ウォッチメン
原作未読で視聴。

キャッチコピーから
てっきり歴史の裏側で暗躍していたアメリカンヒーローを描くアナザー歴史もの+ヒーロー狩りの謎を解くミステリーものを想像していたが、全く方向性の違う作品だった。

ストーリー的には冷戦の緊張状態が極大の時代にかつてのヒーロー達が事件に巻き込まれていく。
このヒーロー達が超人なのか超人じゃないのかが非常に微妙。
超人的な身体能力を持つただの人という位置付けが非常に絶妙。

ビジュアル的にはDr.マンハッタン関係の描写を筆頭にさすがハリウッドのクオリティで必見。
ベトナムで巨大化したDr.マンハッタンなんかまさに悪夢的ビジュアルを再現している。

2時間以上ある長編作だが飽きさせる事なく、その長さを感じさせない。
いい意味で先が見えないストーリーとミステリー調に挿入される情報が飽きさせない。

ハリウッド的なストレス解消シーンも一応用意されてはいるが
全体的に陰鬱な重たい雰囲気と話が続き、結末は何とも言えない後味を残す。

すごい映画であることは認めるが、前情報なしに初見だけだと微妙な評価。
繰り返し見たり、原作を知っているとマニア的楽しみ方ができるのかもしれないけど。

個人的にはまず原作を読んでみようと思います。
あとロールシャッハの生き様はカッコよすぎ。
[PR]
by nayuta_m | 2009-04-19 23:59 | 映画
<< EVA-EXTRA01 クイーンズブレイド 流浪の戦士 >>