青の騎士ベルゼルガ物語 スコープドッグ
ついにシーエムズ青騎士シリーズにボトムズ本編ATが投入。

今回も限定版を購入、と言ってもいつものメタリック塗装ではなくノーマル版のカラーバリエーション。
そのおかげか今回はノーマル版と限定版が同時発売。
全身緑色でマーキング入りのノーマル版と通常塗り分けの限定版のどちらを選ぶかは微妙だが、やっぱ限定版だよな。

何気にノーマル塗装版を買うのは初めて。
これこれでアリとは思うがメタリック塗装と比べてのっぺりしてるのに墨入れもないのは明らかに手抜き。

ATM-09-ST SCOPEDOG
a0066669_21512687.jpg

モデリングのカッコよさは健在。
てっきりデスメッセンジャーのバリエーションかと思ったが武装、塗装だけでなくかなり細部が異なっている。
そこまで変えるなら別の機体を出して欲しいところなんだけど……。

やっと持ち手と銃が最初から接続済みに、しかもきちんと別パーツ仕様。
これで最も難しい作業が解消!
まぁ手首の交換もかなり難しいんだけど……。
(どれぐらい困難かと言うとデザインナイフで削らないとはめられないくらい)

デスメッセンジャーの時に改善されていた下半身の接地性の高さが改悪。
関節がガチガチに固く、シーエムズAT標準のポーズがつけられない可動になってしまっている。

超鈍足でも進歩しているのがこのシリーズのいい点だったんだけど
墨入れ省略や同じ機体で可動が退化するのはかなりのマイナス評価。
シーエムズのダメな点は技術力不足から発生していると思っていたので、今回の手抜きによる欠点の数々は正直見損なった。
[PR]
by nayuta_m | 2007-12-10 23:59 | フィギュア
<< 青の騎士ベルゼルガ物語 テスタ... 機動戦士ガンダム MS IGL... >>