだけでいいのだろうか。

・ホークアイ
ふつうの人その2。
序盤で敵化するので個性は出ていた。
味方だとぱっとしないけど、敵にすると恐ろしいというのを地で行く展開。
それでもブラックウィドウに負けるんだけど。
強化された目は戻ったのかそのままなのかが気になる所。

・ニック
指令ポジなので活躍は少ないが
味方のF-35をランチャーで落とすシーンは最高。

アベンジャーズという仕組み自体は最高なので、2作目が出るまでに各メンバーが個別の作品でアイアンマンレベルまで人気を得られれば文字通り史上最強映画になると思うし、それを期待。
[PR]
by nayuta_m | 2012-08-26 23:59 | 映画
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
期待を裏切らない安心の高クオリティ映画。
MOVIE 1stと違い元のテレビシリーズの出来がいいので特別おもしろくなったとかはないが
劇場版でクオリティアップした作画を見るだけでも充分に価値がある。

2時間半というおそろしい上映時間だが冗長さを感じることも無いし、テレビ版からのレベルダウンも感じない。
映画の尺でテレビシリーズを再構成するという手腕に関してはさらにパワーアップしている感じ。

テレビシリーズ後に追加された設定や物語に合わせて細部が変更、追加されている。
闇の書の悪役部分にナハトヴァールと名づけてリインフォースと完全別存在にした点は微妙だけど。

反面シナリオを完全に構成しなおしているのでテレビ版からなくなっている要素もあり。
特に初戦のなのはvsヴィータに颯爽とかけつけるフェイトの名シチュエーションが削除
グレアムと双子は存在完全抹消。

1stで不評だったバリアジャケットやデバイスのデザイン。
今回元に戻すチャンスだったのに、さらに変えてきた!
ヴォルケンリッター達も微妙に変えてきてるし、グッズを売ろうと言う魂胆なら浅はかだし、いいと思ってやってるならファンの気持ちを無視しすぎ。

ここまでくるとやっぱり3rd StrikerSに期待をしてしまう。
StrikerSこそ作り直す必要がある話だし……。
[PR]
by nayuta_m | 2012-08-04 23:49 | 映画
おおかみこどもの雨と雪
サマーウォーズがあまりに微妙すぎて期待度ゼロ
どうせ細田守版トトロで子供かわいい、家族大切でお茶を濁すクールジャパン(笑)アニメかと思いきや、時をかける少女に匹敵する素晴らしい物語アニメだった。

今回も狼男というファンタジー要素を一点盛り込んでいるがサマーウォーズのような薄っぺらさはなく、むしろ重くシリアスな描写。
予告やプロモーションの映像はある意味フェイクと言っていいかも。

一応子供向けアニメ的役割もになっているはずだが
花と狼男の結ばれるシーンも描くし、雨と雪の後味の悪いガチ喧嘩も描く。
どちらかというとハイティーン以上がメインターゲットな内容だった。

冒頭からして母となる花と狼男の出会いから始まり、雪と雨が生まれ、別れるまでが丁寧に描かれる。
その時点でこの映画はまじめに物語を描くんだなと悟る。

おおかみこどもという特殊な設定と母親だけでの子育てという困難を克服していく過程を興味深く、面白く描いていく、そのクオリティは絵的にも話的にも非常に高い。
田舎に引越し生活基盤も安定してきて子供も学校に通いだす、そこまで来てどうやって物語を終わらせるのかと思わせた所で
母の物語が子の物語になり、その早過ぎる人生の選択と言う節目で締める構成も素晴らしい。

狼として生きるか人として生きるか
二人にこの選択肢を与えられた時点で花は母親として素晴らしい事を成しているのに
まだ何もしてあげてないと母が叫ぶクライマックスで再び母へ物語が収束していくエンディング。
単純な泣き落としではない、悲しみと喜びが入り混じった終わり方も素晴らしかった。

内容的にもクオリティ的にも宮崎アニメにかわる国民的アニメになってもおかしくない作品。
[PR]
by nayuta_m | 2012-08-02 01:23 | 映画