劇場版 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
ストーリーは一新。全く異なる設定、展開。
新鮮で先のわからない物語はネタバレ前に劇場へ行く価値のあるレベル。

劇場版らしい作画の豪華さも素晴らしい。
特にデビルフィッシュvsニルヴァーシュspec3の戦闘は必見。
もはやLFO戦ではなくなっているけど、ロボアニメの戦闘シーンとしてはベスト10に入る。


以下エウレカセブン大好きな人は回避推奨


サブタイトルといい、かわいさを全面に押し出したエウレカの描写といい
悪い言葉で言うと媚びた要素を入れ込んで一から作り直した作品。
テレビ版を評価してない自分的には、そこにプラスな期待を抱いていたのだが

結局なにも変わっていなかった。
変にカッコをつけたつくり手の目線がそのまま。
一番の視聴者であるオタク層を軽視して失敗した(?)テレビ版から学習してないのかな。
逆に言えばテレビ版を好きだった人は安心して新しいエウレカの物語が楽しめると思う。

安易なネーミングや他のアニメからのパクリっぽい設定とか
デビルフィッシュの強化パーツ名がスーパーパックとか
もう少しアニメ的に練って欲しかった部分も目立った。

評価が非常に難しい作品。
クオリティは高くマイナス点は基本的に個人の好き嫌いだし、そういう意味では万人受けするヱヴァンゲリヲンと違い人を選ぶ作品であることは間違いない。
[PR]
by nayuta_m | 2009-05-06 23:59 | 映画
<< とらドラ・スピンオフ! 幸福の... 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌編 >>