仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE
ディケイドのMOVIE大戦2010がガッカリエンドだったので期待しないで行ったCOREだったが、予想に反して見どころ満載かつ最後に満足して帰れる良質映画だった。


W編(スカル編)
仮面ライダースカル誕生のエピソードが語られる。
元々Wにおけるハードボイルドの見本という位置づけでしかなかったおやっさんというキャラクターがビギンズナイトを経て完全に個性を確立。
もうこのままスカル主役の番組を作ってもいいレベルにまで成長している。

ガイアメモリーを嫌い、生身でマスカレードの集団と渡り合い
スカルに変身してからはスカルボイルダー、スカルギャリーに紫髑髏のマキシマムドライブ披露と全編おやっさんの魅力マキシマム!

亜樹子に会えなかった理由とかバットドーパントの命乞いに対する一言とか自分の罪を数えるシーンとかいちいちハードボイルドすぎる。


オーズ編「信長の欲望」
いつものオーズのノリと言いたいところだが、メダルがあまり絡まない異色のエピソード。
おかげでアンクの出番がほぼなし。映司はいきなりメダルホルダーからメダルを出して変身するし(笑)

信長はこの短い尺で終わってしまうには惜しいキャラ。
バースへの変身もあまり意味がなかったし、数話かけて膨らませられるキャラだと思うのだが。


MOVIE大戦CORE編
ディケイドの時と同じで前の2つのエピソードからつながり両ライダーが共演する。
2010と比べると話のギミック的にもテーマ的にもより前の2つのエピソードとのつながりが深く、単なるお祭りエピソードだった2010よりも完成度が上がっている。

巨大で強力な仮面ライダーコアをサイクロンジョーカーゴールドエクストリームとオーズの鳥コンボという最強の羽ライダーが倒すと言う単純明快で見たあとにスッキリする素晴らしい流れ。
重みのある話はスカル編でやっているので、この展開はあり。

Wは亜樹子の結婚式というシリーズの最終シーンにふさわしい締めだし、オーズは地球の裏側へ突き抜けるというギャグっぽさがオーズらしく、テレビシリーズに回帰していく形にもなっている。
鳥コンボやバースの初お披露目だけでなく、あらたなグリードの存在を匂わしたりとテレビシリーズへの伏線も張られていてライダー映画としてはトップクラスの完成度と言っていい。
[PR]
by nayuta_m | 2010-12-22 23:59 | 映画
<< 蒼穹のファフナー HEAVEN... ストライクウィッチーズ2秘め録CD上 >>