SC-01B 環境構築編
使い方も安定してきたので再構築時用のメモもかねて

日本語環境
SC-01Bを選んでる時点で文字打ち重視なので、必須と言っていいATOK導入
ATOK for WindowsMobile
正直安い商品ではないけど、まあセットと思って買うべし。
にしてもWindowsMobile端末ってデフォルトのメニュー画面と日本語入力にゴミを搭載することが決まりなのだろうか……。
ATOK Helper
公式では機種パッチが出ていないが、この神ソフトを入れれば解決。
ATOK対応だけでなく、かゆい所に手が届きすぎるワンポイントカスタマイズも含まれてるのでATOKを使わなくても必須。

GSFinder+ for W-ZERO3
03でも定番だったハイレゾ対応ファイラー。
これがないと実質何もできないのでまずは入れるソフト。
画面サイズの関係で1画面表示で使うのがデフォルトかな。

KTPocketLaunch2
今回Windowsメニューが改悪されているのでランチャーも必須に。
かつての(笑)Windowsメニューと同じようによく使うプログラムがフロントに表示される機能あり。
またキー入力によるインクリメントサーチにも対応していて、QWERTY端末であるSC-01Bとの相性も良し。
それだけでなく、タスクランチャーとタスク終了、メモリ開放、再起動という必須機能が完備している恐ろしいソフト。
上記のATOK Helperの便利機能でWindowsボタンの長押しと短押しを入れ替えて、Windowsボタン短押しに割り当てると最強。
※もっさり動作のフェードアウトはiniファイル編集でOffに。

SC-01B Customizer
あまりシステムカスタマイズ系は使用したくないのだが
ある意味ウイルス的動きをするウイルススキャンを停止したり
通信の自動切断設定やクリアタイプ設定
操作性が劇的に改善するシンプルメニュー化とか
どれも必須のカスタマイズ項目ばかりなので導入オススメ。

BatteryMonitor2
相変わらずWindoesMobileのバッテリー表示はアバウトすぎるので導入必須。
画面サイズの関係でTodayアイテムは節約したい&常時表示したい
ということでタスクバーにアイコン表示できるこれをチョイス。
バッテリーはアイコンで確認して、テキストを日付&時刻表示にするといい感じ。

Today画面
a0066669_762810.gif

ファーストインプレッションでも書いたがまずはリボルバーメニューを切って通常のTodayに戻すべし。
画面サイズの問題があるのでアイテム選択は厳選。
・日付
上のBatteryMonitor2や下のカレンダー for ポケPとかぶるけど、定番だしアラーム設定も呼び出せるので。
・カレンダー for ポケP
03時代から使っている月表示可能なカレンダー。
画面サイズが小さいので3月表示にして2月表示。
※自分の環境だと最新バージョンではフリーズするので旧バージョンを使用してます。
・ワイヤレス
標準アイテムだが3G、Wi-Fi、BlueToothのOnOffができるすぐれもの。
・EventIndicator
一列で電話とメールの着信表示、留守電件数表示が可能。
03と違い左右キーで着信、発信履歴が出せないSC-01Bでは必須かな。

その他設定変更
音と通知のバイブレーションで画面タッチ時のバイブを切ってバッテリー節約。
ボタンの上下コントロールで「移動開始までの待ち時間」を最小にしてもっさり動作改善。
ボタンのウェークアップで「スリープモード解除時にデバイスをロックする」をONに。


とりあえずこれだけやれば普通に使用できる状態に。
(欲を言えばカメラボタンのカスタマイズとQWERTYキーの取りこぼし対策が欲しいところだが)
あとは各自の使い方に合わせてソフトを入れてカスタマイズです。

それにしてもWM6系端末としてはホント素晴らしい機種ですSC-01Bは。
遊び系としてはiPhoneやXperiaもいいんだろうけど、テキスト打ち屋の実用系では最強でしょ。
これだけのソフト資産があるWM6系を捨ててWindowsPhone7に移行するのは勘弁です。
Palmの時の悲しみと苦痛をまた味わいたくはないですよホント……。
[PR]
by nayuta_m | 2010-04-16 23:59 | デジタル系ハード
<< ROBOT魂 クァドランレア(... ROBOT魂 トリスタン・ディ... >>