やまと 1/60 YF-19
やまとの完全変形YF-19
値段が値段だけに気楽に買えないやまとのバルキリーシリーズ
私的メカランキングのトップを誇るYF-19ならば買うしかないということで予約購入。

変形モノにはうれしい成型色メインの塗り。
イメージ的にはアニメ本編のピカテカの印象が強いのでマット処理風なのは残念かな。

造形的にもギミック的にも値段負けしない凝った仕様。
なにげなくクリアパーツが使われてたりで手抜きのない感じ。
ただ動かし始めるとバラバラブラブラ、パーツが合わなかったりとがっかり感が高くなる。


ファイター
a0066669_23412035.jpg

バルキリーはファイターを完璧にして、その上でいかにバトロイドをカッコよく作るかがキモ
そういう厳しい目で見ても文句はない。
前進翼の美しさを堪能できる。
スケールがデカイ分存在感もある。
変形ジョイントもガッチリしてるし満足。

ランディングギアがあるのはうれしいけど
飛行状態で飾る台座は欲しかった。


ガウォーク
かつてのバルキリー目玉形態
でも最近は足生えファイターに出番が奪われ気味なガウォーク。
とりあえずジョイントの固定が出来なさすぎ。
上半身が機体に対して浮いてるとかありえない。
ちょっと使い道に困るほどのブラブラヘナヘナ状態。


バトロイド
a0066669_234157.jpg

ぱっと見のスタイルはかなり良好。
ただし可動フィギュアとしてみるとふた昔以上前のレベル。
完全変形に可動を求めるのは酷かもしれないが
もうちょっとポーズが決まるようにして欲しかった(特に下半身)。
あとガウォークより数段マシだがバトロイドもジョイント固定が厳しい。

スタイリング的にはリアル再現されたバトロイドとして見るとかなり納得で
かえってカッコよく見えるくらい。
ただ格闘戦用バルキリー(スパロボ仕様)として見ると手が貧弱すぎ。
指は4単位(中指、薬指結合)で独立可動するがあくまで持ち手用のつくりなんで
ピンポイントバリアパンチばりの握り手は不可。

見栄えでの最大の欠点はガンポッドが小さすぎること
サンプルで見たときは何かの冗談かと思ったがそのままでした。
VF系はもっとマシなのに何故?


現時点では最良だが最高のYF-19とは残念ながら言えない。
スタイリングは十分満足なので、これで可動フィギュアとしてガシガシ遊べるような固定と可動が実現すれば最高、絶対買うです。
[PR]
by nayuta_m | 2007-03-15 23:41 | フィギュア
<< Kanon 最終話 舞-乙HiME列伝 アヤネ降臨編 >>