蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
いつの間にか公開されていたファフナー劇場版。
テレビシリーズ本編の2年後が舞台の完全続編。
以下ネタバレあり

>ストーリー
良くも悪くもファフナーらしさ全開。
難解でわかりにくいフェストゥムの行動原理とそれに対する対処方法なんかもテレビと同じ感じ。
ただ、きちんと映画の尺の中で事件の解決はされているし構成としては過不足がない。

個人的にはせっかくテレビシリーズでキレイに締まったフェストゥム関連をほじくりかえさないでもよかった感想。
その後の竜宮島が描かれる序盤の日常シーンが見れただけで充分満足できた。
まあ映画としてはその後の事件と戦闘シーンが必要なのはわかるんだけど。


>キャラクター
相変わらずキャラクターの人間描写は他にはない魅力。

次世代のファフナー搭乗者が登場、それに対比されるように描かれるテレビ版のメインキャラクターの人間的成長にはちょっと感動。

新搭乗者のドラマも描かれ、その変性意識の描写も魅力。
芹とか里奈は萌えキャラとして数段レベルアップしてる。

あとテレビ版とは作画レベルが雲泥の差。
ブルーレイを買って何度も見返したくなるレベル。


>メカ
テレビ版で不満だったメカアクションだが、今回はロボットメカものとしても非常に魅力的な映画になっている。
手書きからCGに変わったファフナーのアクションはメカものの魅力が200パーセントアップ。
特に最初の戦闘での各ファフナーの活躍はカッコよすぎる。

次世代の搭乗者が登場したのにともないテレビ未登場の残りのノートゥングモデルも登場。
新パイロットに合わせた新装備や完全新規のマークドライツェン、そしてゼロファフナーも登場と見どころ満載。

唯一残念な点を挙げるとせっかく登場させたゼロファフナーの活躍が少ないところ。
せっかくの巨大なサイズも比較対象が描かれずにわかりにくかったし。
1シーンでもいいからノートゥングモデルと並んだ画があれば違ったのに。
ラストバトルにゼロファフナーの活躍シーンを追加したディレクターズカット版をブルレイで欲しいところ。


>総括
ストーリーとメカ、キャラ全てに見どころがある良作。
ただファフナーらしい難解さも健在なのでテレビシリーズ未経験者には全く勧められない内容。
逆にファフナーファンなら見に行くしかない。
[PR]
by nayuta_m | 2011-01-04 23:56 | 映画
<< ROBOT魂 ファフナーマークエルフ 仮面ライダー×仮面ライダー オ... >>