インアクション!!オフシュート グロースター(ギルフォード機)
コードギアスのナイトメアフレームの中ではトップクラスに好きなグロースターだったが
オフシュート版を最初に見た印象は「カッコ悪い!」の一言。

悪印象の原因は頭部。
やけに小さいうえに首が長いので何ともいえないカッコ悪さがある。
あと襟が無いのも影響してるかな。

もうひとつのマイナスポイントはグロースターの特徴でもあるマント。
分厚いPVCのかたまりでもっさり重い印象。
軟質素材と言ってもなびかせたり出来るわけでもなく
肩を拘束連結するのでポージングも制限される。
なんとなくMIAを思い出させるほど悪いイメージ。
もう少し薄い作りにはできなかったのかな。
颯爽になびかせられれば、たまらなくカッコよく見えるのに。
そういう点ではメガハウス版グロースターのように分割するのもありだったかも。

RPI-209 GLOUCESTER
a0066669_21351896.jpg

でも、ずっと見てると悪くないと思えてくる不思議。
基本サザーランドの改修版なので造形も可動も悪くない。
サザーランドのアッパーバージョン的な強そうで高級感のあるスタイリングが非常にいい。
ただ、どうしても気になる頭部は首を縮めた方がいいかな。

仕様としてはランスだけでなくライフルとMVSまで付く(バンダイとは思えない)ギルフォードコンプ仕様。
ランスは爪が展開可能という細かいところまで手抜きの無い造り。
まぁファクトスフィア展開オミット、スラッシュハーケンはサザーランド共通なので固定という部分は気にはなるが我慢できる程度。

クオリティが高いからこそ頭部とマントが気になるとも言えるオフシュートの高クオリティは続行中。
紅蓮、無頼、ガウェインといった黒の騎士団側KMFが待ち遠しい。
[PR]
by nayuta_m | 2008-06-04 22:22 | フィギュア
<< 娘フロ。 BLOODLINK 雪花 >>