劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
もとのテレビ版が素晴らし過ぎたので不安もあった完全新作の劇場版。
永遠の物語の最後に流れた予告編で、テレビ版のつづきっぽいのにさやかが登場してるのも不安を煽っていたりしたが……信じていいと思います。

作画もストーリーも安心のクオリティ。
各キャラサービスシーンも満載。
どんなマジックを使ったんだと不思議に思うくらい、圧縮感やぶつ切り感がないのに尺の不足感も全くないという驚異的な構成。
いい意味でお祭り感のあるスケールの大きなクライマックス。
まどマギファンの期待に答える素晴らしい劇場版


以下ネタばれあり



あのオーラスの展開を除けば……。

便宜上最初の日常シーンをAパート、ほむらが異常に気づき解決に乗り出してからまどかが迎えに来るまでをBパート、残りをCパートと呼ぶ事として。

Aパート
いきなり始まった日常シーン。
魔法少女が誰欠けることなく存在してたり、マミにお菓子の魔女風のパートナーがいたり、敵が魔獣じゃなくてナイトメアという怪物になっていたりと、どこにもはまらない違和感を感じさせる気持ち悪さ。

夢落ちで終わらせるには尺が長すぎるし、これはこれでありかな
とその違和感を受け入れかけたあたりで次の展開に移るのも王道パターン。

同人誌の設定を取り入れたわけではないんだろうけど、魔法少女がみんなで一緒に敵と戦ったり、さやかと杏子のベタベタっぷりが描かれたりとファンが見たかったシーンを映像化しててサービス満点。


Bパート
明確にほむらが視点キャラの主人公になって謎を追い、最後は逆にみんなに救われる側になるという王道パターンの展開。
マミVSほむらの超人銃撃バトル
ラストバトルで魔女化さやか登場
人間形態のなぎさちゃん!
とAパートに負けないサービス満点の内容。

これでほむらがまどかにきちんと連れて行かれて、バックにいい感じの歌でも流して終われば、みんな笑顔で劇場から帰れたんだけどね……。


Cパート
救いに現れたまどかをほむらが吸収して悪魔になる。
という誰も望んでいない衝撃の展開。

[新編]という分類と「叛逆の物語」というサブタイトルは伊達じゃない。

完全続編と思わせておいて、実はパラレルな世界……というよりは別選択肢で枝分かれる可能性?
テレビ版がノーマルエンドとすると新編はバッドエンドかな? まどかの願いを尊重して一人で戦い続けるテレビ版のラストと(キュゥべえのちょっかいのせいとは言え)自分の欲望を優先して悪魔になる叛逆ラスト。

まあBパートラストでまどかを受け入れてハッピーエンドで終わったとしても、テレビ版のラストシーンにはつながらないし
やっぱりテレビ版は単体で完結した完全な物語だったって事なんだよな。

個人的に、この展開は嫌いじゃないし、先の物語を想像するとワクワクするのも確か
でもテレビ版のまどかとほむらの物語を汚したくないのであれば、見なくてもいい作品であるのも確か。
完成した物語の続編を求めた代償というには結構キツイし。
[PR]
by nayuta_m | 2013-10-27 23:59 | 映画
<< MP-18 ストリーク TFアンコール20A デバスタ... >>