Dynamite!! 勇気のチカラ2008
○ミノワマンvsエロール・ジマーマン
ミノワマンは独自の世界。
ミノワマンであったまった会場は単発で、その後すぐ鎮火。


K-1甲子園 準決勝×2
正直ここでやる内容じゃないし大舞台で見せられる代物じゃない。
こういうのを見るとK-1は別会場でやって欲しかったと思ってしまう。
テレビ向けのコンテンツなんだろうからどっかのスタジオでやったらいいんじゃない?


佐藤嘉洋vs○アルトゥール・キシェンコ
キシェンコの当ての強さ、佐藤の粘り強さが見られた。
悪くないが大晦日の試合じゃない


所 英男vs○中村大介
会場もやっとあったまってきた感じ。
中村の入場、西部警察のBGMに合わせて入場のバック映像が一人刑事モノ風。
全ての出演者が中村大介に見えて笑いそうだった。

腕の取り合いとしのぎあい。
まさかの体制からフィニッシュ。
所はいいかげんどうかしないとダメだけど試合自体は短い中に展開が目まぐるしく変わる良試合。


坂口征夫vs○アンディ・オロゴン
なんじゃこれのKO決着。
打撃とはいえ、本職のMMAで負けちゃ終わりだろう坂口。


K-1甲子園 決勝 ○HIROYAvs卜部功也
トイレタイム扱い。
応援団がうざすぎる。
甲子園らしさは出ているが、逆に会場は冷め切って、リングは真空地帯になってる。
選手がかわいそうなくらい。
さすがTBSと言っておこう。

休憩一回目

○ボブ・サップvsキン肉万太郎
なんじゃそれ2
途中まではグランドで万太郎のペース。いつものへたれサップ状態。
しかしラスト久々の突進打撃炸裂でサップ勝利。
レベルの低さがかみ合った試合?


○セーム・シュルトvsマイティ・モー
シュルトのチキンハートの本領発揮。
K-1では絶対的な強さ、総合ではチャンピオンになったくせに、試合が始まるとみっともなくあたふたして組み付くシュルト。
しかも試合はシュルトが下になってモーに攻められ続ける展開。
しかし驚きの三角締めでシュルト逆転勝利。


○桜井“マッハ”速人vs柴田勝頼
入場、初動で久々に柴田らしさ爆発。
結果は妥当すぎ。


武田幸三vs○川尻達也
本職相手にKO勝ち
場内総立ち。最高の試合。
この感動と沸き方は去年の三崎戦を思い起こさせた。


バダ・ハリvs○アリスター・オーフレイム
本職轟沈その2
本職のしかもチャンピオンかつGPの決勝まで行った選手がKOって……。
この試合も総立ち。会場はヒートアップマキシマム。

2回目の休憩

○ミルコ・クロコップvsチェ・ホンマン
なんじゃこれ3
足の内側に入ったローでチェ・ホンマン戦闘不能に。
靱帯を壊したかと思ったが歩いて帰ってるし、もしかして○○か?


武蔵vs○ゲガール・ムサシ
武蔵何も出来ず。
正直がっかり。もうやめた方がいいのでは?


○メルビン・マヌーフvsマーク・ハント
秒殺カウンター。
同じストライカータイプ。ウエイトの差があり過ぎる対戦。
それがマヌーフの秒殺勝利になるとはすげえ。ミルコを倒したときのランデルマンを思い出した。


○青木真也vsエディ・アルバレス
入場の表情から青木はモノが違う。
去年の緊急メイン抜擢から一年、この一年での成長はめざましいモノがあるな。
最高のエンディングでした……あれ?


桜庭和志vs○田村潔司
世紀の凡戦?
いい意味でも悪い意味でも懐かしさを感じる試合。
煽りVTRが田村メインに作られてて意外。


やっぱりライブでの観戦は最高。
あとテレビと違い、くだらないコメントを聞かなくていいのもかなり大きいポイント、TBSだし。

K-1ファイターが総合選手にK-1ルールで破れるのが印象的な大会だった。
かつては「ぽっと出の選手がついていけないレベル」と言われたK-1だが、それってまんま今の総合格闘技だもんな。
選手の能力的にもレベル的にももう総合の方がはるか上なのかな。
[PR]
by nayuta_m | 2008-12-31 23:59 | 格闘技
<< コトブキヤ1/8魔法少女まーりゃん コミケ75二日目 >>