コトブキヤS.U.G.O.I レイズナー
最近複数メーカーから製品化が頻発しているレイズナー。
その中で決定版と見越してコトブキヤのアクションフィギュアタイプのレイズナーを購入。
コトブキヤへの信頼感と大気圏内用フライトパックが付属するという付加価値感からのセレクト。

S.U.G.O.I アクションフィギュアシリーズという新しいシリーズの第一弾。
青を基調としたパッケージはスタイリッシュでコトブキヤがこの製品にかける意気込みが感じられる。

製品自体の精度もコトブキヤの名に恥じない高クオリティなレベル。
塗りも平均以上だし、放熱ハッチやキャノピーの開閉も文句なし
a0066669_1133888.jpg
目玉であるウイング・ユニットは素直にかっこいい。

それじゃあレイズナーの決定版でファイナルアンサー?
と言われると違うのが悔しい。

製品としての精度は高いのだが肝心のモデリングに問題あり……
具体的に言うと、メカ人にかかわらずフィギュアの命とも言うべき顔がダメ。
どうみても横に長く正面から見るとかっこわるいの一言。
どうして一番重要なとこでやっちまうかな……
a0066669_113569.jpg
頬骨が前に出すぎなのが原因か?
あとキャノピーがバルディ?と思うくらい尖ってないのもダメ。

あと太モモも太め
コトブキヤ版というより小太り版と言いたくなる。

確かにSPTでもっとも難しいのが頭部のモデリングなんだけど
先行のリアルロボットレボリューション版やパームアクション版がそれなりの回答を出しているんだから頑張って欲しかった。

値段も高いしお世辞にもおすすめとは言いがたい一品。
[PR]
by nayuta_m | 2006-12-12 23:59 | フィギュア
<< PowerBuyer3[es] 『キミキス』のファンディスクお... >>